田舎は骨董が安い!
    こちらは「古民具」のページです


古民具いろいろ。時代箪笥・火鉢(宣徳火鉢はいろいろなもののページ)・灯火器お盆・蔵戸・和洋家具・糸車などいろいろございます

新着商品 皿・鉢 猪口・茶碗 ガラス・ノリタケ 古丹波 漆器 いろんなもの 着物・布 印判 
古民具 軸・横額 時計・絵 お茶道具 黒豆こまめ堂 注文ご案内 お店ご案内 トップページ 

見たい写真をクリックすると、大きくなります。
商品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください
お便り・ご質問はこちらへ
表示価格は全て内税価格です
在庫の有無が記入のない場合は単品または1セットのみの在庫となります
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7663

蒔絵の桐手焙り

売切れ

明治時代
口径17.5cm(内径13.7cm)・高さ15.3cm
(落とし内径12.2cm・落とし深さ8cm・火鉢深さ9.5cm)

可愛い、本当に小振りの手焙り火鉢です。高さも15cmほどなのでタバコ盆ていどの可愛さです。しかし造りは、高蒔絵の本格、牡丹の花が美しく描かれています、時代を経た、桐の木味も、艶良く美しい。こんなのを、お部屋の隅に転がして置くだけで、骨董ムードがお部屋に横溢しますよ!



 




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7639

桑製 木枕

売切れ

明治時代
写真で:13cm×5.3cm×高さ13.5cm
折り畳んで:18cm×5.3cm×高さ5.1cm

木枕は1個の木、又は継ぎ合わせて1個にした木を加工した枕です。初期の丸太を切っただけの簡単なものから、江戸時代に見られるような手の込んだ撥枕まで種類が多いです。江戸時代では、撥枕は箱枕と共に髪型の保護もあって髷の大きい武士や日本髪の女性に広く使われたので、髷の流行と共に、高い、低い、細い、太いなど様々な枕が作られました。この枕は、桑材を3つの部分で組み合わせてあり、畳むと、小さく扁平になる優れものです。桑の木も良い味となっています。歴史資料ですね。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7638

竹製 酒注ぎ

売切れ

明治時代
最大径13.5cm・底径10.8cm・高さ19.5cm

太い竹の根元の部分を加工した、酒注ぎです。いわば携帯用の徳利ですね。太い竹を丁寧に、酒樽を模して作られています。時の流れで、竹の木肌も飴色に変化していて艶々と非常に良い味わいになっています。竹の一節を上手に使ってあり、上下の蓋は、節をそのまま使い、黒漆で塗られています。あまり類品を見ない面白い木工の逸品ですね。








 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7632

紀州雛

売切れ

昭和戦前
女雛:径4cm・高さ3.8cm
男雛:径4cm・高さ4.2cm
台:8.5cm×4.6cm×0.8cm

紀州雛は国産の天然素材の木地にこだわり、紀州漆器の漆塗や蒔絵などの伝統的な技法を用いて製作してあります。手のひらに乗るサイズのミカンのような形の木地に、赤色と青色の本漆を施し、蒔絵の技法で顔と着物を一体一体に手描きで描き込んで、丁寧に作られております。ミニサイズの可愛いお雛さん、丁寧な造りは、好感が持てますね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7566

丸に違い鷹の羽紋入り 陣笠

¥10,000

江戸時代
直径44.5cm・高さ7cm

陣笠というものは、室町時代以後、陣中で主として足軽・雑兵などが用いた笠。薄い鉄、または革で作り、漆を塗って、兜の代用としたものらしいのですが、後世は外縁を反らせた塗り笠で、武士の外出に用いたらしい。本品も江戸のお品で、漆塗りで口縁が反っているものです。うぶのままのお品なので、外縁には、小痛みがあるものの、おおきな痛みも無く、まずまずの状態でしょう。お手入れして頂いて、往時の艶を蘇らせてください。



 




      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7537

押し雛(桐箱付)

¥6,000

明治時代
16cm×23.5cm

押し絵のお雛さんですね。紙に布を張ったものです。鬼シボ縮緬や金襴の布を使った、上手なつくりのお雛さんですね。柔和なお顔だちもクラシックで、この古雅な感じが堪りません虫は入ってはいますが、桐の箱に入っていたので、白いお顔や衣装も汚れが殆ど無いのも嬉しいですね。。時代の風俗を感じさせる雅なお品ですね。

こちらもございます。NO.4047「押し雛」(このページ)

 




  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7536

木彫 恵比寿大黒像

¥8,000

明治時代
恵比寿さま:幅5cm・奥行3.8cm・高さ10cm
大黒さま:幅5.3cm・奥行3.8m・高さ8.7cm

良く燻されて、かまどの煤やホコリがこびり付き、黒々とした恵比寿大黒天像です、黒くてしかとはわかりかねるのですが、おそらく杉材か檜材を彫ってあると思います。柔和ですが、鋭い面持ちの恵比寿さん、大黒さんの表情は経年の時の流れで、煤をかぶり味わい深くなっているんのですが、これがいかにも素朴な民衆仏の味わいを醸し出していて堪えられません。。恵比寿さんの台座には、小割れがありますが、殆ど気になりません。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7456

銅製 煙管 二種

¥12,000/A
¥6,000/B

明治時代
A:長さ13.4cm・太さ(楕円)1cm×0.8cm
B:長さ13.8cm・太さ(方形)1.2cm×0.5cm

見事な明治の金工の冴えを味わえる煙管を二種。Aは赤銅に吸い口と雁首は四分一銀、胴には桐の模様が蹴り彫りされていて、それに銀の象嵌が施されてある優れもの。もう1つの方は、黄銅で、シンプルですが胴には細かな横線を入れおしゃれな煙管に仕上げてあります。いずれも美しい明治の金工の技が見事な煙管たちでありますね。


 




  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7455

鏡入れ付 方鏡

¥6,000

明治時代
鏡本体:5.5cm×14.6cm×0.1cm
ケース:15cm×7.3cm×2.3cm

ケースに入れられた携帯用の鏡です。方鏡というのは、このようなケースに入れて持ち運んだのですね。方鏡には、「寿」の模様に、流水に菊が描かれ、”天下一 藤原吉重”の銘があります。ケースはフェルト様な生地に懐紙などが挟み込めるように作られています。止め金具は鷲に猿、赤銅に金象嵌の良い金具が付けられています。金具を止める部分は欠落しているのが残念です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7444

蔵の鉤三種

¥3,500/3点セット

明治時代
蔵鉤:取っ手部分径2.7cm×長さ15cm・全体29cm×18cm
錠前鉤:径3.3cm×長さ8cm
     径3.6cm×長さ8cm
蔵の鍵三種類です。いずれも同じ蔵のものです。木の柄の付いたかぎ型のものは扉の鍵、他の二つは錠前の鍵です。おそらくは鍛冶屋の手造り、重くなかなか存在感があります。蔵鍵も持ち手は手摺れで黒く光り、時代を感じますね。オブジェとして、お部屋のかざりには、とても雰囲気のある品々です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7370

銭箱

¥6,000

江戸時代(正徳四年銘)
幅29.5cm・奥行45.5cm・高さ32.5cm

檜材でがっしりと組まれたの銭箱です。厚板を組み合わせてあるので、ずっしりと持ち重りがしますね。木味も馴れていて、良い味わいです。金具は鍵の部分だけですが、江戸の木工は鉄が自由に使え無かった為ですね。虫が入っているのですが、裏に正徳四の年号が入っているのが良いですね。江戸の年号入りの木工品は数が少ないので貴重です。デザインはシンプルですが、前後のバランスも美しい木の古民芸の逸品といえますね。


    


↑NO.7206-B



   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7206

木地盆いろいろ

売切れ/ A 栃のお盆
¥14,000/ B 欅のお盆

大正時代
A:直径32.2cm(内径30.3cm)・高さ4.3cm
B:直径43cm(内径40.5cm)・高さ4cm

経年の時の流れで、良い色合いに染まった木地盆を二種ご紹介いたします。

Aは栃の中盆です。玉目の綺麗な木目のなかに、栃特有の、黒い木の色が入り美しいですね。焦げ茶に木の色目が、艶の良い木地とともに味わい深いのです。輪染みも無く良い状態の中盆です。

Bは欅の大盆です。欅の大きくうねった木目が美しいですね。時を経た、欅の木の肌が赤黒く変化しているのが、非常に味わい深い、こちらの大盆も、目立った染みも無く、良い風合いのお盆になっているのが嬉しいですね。人気の欅の大盆です。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7114

桿秤 二種

¥8,000/ 写真の2点セット

明治〜大正時代
写真右:竿の長さ22.2cm・天秤皿の直径7.4cm
写真左:竿の長さ20.4cm・天秤皿の直径3.9cm・

天秤は、構造が簡単で精度は高いのですが、いろいろな物をはかるためにはたくさんの分銅が必要となるため、持ち運びには不便でした。ローマ時代には、シルクロードを通過して国や民族を越える交易が盛んになりました。このような時代背景から、一本の桿と一個の錘だけで、はかることができる桿秤が登場しました。てこの原理を応用して、支点と錘の位置によって重さをはかります。日本でも、庶民の間で使用頻度が高かったのはこうした桿秤でした。このようなはかりにも色々な、はかる重さで種類があり、このお品は小さなものを図る桿秤です。昔のお品が木や金属で作られていて、質感が良いですね。はかりの横棒は骨製です。


 


↑NO.7044-A


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7044

欅の手あぶり火鉢

¥3,500/ A
 売切れ/ B

明治時代
A:26.8cm×26.8cm×高さ20.5cm
B:26.5cm×26.5cm×高さ21cm

2cmほどの欅の厚板で組んである、小さいですがどっしりと重量感のある手あぶり火鉢です。経年の時の流れで、赤黒く変化した欅の木の味が好もしいのです。あっさりとした、おおきな欅の木目も美しいですね。おとしはしょうしょう状態が悪いのですが、その分、お値段でご奉仕いたします。


 
お薦め!


着物のページにも掲載しております
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6867

筒描き波乗りウサギ図幟

¥28,000

明治時代
木綿
幅32cm・長さ174cm

小型の幟旗です。図柄が楽しいですね。人気のうさぎが二羽、波間を飛び跳ねています。波乗りうさぎの図ですね。藍染に赤とグレーの大きなうさぎ、そのひょうきんな表情はひどく愛らしいのです。筒描きには、「赤」の入っているものが少ないので、この幟には赤色が入り、それが「うさぎ」というのは嬉しいですね。昔の木綿なので、糸味もよく、まさに古民芸ですね。素敵なお部屋の飾りになると思います!
 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6774

木彫 恵比寿大黒尊像

¥18,000

江戸後期
大黒さま:幅7.3cm×奥行き6.9cm×高さ12cm
恵比寿さま:幅7.3cm×奥行き6.9cm×高さ13.3cm

良く燻されて黒々とした恵比寿大黒天像です、黒くてしかとはわかりかねるのですが、おそらく檜材を彫ってあると思います。柔和な恵比寿さん、大黒さんの表情は良く彫られていて中々の精作となっております。美しく仕上げられた表面の鑿跡も非常に好もしく、これは仏師のてになるものでしょうね。台座には元から接着してあったようで、外れません。気品ある恵比寿大黒尊像です。


 




 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6771

鉄砲雑兵の装備

¥28,000/ 写真の7点セット

江戸時代
サイズは大きな画像にてご確認ください

鉄砲雑兵の装備のようです。傘は馬革を漆で固めたものと思います。結構ホコリをかぶっていますが、傘の後ろに付いている紐通しも4箇所とも残っております。弾薬入れも皮製、内側にはブラシのような毛が付いています。丸い金具の付いた胴らんは麻布を漆で固めたもの、向って左がめくれて傷んでいます。残りの3点の平たいものは何かわかりませんが、いずれも馬革、破れはありませんが、それなりの状態です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6730

花梨 葡萄杢敷板

売切れ

昭和戦前
長径85.5cm・短径50cm・厚み3.5cm

ゴツゴツとした、凄まじいばかりの瘤が魅力的な敷板です。木目も葡萄杢といわれる、細かな玉目が美しいですね。濃い木の色、薄い色の部分と変化に富んだグラデーションも堪えられません。大きさも長さ85cmもあり、その存在感は抜群です。陶器、磁器、大きさ、置くものを選ばず飾ることができるのがううですね。木工の素晴らしい逸品です。


   
 


↑NO.6267-A

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6267

欅の大盆

¥8,000/ A

明治時代
A:直径35.9cm(内径33.8cm)・高さ5.5cm

こちらも、永い時間のながれにより、深い欅独特の風合いに変化した、大盆です。赤黒い欅の木の味わいは木の古民芸のお好きな方には堪えられませんでしょう。どちらのお盆も、大きくうねる欅の木目が魅力的です。ずっしりとした重さも存在感がありますね。この二品は、輪沁みや乾燥による欅のあばれでひび割れ等ありますので、お値頃価格にてご奉仕させていただきます。
詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。
  




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6227

桑の文箱

¥8,000

明治時代
9.2cm×21.3cm×厚み3cm
(内寸:7.4cm×19.5cm×深さ2cm)

こちらも桑の綺麗な玉目材を使って組まれた、小型の文箱です。こちらも上の硯と一緒で携帯用として用いられたものとおもいます。おそらく俳人が両紙をいれて持ち運んだのでしょうね。蓋の上に点々と残る墨跡がそれを物語っています。経年の時の経過で桑の木が枯れて良い味わいですね。古雅なお品です。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6225

欅製 大銭箱

¥28,000

幕末〜明治時代
幅35cm・奥行60cm・高さ33.5cm

欅の厚板でがっちりと組まれた大振りの銭箱です。時代を経た欅の赤黒い木の味わい、風合いは無類です。欅の大きな木目の出た材を用いて造ってあるのが、大振りな姿に似合い非常に良い感じですね。小鼠害がありますが、鍵は残っているのが嬉しいですね。うぶのままなので、どうぞ木の古民具のお手入れを存分にお楽しみ下さい。



Aは売りきれました

 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6095

瀬戸 灰釉ひょうそく

 売切れ/ A
¥2,500/ B

江戸時代
A:直径約5.8cm・口径3.2cm・底径4.9cm・高さ約3cm
B:直径約5.8cm・口径3.1cm・底径4.5cm・高さ約3cm

こちらもひょうそく、この中で一番小型のひょうそくです。少しカセた感じのざらざらとした灰釉の地肌です。とところどころ厚く掛かった灰釉がかいらぎのようになっていて味わい深いですね。素朴ですが、人気のいにしえの灯火器です。
状態は大きな画像をご確認くださいませ。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6094

常滑 鉄釉ひょうそく

¥5,500

江戸時代
直径(皿)7.5cm・台座径8.1cm・高さ7.2〜7.7cm

こちらもひょうそくですが、少しばかり大きいです。常滑独特の鉄釉の渋い茶色の輝きが美しいのです。かたちは小さいのですが、ことのほか厚づくりになっており、陶器ですから重量もあり結構どっしりとして降ります。ホント、面白い形ですね。
状態は大きな画像をご確認くださいませ。


 


Aは売切れました

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6093

瀬戸 灰釉ひょうそく

売切れ/ A
¥3,500/ B

江戸時代
A:直径6.6cm・高さ4.5cm
B:直径6.7cm・高さ4.7cm
(受け皿径と台座径はほぼ同じです)

ひょうそくは日本のいにしえの照明器具ですね。これで菜種などの油を燃やし明かりにしました。本品はおそらく瀬戸製、やわらかな磁貫の入った灰釉の輝きが美しいですね。このような小さなものでも、丁寧に轆轤で引き上げ、底は糸切りでこしらえてあります。かたちも面白く、オブジェとしても良い飾りになりますね。素朴な古民具の美をお楽しみ下さい。


  
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6011

木彫 恵比寿大黒像

売切れ

江戸時代
恵比寿:幅10.5cm・奥行8cm・高さ19.5cm
大黒:幅10.3cm・奥行8.5cm・高さ18cm

民衆佛である恵比寿大黒さん。神棚にお飾りして一家の無事をお祈りしました。そのため、永い間の時の経過により、またいにしえの家屋は火を用いたので、その煙と煤をかぶり真っ黒に様変わりしておわします。このお品も煤と埃で良い味わいに変化しておりますね。本品は大振りの恵比寿大黒さんです。その柔和な表情も非常に好もしい、古格ある恵比寿大黒の逸品です。


  




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5553

桔梗紋柄鏡

¥8,000 

明治時代
直径23.8cm・長さ33.5cm

中央に大きく桔梗の紋を配した、珍しい意匠の古鏡です。鶴亀などとは一味違っていてデザインとしても、面白いですし美しいですね。バックに見える竹の図をシャープで鋭く良い感じにデザインされています。銘は「天下一藤原家重」、振りも大きく、存在感ある柄鏡ですね。
  




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5520

陶器の大黒さん

¥6,000

明治時代
幅7.5cm・奥行5.5cm・高さ9.5cm

陶器の大黒さんです。けっこう持ち重りがするので石かと思いましたが專仏のような、無垢の陶器のようです。煤とほこりで良い具合に黒くなられておりますね。目の細い柔和な表情が見て取れる変わり種の大黒さんです。


  


↑NO.5208-A



↑NO.5208-B

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5208

柄鏡

¥6,000/A
¥8,000/B

幕末〜明治時代
A:直径16.8cm・厚み0.2cm・長さ25.7cm
B:直径23.5cm・厚み0.4cm・長さ33.3cm

柄鏡を二種、どちらも鳥をモチーフにした素敵な図柄でありますね。Aは小川のほとり、魚でも狙っているのか、大きな目を見開いた鷺がリアルな姿で鋳込まれております。矢羽の紋もデザイン的に良いですね。銘は「藤原義勝」となっております。

Bは少し大きめの柄鏡です。日の出の早朝の山すそに鶴が舞い遊ぶ様を活写してあります。歳を経た老松の姿も非常にデザインよく鋳込まれており鶴の羽毛と共に優れた金属工芸の技の冴えを見せておりますね。銘は「天下一岩井丹波守正保」

どちらも図柄が優れた古鏡の逸品です。
  




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5088

鰐口(年号入り)

¥38,000

江戸 文政二年
直径24cm・耳までの径32cm・厚み5.5cm

やや大振りの鰐口です。風雪に耐えて来た古銅の味わいがいいですね。少々緑青も出てはおりますがウブのままです。江戸の年号、文政の銘が入っているのも嬉しいですね。古格溢れる人気のお品です。
 


こちらは在庫2枚ございます。


(着物の部屋にも出ています)
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4556

毛糸屋さんの宣材物・垂れ幕

売切れ/1枚 トーア毛糸動物柄(0)

 ( )内は在庫数を表します

昭和40年代・木綿
トーア毛糸:163cm×45cm

毛糸屋さんの宣伝用の垂幕。
とても可愛い。動物達が秋の実りを手一杯抱えてみなで仲良くいそいそと楽しげに集まってきました。それともこれからどこかへ集まるのかなぁ?毛糸玉もさり気無く描かれています。トーア毛糸、今のトーア紡と関係があるようですが。。。?状態も大変よいです。在庫は2枚。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4357

鎧の胴

¥8,000

江戸時代
幅33.5cm・縦42cm・奥行き11cm

江戸時代の本歌の鎧の胴です。ただし胴の前身のみ、鉄と漆で仕上げられています。なにかオブジェとしてお部屋の飾りとしてお使いください。状態は大きな画像にてご確認ください。






 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4164

鉄製 陣傘

¥24,000

江戸時代
直径35〜36cm・高さ19cm

珍しい鉄製の陣笠です。三角の鉄を鋲で張り合わせた堅牢なつくり、重量もあります。ピラミッドのようにこんもりと高いデザインもいいですね。写真で赤く見える部分は漆で日の丸が描いてあります。紐を通す金具も残っており、先ず先ずの状態。鉄の陣笠は珍品です。


   


↑NO.4047-A


   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4047

押し絵の雛

¥3,500/Aセット
 
A:大正時代
 お雛様 横16cm・縦14cm
 内裏様 横17.5cm・縦17cm

押し絵のお雛さんですね。紙に布を張ったものです。後ろにフック状のものがついているのは御殿を描いた掛け軸に掛けるためです。時代の風俗を感じさせる古雅なお品。


   

お薦め!

↑NO.3815-A
( )内の数字は売約・売切れを除く在庫数になります





NO.3815-B
只今在庫なし

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


定番の糸車 NO.6

使用例
ゆうパック送料大幅値上げのため
大変申し訳ございませんが
ご注文最低個数を6個とさせていただきます。

     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3815-A 再入荷しました!(2018年4月)

糸車(縦長タイプ)
  
¥500/1個(19) 15個売切れ

 ★ご注文は個以上から1個単位で★

高さ21.8cm・対角径13.7cm



NO.3815-B

糸車(三段タイプ)

売切れ/1個(0) 只今在庫なし

 ★ご注文は個以上から1個単位で★

( )内の数字は売約・売切れを除く在庫数になります

高さ17cm・対角径13.7cm

定番の糸車(NO.6)の変形番をご紹介いたしております。縦に長いもの(NO.3815-)Aや、三段になったもの(NO.3815-B)。みな機屋(はたや)さんや製糸工場などで使われていたものでそれぞれに木の味わいが違っていますが、プラスチックで大量生産されたものとは違い手作りの温かみが伝わってきます。よく使いこなされて黒い色になったものやまだ新しいものなど1個1個違いますが、もともと白木の無垢のままなので飾ったり使ったりしていただく間に味わいも深まって行くことと思います。機屋(はたや)さん、糸屋さんの名前の入ったものもあります。お皿立て、ワインラック、風鈴や豆ランプを使ったリメイクなど色々とお使いいただけます。少数から、お求め易くなっています。

糸車は製品の性質上、木の厚み・太さに微妙に違いがあります。また木の乾燥等により多少緩みが出ているものもございます。使用には問題はございませんが、気になる場合は木工ボンド等で接着固定してください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
NO.6 糸くり車

¥250/1個 (在庫多数・只今状態のよいもの揃えております)
  
 ★ご注文は個以上から1個単位で★
高さ17.5cm・対角径13.5cm。
(但し、規格が少し違うものもありますので多少の誤差はみてください)

お皿立て・ワインホルダーなど味わいがあって、あると何かとなかなか便利。糸の油等で黒光りするほどの時代色のついたものは少なくなりましたが、あまり使われなかった綺麗なものから少し色目もついたものまで、味わい深いものばかりです。多くは機屋(はたや)さん、糸屋さんの名前の入ったものもありますが、名前等が目立たないものや、たまに無地のものもございます。お皿立て、ワインラック、風鈴や豆ランプを使ったリメイクなど色々とお使いいただけます。只今状態のよいしっかりしたもの多数ございます。

糸車は製品の性質上、木の厚み・太さに微妙に違いがあります。また木の乾燥等により多少緩みが出ているものもございます。使用には問題はございませんが、気になる場合は木工ボンド等で接着固定してください。

 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3810

浅沼稲次郎筆 木額

¥12,000

昭和
桐材
最大幅73cm・最大縦幅34cm・厚み2cm

日本社会党の党首であった浅沼さん、「人間機関車」とも呼ばれた偉丈夫でした。その氏の揮毫による扁額です。桐の大きな一枚板を使っている、立派な逸品です。いまでは、この様なおおきな桐の板も中々無いでしょう。
「沼さん」の字も力強い、良い品ですね。


 


ばら売りです ( )内は在庫数です


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3792

貝摺りの手あぶり火鉢

¥28,000/1個(2)

昭和戦前
直径39cm・内寸径29.5cm・高さ23cm

細かな貝殻を器面一面にちりばめた、美しい手あぶり火鉢です。極小の貝殻がキラキラと輝き、大変美しいですね。おとしも黄胴の良い品を使っており
上手なつくりです。傷みもほとんど無く、2個ともほぼ同等の良い状態です。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3730

欅の手あぶり火鉢

¥28,000

明治時代
最大幅36cm・最大奥行き28cm・高さ19.5cm

欅の一木を、木肌を残したままで刳り貫いた、面白い形の火鉢です。無骨な感じに見えますが、縁と底部を漆で仕上げ、且つ薄く、刳り貫いて仕上げてあるので、また大きさも36cmと小振りなため、非常に上品です。
可愛い、良くできた手あぶり火鉢の見事な逸品です。




↑Bセット(3個セット)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3448

菓子型各種

売切れ/Aセット
売切れ/Bセット

江戸〜明治時代
サイズは大きな画像に記入しております

干菓子を作り細長いタイプの菓子型です。樫やほうの木を使ってあり経年の変化でいい味わいに枯れています。梅や蓮、傘などまるで現代のモダンアートを見るようないいデザインばかりですね。魅力の菓子型です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO. 1

角樽2個1組
¥25,000/2個セット
   (画像1−Aと1−B)

 1-C売切れ 
 
2個1組のサイズ:
(1−AとB)直径29cm・樽の高さ15cm・最大高さ30cm・最大横幅51cm。


漆器につき状態は並。それなりに時代傷みあります。インテリアにどうぞ。





ゆうパック送料大幅値上げのため
大変申し訳ございませんが
ご注文最低個数を6個とさせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6 

糸くり車

¥250/1個(在庫多数)
  
ご注文は最低6個。7個目からは1個単位で。

高さ17.5cm・対角径13.5cm。
(但し、規格が少し違うものもありますので多少の誤差はみてください)

お皿立て・ワインホルダーなど味わいがあって、あると何かとなかなか便利。糸の油等で黒光りするほどの時代色のついたものはなくなりました。しかし多少時代色のついたものはあります。


**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

@商品番号・商品名(必要な場合は個数)
Aお名前・ご住所・電話番号
B配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
Cお支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
D質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772−22−2421または0772−22−7167
または090−5964−2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772−22−7167(午後10時まで)へどうぞ。