田舎は骨董が安い!
    2016年9月より、今ご覧の新しいURLとなりました。 こちらのページまたはトップページでお気に入り登録をお願いします。
   こちらは「着物・帯・藍染古布」などのページです 
    
黒豆こまめ堂にも「布もの」あります。


着物・帯・藍染古布・袱紗・はぎれ・和装小物などいろいろございます

見たい写真をクリックすると、大きくなります。
商品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください
お便り・ご質問はこちらへ

表示価格は全て内税価格です
在庫の有無が記入のない場合は単品または1セットのみの在庫となります
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7398

藍染木綿古布 紋入り4枚・5枚接ぎ大判

売切れ/A オモダカ
¥6,000/B 梅鉢
¥5,000/C 梅鉢
¥5,000/D 梅鉢
¥3,500/E 桐
¥3,000/F 松

藍染木綿
A:幅127cm(4枚)×長さ125.5cm
B:幅164cm(5枚)×長さ119.5cm
C:幅124cm(4枚)×長さ140cm
D:幅130cm(4枚)×長さ136.5cm
E:幅128cm(4枚)×長さ139cm
F:幅128cm(4枚)×長さ166cm

濃紺で状態の良い藍染木綿の紋入り古布です。生地はどれもしっかりとしていて丈夫です。4枚接ぎ(Bだけ5枚接ぎ)で大判の風呂敷タイプ。油単として埃避けとしても。詳細については大きな画像でご紹介しておりますのでご覧ください。色褪せも殆どなく裏も表もほぼ同様の状態です。Fの三階松の紋入りのもは、多少使用による藍の色褪せも見られますので、気になるところを避けてハギレとしてお考えください。お値段にも反映させました。どの一枚もお薦め。糸味のよい味わいのある藍染木綿のお品です。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7341

藍染木綿古布 格子柄

¥3,500/A
¥7,000/B
¥1,900/C
¥1,600/D

木綿・藍染
A:69cm(2枚接ぎ)×163cm
B:135cm(4枚接ぎ)×163cm
C:34cm×163cm
D:端切れ10枚(詳細は大きな画像で)

細めの糸で織られた綺麗な藍染木綿古布です。水色と金茶色の糸は美しい光沢もありサテン生地のようです。藍染木綿はどちらかと言うと、ざっくりとした感じの生地が多いですが、こちらは繊細な雰囲気の綺麗な生地です。細めの糸で密に織られています。厚みは薄すぎず厚すぎずです。使用傷みなどもあまりなく、良い状態です。どれも布団皮だったものを綺麗に洗ってあります。AとBはそれぞれ2枚接ぎと4枚接ぎ、Cは1枚だけ(一幅)の端切れで、Dは大小さまざまな大きさの端切れ10点セットです。A〜Dまで全て同じ生地です。
 


↑NO.7340-A



↑NO.7340-B



↑NO.7340-C・D・E
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7340

藍染木綿古布無地 濃紺

¥8,000/A
¥7,000/B
¥2,500/C
  売切れ/D
  売切れ/E

木綿・藍染
A:幅151.5cm(5枚接ぎ)×長さ173cm
B:幅161cm(5枚接ぎ)×長さ178cm
C:幅32cmの端切れ3点(長さ156cm・68cm・71cm)
D:幅32cmの端切れ4点(長さ112cm・104cm・57cm・28cm)
E:幅32cmの端切れ4点(長さ109cm・100cm・71cm・18cm)

濃紺の藍染木綿の古布です。写真では、AとBで、色に若干の違いが見られますが、実物はほぼ同色、濃紺です。どちらも5枚接ぎで、糸味のよい、手触り・風合いの柔らかい生地です。またどちらも状態がよく、ほんのわずかに小さな破れがある程度で、美品です。どちらも布団皮だったものです。一度洗って綺麗にしてあります。Aは糸密度がしっかり詰まった5枚ですが、BはAと同様に密なものとそれに比べると僅かに粗い生地の混合の5枚接ぎです。生地が粗い部分も丈夫でしっかりしております。
C・D・Eは、ハギレの3点または4点のセットになります。A・Bの生地に比べると僅かに薄手にはなりますが、こちらも糸味のよい生地のしっかりした濃紺のハギレです。極小の破れが僅かにあるものも含みます。細かな状態はご紹介しておりませんが、ハギレとして十分にお役にたつ状態です。お薦めします。
どのお品も、水や空気に晒されて時とともに藍の発色もどんどん変化していき、美しいこなれた藍色に育てる楽しみも一緒にお届けできれば嬉しく思います。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7339

花柄 錦紗 女の子の着物

¥8,000

絹・錦紗
着丈135cm・裄丈62.5cm・袖丈65.3cm
前身幅(衽含む)37cm・後ろ身幅30cm
明るくこっくりとした朱色に色とりどりの花々がとても美しい女の子の着物です。地紋があって品良い光沢がきれい。風合いはとても滑らかで柔らかい生地です。多色使いで華やかさのある模様は発色がとても美しいですね。半襟は女の子にぴったりの可愛い刺繍入り。左うしろ見頃の裾に近い部分に17cm×20cmくらいの大きさで、泥汚れのようなところがあります。それ以外はひどい汚れはなく、袖のたもと近くの端や裾端になど、僅かに汚れが見られますが、全体としては美品です。気持ちも晴れやかになる美しいお着物です。

  




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7313

さや型地紋 赤の着物

¥8,000

絹・総地紋
着丈cm・裄丈63cm・袖丈72cm
前身幅(衽含む)37cm・後ろ身幅29cm

状態の良い朱色に近い赤の着物です。大きなさや型の地紋が光に浮かびあがった陰影が綺麗です。とても軽く柔らかい風合いです。薄すぎず、厚すぎず生地自体もしっかりしています。殆ど着用傷みも見られませんが、僅かにシミ汚れと、後ろ見頃中心に近いところに1ヵ所小さな虫食いと袖裾に近いところに小破れが数か所あります。特にひどい汚れはなく、袖の破れは袖丈を調整してください。また内側になっている生地に一部小シミ汚れあります。それ以外は特に気になるところもなく全体として綺麗なお着物です。お袖は振袖。胴裏は紅絹で、八掛は使わず同布で仕上げてあります。パッと見たときは襦袢かと思いましたが、着丈がかなりありますので着物ですね。リメイク・リフォーム等にもお役立てください。

  


ご注文はA・B・Cをご指定ください

  
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7266

藍染木綿古布無地 紺色・濃紺

売切れ/ A
売切れ/ B
売切れ/ C


木綿・藍染
A:幅159cm(5枚接ぎ)×長さ185cm
B:幅168cm(5枚接ぎ)×長さ191cm
C:幅183cm(5枚接ぎ)×長さ183cm

NO.7265の格子柄の木綿と対で布団皮だった藍染無地の木綿です。内側には多少綿がついておりますが、綺麗に洗ってあります。どれも糸味の良い中厚の生地で、丈夫な木綿です。3点全て濃紺色の木綿ですが、Aは濃紺、Bは黒に近い濃紺、CはAよりも明るめの濃紺で、3つ一緒に比べると微妙な色の違いが見てとれます。サイズも状態も僅かに違いがありますので、詳細は大きな画像をご確認ください。A・Bは破れも少なく1枚の生地として、また5枚接ぎあるいは4枚接ぎの状態で何かに見立ててお使いいただくことも出来ます。Cにつきましては大きな破れが少しあります、また小さな小さな破れもところどころに見られますので、それらを避けて端切れとしてお考えください。また空気や水に晒されることで、藍の色の発色がどんどんよくなって、濃紺から綺麗な明るい藍色へと変化していく時の流れもこれからの楽しみのひとつとなるお品です。



↑NO.7145-B


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7145

女の子着物

¥3,000/ B

A:絹・縮緬 売切れました
着丈141.5cm・裄丈64cm・袖丈67.5cm
前身幅(衽含む)36.5cm・後ろ身幅28cm


B:絹
着丈116cm・裄丈62cm・袖丈48cm
前身幅(衽含む)31cm・後ろ身幅29.5cm
こちらはAに比べるとワンサイズ小さい女の子着物です。落ち着いた地色は紺色と紫色の間くらいの綺麗な色です。柄は菊花と桐の花、そして楽しげに飛ぶ極楽鳥か鳳凰か?が大きく描かれています。菊花の美しさは見事です。大きな汚れ・傷みはなく生地もしっかりした状態ですが、生地の一部に、染めの問題か何かと思われますが、横に白い線が途切れ途切れに入っている箇所があります。また、裾の一部に軽微な虫なめ・虫食いがあります。染み汚れは前身頃の裾に近い部分や裾に若干ありますが、軽微であまり気にならない程度です。裏地は全て白の木綿で、裾に近いところに染み汚れがあります。襟が木綿の別布に変っていますので、着物としてお考えの場合はサイズをおとして縫い直していただければ素敵なお着物に生まれまわると思います。つるりとした柔らかい生地です。リメイク・リフォーム用着物としてご紹介させていただきますので、お値段にも反映させて頂きました。


 



Aは2点、Bは1点の在庫です。


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7123

藍染木綿古布 無地

¥4,500/ A 濃紺3枚接ぎ(2)
¥6,000/ B 鉄紺5枚接ぎ(1)

木綿・藍染
A:幅(3枚接ぎ)100.5cm・長さ160cm
B:幅(5枚接ぎ)165.5cm・長さ204cm

状態の良い、藍染木綿の無地。A・Bともに、生地は普通の厚さで、どちらかと言うと薄手になるかと思いますが、大変しっかりしていて丈夫そのもの。細い糸ながら目の詰まった上手な織りです。Aは、濃紺ですが、近くで見ると僅かに淡い藍色の横糸がランダムに走っていて綺麗な模様のようで味わい深いです。Bは鉄紺色で、褪せた黒色に近い色が優しくいい感じです。生地の端を見ると、割に若い時代の生地のようですが、どちらも何度か水をくぐりいい感じでこなれた感じが出ています。用尺もたっぷりあります。特にBは5枚接ぎで長さもたっぷり。
Aは同サイズのものが2点、Bは1点の在庫です。時代は若いですが、美品でお薦めのお品です。

 


↑NO.7088-A



↑NO.7088-C


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7088

絹・縮緬・羽二重 長襦袢・着物いろいろ

¥8,000/ A 女物縮緬長襦袢(梅の花)
¥6,000/ C 男物羽二重長襦袢(大津絵)

A:着丈127.5cm・裄丈61cm・袖丈61cm
前身頃幅(衽含む)29cm・後ろ見頃幅30cm
大変状態の良い縮緬の女物長襦袢です。細かな縮緬シボのあるとても柔らかい風合いのお品です。赤とオレンジの色のバリエーションに可愛い雰囲気の模様が素敵です。大きな梅の花、青海波を切り取ったような虹のようなアーチ形の模様には花や松枝や絞り模様など楽しい感じでいいですね。無地の部分にも淡く絞り模様があります。またその無地のところに淡い黄色っぽいぼかしを部分的に入れてあり、表情豊かな模様です。そのぼかしの様なところが一部だけシミで黄色っぽくなっている箇所もありますが、全体にひどく気になる汚れなども殆どなく綺麗で状態の良いお品です。気になるところは大きな画像でご紹介しておりますので、ご確認くださいませ。胴裏の紅絹もとても綺麗。袖は内側も表と同じ生地なので袖が4枚あることになるので、リメイクや小物作りには分量的にもたっぷりあり嬉しいですね。着てもよし、解いて使ってもよしでお薦め!


C:着丈130.5cm・裄丈65cm・袖丈51cm
前身頃幅36cm・後ろ見頃幅30.5cm
シャリシャリとした衣擦れの音が心地よい羽二重の男物の襦袢です。面白いのは大津絵が描かれているところ。鬼の寒念仏・藤娘・釣鐘弁慶などなど。他にも桜や花のモチーフもあれば、格子柄や縞模様、洋風な花唐草もありなんとも見ていて楽しい絵柄です。色の基調は淡いモスグリーン。パッチワークのように区切られたところに色々な模様や絵が描かれていて躍動感があります。表には出ない襦袢の中にこんな面白い1着をまとうと言うのが粋だってことなんですね。面白いですねぇ!1か所破れがあります。また模様が濃いのであまり目立つ感じではないですが、シミが何か所か見られます。生地はしっかりとしております。着用されるには綺麗にして仕立て直した方が気持ちよく着て頂けそうですが、大津絵の面白さや細かな模様の豊かさなどを生かしてリメイクやリフォームに是非お薦めします。
 


↑NO.7087-A


お薦め!

↑NO.7087-C



↑NO.7087-D



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7087

木綿古布 格子・縞模様いろいろ

¥2,000/A
 売切れ/ B
¥4,000/C
¥6,000/D

木綿古布・藍染・格子柄・縞模様

A:幅99cm(3枚接ぎ)×長さ159cm
黒地に端正な格子柄の3枚接ぎの木綿古布です。生地はしっかりとしていて涼しげな風合いです。3枚接ぎのうち特に1枚は破れや補修が沢山ありますので、よいところばかり切り取ってハギレとしてご紹介しようかとも思いましたが、このままの状態で色々とご自由にお使い頂くのがよいと思いありのままでご紹介させて頂きましたが、ハギレとしてお考えください。残りの2枚は割合と広範囲で大き目に使って頂けると思います。格子の線も縦の4本の内、中の2本はほんのりと赤く色がついており、表情のある格子柄です。表裏、ほぼ同じような色合いですので、どちらでも綺麗な方をお使いいただけます。



C:幅130cm(4枚接ぎ)×長さ142cm
太くて大きな縦縞が魅力的な藍染木綿古布です。濃い藍色と水色に近い藍色のコントラストが粋な感じで素敵ですね。糸味もこなれ感があり、時を経て馴染んだ風合いが魅力的なお品です。しかし色合いは褪せた感じがなく、織り上がった当時はかなり肉厚だったと想像もできます。濃い藍色の部分はよく見ると濃紺の僅かな濃淡を使って細い縦縞に仕上げてあり、こんなに表情のある織物も素晴らしいと感服です。ひどい破れが端の方にあったり、途中にも補修や小破れがありますので、このまま大物としてお使い頂くには補修をしたり模様代わりパッチワークをするなど何か一工夫が必要ですが、ハギレとしてお使い頂くにはそれなりに用尺も沢山ありますので、色々と工夫してお使いください。涼しげな濃淡の藍色と白色の筋のコンビネーションが清々しい一品です。表裏どちらも色合いはほぼ同じです、綺麗な方をお使いいただけます。

D:着物1着分のほどき(ハギレ)
身ごろ部分(33cm×138cm)×4枚・袖部分(33cm×95cm)×2枚
襟部分(16cm×122.5cm)×1枚・衽部分(16cm×182cm)×2枚
黒地に黄色の縦縞とランダムに入った横筋がチェック柄のようにも見える可愛い雰囲気の木綿古布です。着物1着分のほどきになります。状態はかなりよく、色もはっきりしていますし、破れが身ごろ部分の4枚あるうちの1枚の端に1か所と、襟用の生地に大きな破れ補修や消耗が3か所ほど見られる以外は特に気になる点はありません。小さな見落としはもしかしたらあるかもしれませんので、その点はどうぞご容赦ください。縦縞の主な部分は優しい黄色で、真ん中の線は糸の太さに強弱があるものを使っていてプツプツとしたところがあります。色もオレンジ色が所々に出ていてこれもまた可愛いです。詳細画像でご紹介しておりますが、襟部分のハギレは消耗が激しいので、それ以外の着物1着分のハギレセットとお考えください。あまり着用せぬまま解かれたのか、表裏どちらとも判らないくらいに綺麗です。生地もしっかりしていて優しい木綿の風合いです。

 
お薦め!

↑NO.7085-A

お薦め!

↑NO.7085-B


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7085

藍染木綿古布 桔梗丸紋油単

¥10,000/ A(箪笥用)
¥10,000/ B(長持ち用)

藍染・木綿古布
A:幅約98cm×奥行約30cm×高さ約101cm
B:幅約135cm×奥行約33cm×高さ約63cm

濃紺の藍染木綿の油単です。箪笥用と長持ち用。どちらも同じ桔梗の丸紋の意匠が本当に素敵です。生地も大変しっかりとしていて厚めです。比べると箪笥用の生地の方が糸が少しだけ太目ですが、どちらもいい糸味のお品です。実際に使われていたようですが、水を通した回数も少なくまた陽の当らない場所であったのでしょう、作られた当時とほぼ同じくらいに状態の良いお品です。どちらも模様が表側と裏側と両方にあります。箪笥用は暖簾に仕立て直しても素敵でしょうね。長持ち用は座布団カバーやソファーカバー、テーブルカバーもいいかもしれませんね。など、色々と考えるのも楽しいです。どちらも用尺がたっぷりとありますし、破れなどが極わずかしかなく殆ど軽微なので気にせずたっぷりと使っていただけます。

お薦め!


古民具のページにも掲載しております
 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6867

筒描き波乗りウサギ図幟

¥28,000

明治時代
木綿
幅32cm・長さ174cm

小型の幟旗です。図柄が楽しいですね。人気のうさぎが二羽、波間を飛び跳ねています。波乗りうさぎの図ですね。藍染に赤とグレーの大きなうさぎ、そのひょうきんな表情はひどく愛らしいのです。筒描きには、「赤」の入っているものが少ないので、この幟には赤色が入り、それが「うさぎ」というのは嬉しいですね。昔の木綿なので、糸味もよく、まさに古民芸ですね。素敵なお部屋の飾りになると思います!
   




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6880

木綿絣の着物(黒地に亀甲模様)

¥4,000

木綿・絣
着丈132cm・裄丈63cm・袖丈37cm
前身幅(衽含む)35.5cm・後ろ身幅30cm

木綿絣の女性用の着物です。黒地に亀甲模様のような連続柄が可愛いですね。袖や肩山など一部に色焼け(黄ばみ)の強いところもあり、また小さな破れや補修跡なども複数見られます。お着物として紹介しておりますが、小物作りなどリメイクやリフォームにお役立てください。表も裏も同様に綺麗ですので、必用に応じて両方を使い分けてください。勿論、しっかりした良い状態の生地ですので、繕っていただけば十分着用可能です。
   




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6879

木綿藍染 縦縞模様の反物

¥8,000

藍染木綿・デッドストック
幅34.5cm・長さ1040cm

恐らく着物一着分の反物の置き古し(デッドストック)です。濃紺に味わいのある縦縞が粋な雰囲気の藍染木綿です。保管してあった時の状態で長さ35cmほどだけ僅かに色焼けしていますが、殆ど気にならないでしょう。反対側を使って頂けば全く問題ないですし、大変状態の良いお品です。

   




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6877

華紺色 蝶に牡丹 縮緬の帯

¥8,000

幅30cm・長さ319cm

華紺色に大きな蝶々がお花畑を舞い飛ぶ姿がはっとするほど艶やかな縮緬地の帯です。羽の一部に絞り模様があったりと蝶々の意匠もいいですね。こっくりとした抹茶色や発色のよい浅葱色、柔らかい印象の茶色に黒を足すことで蝶々が引き締まって見えます。白のトリミングもポイント。花畑は大輪の牡丹ですね。紅白のトリミングで描かれた牡丹の花の見事なこと。写真では同色に写っていますが、白縁の牡丹の方は柔らかい紫色がのせてあります。多少の時代傷みはありますが、目立たないところだったりなので、気になりません。また裏側の生地も可愛いです。光沢のある濃紺にクローバーの花の様な模様が素敵です。若い娘さんの振袖を帯に仕立て直したのでしょう、大切に受け継がれてきたお品のようです。着用してもよし、飾ってもよし、リメイクに役立ててもよし、次に大切にして下さる方へ。状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。

    




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6876

黄金色系 花紋 名古屋帯

¥5,000

幅29.7cm・垂れ部分長さ119.5cm・全長361.5cm

黄金色に近い黄色に金糸・銀糸・赤糸を織りこんで描き出された古賀な模様が美しい名古屋帯です。小さな花、大きな花、唐草模様がインパクトある図柄ですね。手に持つとこなれた柔らかい感触です。大切にされていたようで使用感はありますが、状態もよく、着用は勿論、お部屋や古道具や骨とう品の引き立て役にも活躍してくれそうですね。
 


↑NO.6705-A
※4枚接ぎは1点、3枚接ぎは2点の在庫です。ご指定ください。



↑NO.6705-B

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6705

木綿チェック縞模様

¥10,000/ A-4枚接ぎ(1)
 ¥7,500/ A-3枚接ぎ(2)
 ¥4,500/ B(1)

木綿
A-4枚接ぎ:幅127cm(4枚接ぎ)・長さ145cm
A-3枚接ぎ:幅96.5cm(3枚接ぎ)・長さ149cm
B:幅99.5cm(3枚接ぎ)・長さ353cm

あまり類をみない色染めの木綿生地です。縞模様と格子模様がミックスされた柄です。どちらも多色使いの綺麗な色合い、元気のでるカラーの木綿です。赤・黄色・茶・緑・抹茶・白など巧みに織りあわせて表情豊かに出来上がっています。何度か再利用されてきたのでしょうが、状態も大変良く大切にされてきたもののようです。どちらも洗って糊をしてあるのでパリッとした気持ち良い状態です。どちらもお薦めの木綿生地です。
Aは抹茶色のこっくりとした落ち着いた緑が癒される色合いでいいです。赤や黄色が他の色との重なりで輝いたり落ち着いて見えたり微妙な色の変化を楽しめます。発色のいい赤がアクセントの元気の出る配色。生地も丈夫で中厚地です。汚れや破れは殆どなさそうです。状態の良いとても綺麗な生地です。岩滝縞ではないのでしょうか?
Bは2ミリほどの細い縞で細かなチェックや縦縞・横縞を織り出してあり無地も入れて大きな正方形を格子状に並べたチェック柄にしてあります。Aよりも薄手になります。一部色褪せが見られるものの大切に使われてきた状態の良い生地です。表裏どちらでも使える生地なので色褪せは気にならないでしょう。生地も丈夫で綺麗です。長さは3m以上でたっぷりあります。

 


↑NO.6704-A 在庫14枚



↑NO.6704-B 1枚のみ



↑NO.6704-C 1枚のみ

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6704

藍染木綿の前掛け いろいろ

¥2,000/ A(14)
¥2,000/ B(1)
売切れ/ C(0)

藍染木綿
A:幅44.5cm・長さ77.5cm・紐長さ(サイド)87cm
B:幅45.8cm・長さ69.5cm・紐長さ(サイド)86cm
C:幅45cm・長さ66.5cm・紐長さ(サイド)91.5cmと83cm

お馴染み藍染木綿の前掛けです。太い糸で織られた目の詰まった生地は大変丈夫で、昔はみなこんな前掛けをしてお仕事をされていたんですね。販促としてお得意先に配られたものや広告を兼ねてお店の従業員さんが着用していたものなど色々です。昭和レトロを楽しんでください。

A:14枚ございますが、表側も裏側も同じ柄です。全て未使用品。置き古しなので白い文字のところに薄い黄ばみが出ている箇所もあったりしますが、綺麗です。小物を作ったりされるには持ってこいです!水をくぐっていないので濃紺の藍の色がしっかりしています。うめばちのウブだし品ですが、電話二〇番・・・とあるのがいかにもレトロでいいですねぇ。長さもB・Cに比べ78cm程と長めです。未使用品だけに、これから使い込んでいくうちに素敵な風合いになることでしょう。
B:1枚だけのお品です。灘の生一本「日本城」とありますが、調べますと和歌山の地酒で代々続く極上純米酒で、書いてある通り吉村秀雄商店さんの有名なお酒のようですね。こちらは表と裏が少し違うので2枚もっているようなお得な気がします。ごく小さな破れがあったり、文字の一部に染み汚れが見られたり、接着剤のようなものが付いた跡があったりと使用感も感じられますが、それこそが味わいで素敵です。生地が弱くなってはおりませんし、こなれた感じでいいですよ。
C:1枚だけのお品です。こちらは表も裏も同じ柄です。大阪府能勢町のこんにゃく問屋さんの前掛けです。マークの¬印に松の文字の筆致がいいですね。グッドデザインです。こちらはよく使いこまれていて藍の色合いや生地の表情が本当に素敵です。なんとも言えないこなれ感。履きこまれたジーンズのようにいい感じなのです。糸味も風合いも抜群です。Aのお品同様に電話番号の表記が古き良き時代を思い起こさせてくれるレトロなお品です。



   
 


↑NO.6623-A


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6623

大判袱紗いろいろ

¥5,000/ A 刺繍  孟宗の筍掘り

A:横69cm×縦66cm×厚み(端のみ僅かに綿入り)
二十四孝の一人、孟宗の筍掘りの図を刺繍した大型の袱紗です。孝行息子の孟宗が冬に筍を探し当てるお話しの通り蓑笠を身にまった孟宗が雪の積もった笹の間に顔を出した筍を見つけた時の様子が、黒の絹地に美しく刺繍されています。裏側は緋縮緬、僅かに弱った箇所もありますが、端には綿を軽くいれて柔らかな袱紗に仕上がっています。房がひとつありませんが、古雅な雰囲気のよいお品です。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6615

変りシボ・梅模様の着物

¥16,000

絹・変わりシボあり
着丈146.5cm・裄丈60.5cm・袖丈60cm
前身幅(衽含む)38cm・後身幅28.5cm

深く綺麗な青色、同様に深く濃い赤色で梅の花の模様が一面に描かれています。よく見ると、梅の花は扇面の形にかたどられています。とてもはっきりと鮮やかな色ですが、深く暗い目の色合いのためギラギラせず、いやらしさがありません。ところどころ花びらや花芯に色を付けて浮だたせてあり、梅の花の可愛さがいい雰囲気で表現されています。柔らかくとても風合いのよい絹地で適度に重みもあるので着た時に綺麗に体に馴染んでくれそうです。表面には少し変わったシボのような表情のある生地です。八掛はこっくりと落ち着いた色合いの縮緬を使ってあり、僅かに裾から見えるその色で全体に落ち着きを与えています。袖内側は真っ赤な紅絹ですが、胴裏はオレンジ色の紅絹で染め斑があり黄色い部分も見られますが、生地はしっかりしております。一部に僅かに着用感がある箇所もございますが、すぐに着用していただける綺麗なお着物です。


 
お薦め!


↑NO.6450-A



↑NO.6450-C

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6450

絹・縮緬の着物のほどき生地 いろいろ

¥6,500/ A(濃紺 流水に丸紋)
売切れ/ B(赤紫 牡丹に麻の葉)
¥3,500/ C(生成 熨斗目に蛤))

絹(綸子・縮緬など)
A:幅33cm・全体長さ1122cm
B:幅33cm・全体長さ1091cm
C:幅34cm・全体長さ1370cm

お着物1着分のほどき生地を色々集めてみました。
AとCは縫い合せて1枚の反物状態にしてあります。
それぞれの詳細なサイズなどは大きな画像にてご紹介しておりますのでご確認くださいませ。

A:濃く落ち着いた青色に近い紺色に綺麗な地紋が美しい生地です。綸子だと思います。光沢が美しくとても柔らかな風合いが魅力の生地です。地紋は渦巻きの流水地に丸紋で葵の葉や松竹梅、菊花が描かれ可愛く素敵な模様に仕上げてあります。袖だったところの一部に小さな破れ補修がしてあります。また針目の大変小さな穴があいたりしているところも見られますし一部生地がうすくなっているところもありますが、特に気になる汚れや生地の傷みはなく、全体にとても良い状態のほどき生地です。サイズが合えばまたお着物として仕立てあげて頂いてもいいでしょうし、リメイクとしてかなりお役に立てていただけます。色合いも模様も本当に素敵な状態のよいお品です。

B:売りきれました。ありがとうございました。

C:大変柔らかい縮緬生地です。細かなシボが美しく光沢も綺麗。白生地というよりは全体に黄色味がつよいので生成り(アイボリー)色の生地です。またよく見て分かったのですが、模様が描いてあります。AやBのような織りによる模様ではないので最初は気付かなかったのですが、大きな熨斗目に貝合わせのハマグリでしょうか、紅葉や菊花などが描かれているようです。最初の印象は生成りの色の濃淡が斑になった無地のようなです。所々に大小のシミが見られたり、小さな針穴のようなものがあったりしますが、縮緬白生地として小物作りなど色々とお役に立てて頂けると思います。用尺もたっぷりあるのでシミなどの気になるところをさけてお使い頂けます。何と言っても縮緬生地のこの光沢や風合いはお薦めです!お好きな色に染めていただくのも良いかもしれませんね。
 


↑NO.6323-A


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6323

藍染木綿古布

¥18,000/ A 鶴舞模様5枚接ぎ

藍染木綿
A:幅(5枚接ぎ)168cm×長さ176cm
B:幅(5枚接ぎ)168cm×長さ180cm Bは売切れました
 ※サイズの詳細は大きな画像をご覧ください※

糸味の良い、丈夫な藍染木綿のお品です。
AもBも布団皮だったものを洗って綺麗にしてあります。内側についた綿も取り除きましたが、多少残っておりますので、気になる方はコロコロなどで綺麗に取ってください。

Aは、落ち着いた濃い目の藍色に点描のような細かな模様が密に描かれ素敵です。舞い踊る鶴や垣根のような中には小さな花があったり、稲わらを束ねたようなものがあったり、どこか懐かしい日本の原風景を思わせる模様がいいですね。空いた空間は小さな点で埋めつくしてあり凝っています。裏側も表と同じ程度に藍色が綺麗に残っており模様もほぼ同様にはっきりくっきりしておりますので、どちらでもお使い頂けそうです。5枚接ぎで、一部破れや補修直しなどあり、画像でご紹介していない軽微な傷みなどもあるかもしれませんが、生地もたっぷりとあり、全体に状態の良い味わいのある良いお品です。手触りも糸味もよいしっかりとした生地です。
お薦めの藍染木綿です。サイズなどの詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。

 


↑NO.6218-A














↑NO.6218-B


   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6218-A

麻の着物(女物)

¥10,000


着丈138cm・裄丈62.5cm・袖丈44.5cm
前身幅(衽含む)36.5cm・後ろ身幅28.5cm

軽く柔らかい手触りの麻の着物です。女物仕立てです。涼しげな透け感がいいですね。状態もよく古布として全体に綺麗ですが、右袖前側に淡い染み跡があります。また襟の一部のみ何故かすごくひどい染みがあります。襟のそこさえどうにかすれば、本当に着用するにも気持ちよく綺麗に着て頂けるので残念です。襟の部分は重ねてある分量も多いのでうまくリフォームして頂ければと思います。また解いて他のものにリメイク・リフォームの場合はかなり良い状態のお着物なので気持ちよく自由に使って頂けますよ。はっきりとは判りませんが、もしかしたら絹が入っているのではと思うような滑らかな手触りです。勿論、麻のしゃりっとした感じもありとても素敵な生地です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6218-B

綿麻の着物(男物)

¥8,000

麻混の木綿
着丈140.5cm・裄丈63cm・袖丈52cm
前身幅(衽含む)39.5cm・後ろ身幅31.5cm

大変細かな模様な横縞のように見える濃紺の気持ちの良い男物の麻混の着物です。交織なのか混紡なのかはわかりませんが、麻が少し入っているように思います。木地の透け感や軽くて薄くしっかりした感じが麻混のように思えるのですが、その辺ははっきりと判りませんので、間違っておりましたら、どうぞご容赦くださいませ。しかしながら、状態は大変よく、染み汚れなども殆どありませんし、木地が弱ったところもありません。極一部に置き古しの焼けのようなシミ跡が僅かに見られますが、大変軽微です。未着用ではないと思いますが、良い状態で保存されていたようです。男物仕立てですが、サイズが合えば袖を仕立て替えたりして女性の方でも合わせる帯で素敵な浴衣・夏着物として粋に着こなして頂けると思います。勿論、古布として多彩にお役立て頂けます。


 

お薦め!

↑NO.5671-C
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5671

藍染木綿の前掛け いろいろ

売切れ/B(0)
¥2,500/C


A 売切れ
B 売切れ

昭和40年代
A:藍染木綿
  幅46cm×長さ60cm・紐全長217cm
B:藍染木綿(織り地あり)
  幅45.5cm×長さ75cm・紐全長216cm
C:藍染木綿
  幅45cm×長さ71cm・紐全長211cm

藍染木綿のお馴染みの前掛けです。どれもしっかりとしていて帆布のような丈夫な生地です。すべて未使用・置き古しのお品ばかりです。藍の色あいとしてはどれも濃紺で、Cが一番濃いです。黒に近い濃紺。生地はCが一番厚手で、Bは平織ではなく、織で縦に表情を出したタイプとなっております。AとCは片方にポケットを付けたタイプで裏側は無地。Bは表裏どちらでも同じように使える仕様になっております。置き古しのため、白地部分に小染みが見られるものの、ひどい汚れなどはなく、どれもお薦めの状態です。紐も柔らかく、エプロンとしても使い勝手がよさそうです。生地はどれも丈夫ですが、扱いやすい柔らかさもあるので、アイデアで色々とリメイクしても面白いですね。
 


↑NO.5443-B


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5443

鶴仙人 刺繍袱紗

¥5,000/B

明治時代
A・B同サイズ:幅68cm×73cm(Aは売りきれました)
絹・刺繍、裏は緋縮緬

濃紺のサテン地に鶴仙人の刺繍がとても美しい大振りの袱紗です。刺繍は本当に緻密で綺麗です。ふんわりと入った綿の感触が優しく、裏地の緋縮緬も多少の使用感はございますが、まずまずです。房が一部欠損していたり取れてしまっていますが、表側の刺繍や生地の状態は美しく、すぐにお使いいただけます。タペストリーなど飾って頂いても綺麗で美しいのでお薦めです。仙人と鶴の向きが違うのと状態が僅かに違いますので、お値段に反映いたしました。それぞれの状態は大きな画像にてご確認くださいませ。

 
お薦め!


↑NO.5271-A



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5271

藍染木綿古布 花模様ハギレ

売切れ/A-2枚接ぎ(0)
売切れ/B-2枚半接ぎ(0)

藍染木綿
A:幅(2枚接ぎで)65cm・長さ147cm
B:幅(3枚接ぎで)84cm・長さ55cm(最長60cm

抜群の糸味が魅力の藍染花模様のハギレです。太い糸で織られた丈夫な木綿。手触りはふっくらと柔らかです。時代を経てなんとも言えぬいい味わいを醸し出しています。Aは濃紺に大きな牡丹の花模様が美しい生地。Bは菊唐草模様が可愛い褪めた藍の青が優しい生地です。小さな傷みや生地の消耗はありますが、全体に丈夫でしっかりとした味わいのよい藍染ハギレです。Aは二幅(2枚接ぎ)の同程度の状態のものが2点の在庫。Bは一部に破れ直しがあります。どちらもお薦めのお品です。Aの牡丹模様はNO.5270と同じ柄ですが、藍の色が若干違い、こちらは濃紺がしっかり残っています。
 


↑NO.5085-A



↑NO.5085-B



↑NO.5085-C


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5085

名古屋帯 お目出度柄いろいろ

¥5,000/A 亀甲模様
¥5,000/B 鶴と唐草
¥3,000/C 牡丹に破魔矢

A:垂部分幅30cm、垂部分長さ111cm・手部分長さ216cm
B:垂部分幅30cm、垂部分長さ111cm・手部分長さ238cm
C:垂部分幅30.5cm、垂部分長さ109cm・手部分長さ234cm

A:金と銀の色を縦に半分にして、朱色の大きな亀甲模様と可愛い菊花が美しい名古屋帯です。未使用品ではありませんが、状態も大変良く、綺麗な帯です。華やか且つ艶やかな帯です。
B:優しいグリーンの色、真っ赤な鶴が大きく羽を広げた丸紋、金糸の唐草模様、大胆な大きな模様ですが、シンプルにまとめてあります。未使用品ではありませんが、気になる汚れなども殆ど見られず、良い状態の美しい綺麗な帯です。

C:エメラルドグリーンが美しい名古屋帯です。幅一杯の大きく真っ赤な牡丹の花がとても艶やか。バックにあるのは、金糸の矢。魔除けの矢、破魔矢でしょうね。幸運を射止める矢をあしらった帯として御目出度いお品ですね。使用感はありますが、表に出る部分などはとても綺麗ですし、特に気になるひどい汚れなどもございません。

 


こちらは在庫2枚ございます。


(古民具の部屋にも出ています)
 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4556

毛糸屋さんの宣材物・垂れ幕

¥3,500/1枚 トーア毛糸動物柄(2)

 ( )内は在庫数を表します

昭和40年代・木綿
トーア毛糸:163cm×45cm

毛糸屋さんの宣伝用の垂幕。
とても可愛い。動物達が秋の実りを手一杯抱えてみなで仲良くいそいそと楽しげに集まってきました。それともこれからどこかへ集まるのかなぁ?毛糸玉もさり気無く描かれています。トーア毛糸、今のトーア紡と関係があるようですが。。。?状態も大変よいです。在庫は2枚。






↑NO.4403-A
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4403

帯いろいろ

¥4,000/A-名古屋帯

A:幅28.8cm・垂れ部分長さ88cm・全長327cm

大変綺麗な状態の名古屋帯です。硬すぎずに程よい柔らかさの美しい帯。十字型の小花を金でトリミングしてありますが、光過ぎることなく、全体に抑えた色合いが柔らかい雰囲気に仕上がっています。ちょっとしたお出かけやお稽古に締めてください。汚れも目立たない色合いが嬉しいですね。1箇所だけ小さな穴があいていますが、汚れも殆どなく綺麗な帯です。


 
お薦め!


↑NO.4402-A

お薦め!


↑NO.4402-B

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4402

縮緬 花嫁衣裳 打ち掛け 黒留袖

¥28,000/A-貝合せの図
¥28,000/B-花に帆掛け舟図


A:
絹・縮緬。
着丈152cm・裄丈64cm・袖丈74cm
前身幅(衽含む)39cm・後身幅29cm

大変状態の良い美しい縮緬の打ち掛けです。細かなシボと程よい柔らかさ。海辺の波が流麗に描かれ、貝合せの貝も描かれていてとても珍しい柄です。色とりどりの花模様に美しく絵付けした貝桶も描かれ、晴れの日の喜びを表現しています。華やかな模様ですが、自然で優しく落ち着いた色調がとても柔らかく、見ているだけでも癒されます。胴裏の紅絹も大変良い状態。黒縮緬の部分を中心に小染み汚れがありますが、黒地に色褪せも感じられず状態のいい良質な黒の打ち掛けです。お薦めです。


B:
絹・縮緬。
着丈153cm・裄丈64.5cm・袖丈73cm
前身幅(衽含む)37cm・後身幅30.5cm

紋が白抜きのまま半紙が付いたままの花嫁衣裳の打ち掛けです。黒地は色褪せで白っぽくなってしまっていますが、模様部分は大変美しいままの綺麗なお着物です。またシボの細かな大変風合いの柔らかい素敵な生地です。松竹梅を中心に綺麗な花を配し、宝船を模した帆掛け舟や、扇子、市女笠、七宝繋ぎ模様などなど、御目出度い模様を色々と描いてあり可愛らしさもある絵付け。色合いも自然な色調で落ち着いています。こちらもお薦めのお品です。

 


↑NO.4401-A


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4401-A

絽の丸帯

売切れ

絹・絽。幅31.5cm・全長398cm

とても素敵な絽の丸帯です。派手過ぎず大人し過ぎず程よい感覚の柄行がいいですね。丸紋の中には水辺の風景や滑空するツバメの姿、柳など共に、牛車の車輪や御簾でしょうか?薙刀なか?雅な雰囲気が漂います。金銀の糸も何種類かを使って美しい仕上がり。時と共に程よい生成り色になったのだと思いますが、全体の雰囲気がまろやかになっていて本当に素敵です。またそのお陰で経年の薄汚れが見られる部分もありますが、あまり目立たず、表裏両面使っていただけるので、綺麗な方で締めていただけます。着用しても飾ってもとても素敵な夏の丸帯です。お薦めです。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4321

花模様の着物

¥10,000 

絹・未着用品
着丈146.5cm・裄丈63cm・袖丈45.5cm
前身幅(衽含む)39cm・後身幅30cm

仕付け糸がされたままの未着用の大変状態の良いお着物です。鹿の子模様のような大変密な細かい織り地にモダンな花模様がとても美しいです。桜餅色のとても落ち着いたシ地色と同調の花模様が大変お洒落ですね。八掛けのシックな紫色も着物と大変マッチしていて美しいです。胴裏に置き古しの染みが見られますが、それを除けば大変美しい状態の良いお着物です。


  




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4031

モスリン 動物柄 (男襦袢の袖)

¥6,000 

袖部分のサイズ:幅31cm・袖丈54cm

男襦袢の上部分になりますが、袖の柄が大珍品。大変面白いのでご紹介します。人間の格好をしたチンパンジーが自転車に乗ったり、犬と肩を組んでいます。ボクシングをするカンガルーもとてもよく描けていますね。シックでコントラストのあるランダムな横縞に表情豊かなお猿さん達が姿が描かれたインパクトのあるとても面白い生地です。少し虫食いが見られる部分もありますが、色もレトロないい感じで残っています。うぶのままでご紹介しております。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3295

七宝繋ぎ柄 名古屋帯

¥7,000 


タレ(お太鼓部分)幅30cm・全長さ340.5cm。

お目出度い模様の七宝繋ぎ模様を全体に散りばめた素敵な名古屋帯です。画一的な感じではなく柔らかい線のタッチで表現されたところがいいですね。色も合わせやすい茶形です。アクセントの濃い緑色が全体を上手く引き締めています。状態も綺麗でお薦めです。




↑NO.3192−A




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3192-A

扇に蝶々小紋着物

¥9,000 

絹・楊柳の様な小さなシボのある生地。
着丈146cm・裄丈62cm・袖丈48cm
前身幅(衽含)39.5cm・後身幅29.5cm。

可愛い蝶々と扇の模様を密に敷詰めた小紋柄の大変状態の良いお着物です。楊柳シボの様な大変小さなシボがあります。しっくりと落ち着いた色柄は幅広い年代の方に合いそうですね。柔らかい風合いで身体に馴染む生地が着心地も良さそうです。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3175

縦縞菊花模様 縮緬着物

¥18,000 

大正時代。
絹・縮緬。胴裏はモミ(絹)。八掛は縮緬。
着丈cm・裄丈61.5cm・袖丈66cm
前身幅(衽含)cm・後身幅cm。

小さなシボが品の良い縮緬のお着物です。こっくりしたシックな色合いの大きな縦縞にアイボリーと黒の菊花をアクセントに配した洒落た柄のお着物です。大変柔らかい風合いのとても素敵なお着物です。残念なことに左前身中央部分に大きな染み汚れが見られますが、縮緬の風合いが大変良く色合いも大変素敵なお薦めのお品です。リフォーム・リメイクなどにも是非お役立てください。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3172

薄萌黄色に菊花 羽織

¥16,000 

絹。胴裏も絹。
着丈88.5cm・裄丈62.5cm・袖丈67cm
前身幅(脇部分含)24.5cm・後身幅30cm。

淡い萌黄色に三色の大きな菊花と二色の小さな菊花がセンス良く配置された図柄の大変風合いの良い羽織です。柔らかい絹地が身体に馴染む風合いの良さ。多少の着用汚れは見られますが、全体にまずまずの状態です。胴裏の小菊模様も大変可愛らしいですね。リフォーム・リメイクなどにも是非お役立てください。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3039

紅型風 縮緬羽織 茶系

¥8,000 

縮緬・絹。着丈75cm・裄丈64.5cm・袖丈46cm
前身幅25cm・後身幅31cm。  


びんがた風の絵付けが素敵な縮緬の羽織です。ベージュに茶色と黒でナチュラルな色合いに描かれた流れる様な絵付けが素敵です。若干着用汚れ見られますが、中厚地の縮緬がいい風合いを出しています。リメイクや小物作りなどに是非お役立てください。勿論、着用可能です。羽織紐も付いています。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2954-C

花柄丸紋名古屋帯

¥6,000 

C:タレ(お太鼓部分)幅31.5cm・全長さ343.5cm。絹。

刺繍と金糸の丸紋尽くしの名古屋帯です。可愛らしい花々が彩りも鮮やかに刺繍の丸紋で表現されていて花手毬のようで可愛らしさと躍動感がありますね。金糸も繊細な織りで同様に丸紋で刺繍のバックにさり気なくあしらわれていますが豪華さを演出しています。お気に入りで良く着用されたのでしょうね。地色のアイボリー色の部分に若干使用汚れが目立ちますが刺繍の花紋はとても鮮やかで綺麗に残っておりますので、是非生かしていただきたいお品です。



↑NO.2804−A




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2804-A

縮緬の羽織 花模様

¥18,000 

A:絹・縮緬。
 着丈73cm・裄丈62cm・袖丈46.5cm
 前身幅28cm・後身幅28cm。

縮緬の羽織と長襦袢です。どちらも元は着物だったものを仕立て直したものです。Aの羽織はかなり状態が良く、使われている生地も良いものです。どちらも柔らかくシボの細かな縮緬です。Bの更紗模様と独特の色合いが素敵ですね。






↑NO.2766−A





↑NO.2766−B




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2766-A

黒縮緬 打ち掛け 唐草模様

¥8,000 

A:黒縮緬・絹。昭和初期。
 着丈147cm・袖丈48cm・裄丈63cm
 前身幅(おくみ含)37cm・後身幅30cm。

大変柔らかくて軽い風合いの黒縮緬の打掛(留袖)です。裾の裏表4箇所に入った模様がシックで素敵です。褪めた藍の色をぼかしてその中に白抜きで花唐草や松の図案が大変好もしく仕上がっています。黒地部分は焼けて白っぽくなったりしておりますので、良い所取りでリメイクや小物作りなどにお役立ていただければと思います。








NO.2766-B

黒縮緬 打ち掛け 扇模様

¥18,000 

B:黒縮緬・絹。昭和戦後。
 着丈150cm・袖丈44cm・裄丈61cm
 前身幅(おくみ含)37.5cm・後身幅29.5cm。

ずっしりと重い黒縮緬の打掛(留袖)です。裾の外・内両方に扇模様が大胆に配されて華やかな印象に仕上がっています。内側の白地がかなり黄ばんでおりますが、汚れなども殆どなく黒地の状態もよくいい状態のお着物です。紋はちょっと判りませんが、五三の桐ではございません。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2404-B

着物 ベージュ系

¥8,000

B:昭和。絹。
着丈145.5cm・裄丈61cm・袖丈45.5cm・前身幅(衽含む)37.5cm・後身幅28.5cm。

ちょっとしたお出かけに最適の大島風のお着物です。良い状態です。自然の持つ色合いをキャンパスに描いた感覚の大変柔らかいトーンの落ち着いたお着物です。草木の芽吹きを感じさせるような、あるいは晩秋の静かなたたずまいを思わせるような不思議と落ち着く模様がいいですね。程よいシャリ感のあるお着物です。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2380-A

総小花散らし着物

¥8,000 

A:昭和。絹。
着丈128.5cm・裄丈61cm・袖丈44cm
前身幅(おくみ含)36.5cm・後身幅28cm。

柔らかくてすっと身体に馴染むしなやかな生地のお着物です。赤茶色の地にアイボリー色で小花柄を一面に描き込んだ図柄はとても愛らしいです。古布になりますが、状態もなかなか良くお薦めのお品です。リフォームなどにもどうぞ。詳細は大きな画像をご覧くださいませ。




↑NO.2378−A





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2378-A

紫の花紋総絞り羽織

¥16,000 

A:昭和。絹・総絞り。
着丈70cm・裄丈62.5cm・袖丈41.5cm。

紫色の総絞りの羽織です。洋服のような感覚で花柄が配置されています。とても可愛らしい柄ですよ。小染み跡が数箇所見られますが、是非このままお着物に合わせて羽織っていただきたいとても素敵な羽織ですね。洋服にリメイクされても素敵だと思います。色柄ともに素敵な一枚です。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2298-A

縮緬の打ち掛け 若松に鶴

¥28,000 

A:大正〜昭和初期。絹・縮緬。
着丈147cm・裄丈60cm・袖丈62.5cm。

綺麗な華紺色の縮緬の打ち掛けです。少し綿を入れて柔らかい仕上りにしてあります。状態もまずまずす。裾の両側にあしらった若松と番の鶴が大変上品にまとまった仕上りになっています。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2258-C

華紺に菊花模様の着物

¥8,000 

大正〜昭和。
絹。
着丈137.5cm・裄丈62cm・袖丈48cm。

D:着丈143.5cm・裄丈63cm・袖丈64.5cm。
お花をモチーフにした着物です。レトロな雰囲気でどこか懐かしい感じがするのがいいですね。詳しいことは大きな画像にて説明してございますのでどうぞご覧下さいませ。
すぐにも着用していただけます。良い状態ですのでリメイクにもたっぷりと使っていただけます。





↑NO.2091−B


↑NO.2091−D




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.2091−B

縮緬端切れ

¥2,500/A1枚

@は売り切れ


NO.2091−D

¥3,000/@1枚
¥2,800/A1枚


絹・縮緬。
明治〜昭和初期。

B:幅37cm×104cm。

D:幅31.5cm×103cm。

シボの大きさは多少異なりますがどれも縮緬シボのある柔らかいはぎれです。
状態はそれぞれ時代経過による染み汚れが若干みられますが古布端切れとして小物作りにお役立ていただくにははまずまずではないかと思います。(大きな画像でご確認ください。)

B・Dはいずれも男物の肌襦袢の袖だったものです。袖だけ縮緬などの絹を使いお洒落を楽しんだ時代があったようですが、身頃部分は綿生地だったものです。Dのみ後に端の始末にロックミシンをかけてあります。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.1399

女の子の着物

¥6,000

昭和初期。
縮緬。
着丈111cm(+おはしょり部分11cm)・裄丈52cm・袖丈63cm。

賑やかな花模様が綺麗な縮緬の着物です。
現代の風合いとはちょっと違った昔着物をお楽しみください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.1246

先染め織りの着物

¥8,000 

昭和30年代。
絹・先染織物。
裄丈63.5cm・着丈155.5cm・袖丈59cm。


糸を染めてから織り上げる先染織りのお着物です。こういうタイプの柄や色合いは飽きが来ず誰でも合わせ易いですね。八掛は淡いピンクの化繊素材です。奥裏は木綿ですので普段用に仕立てられたのではないかと思われます。着用感ありますので、袖口と裾部分に若干の汚れ見られますが、全体に綺麗な状態のお着物です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.1245

着物

¥8,000 

昭和30年代。
絹。未着用。
裄丈64cm・着丈152cm・袖丈47cm。

柔らかい桃色の地に描かれた格子模様が飽きのこない柄行となっています。八掛の紫も綺麗な色で決まっていますね。奥裏も絹使用で、ちょっとしたお出かけには重宝しそうなお着物です。未着用で汚れなどはないです。
 

**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

@商品番号・商品名(必要な場合は個数)
Aお名前・ご住所・電話番号
B配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
Cお支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
D質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772−22−2421または0772−22−7167
または090−5964−2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772−22−7167(午後10時まで)へどうぞ。