田舎は骨董が安い!
    こちらは「骨董のいろんなもの・おもしろレトログッズ」のページです


六古窯の壷(備前・薩摩・信楽・萬古など)、京焼、作家物、徳利、人形、鉄瓶、花瓶、花活け、宣徳火鉢、作家物、ガラス絵、ブリキなど 
とにかくおもしろいもの色々ございます。何があるか、楽しんで探してみて下さいね。

丹波焼のお品は古丹波の部屋へどうぞ

新着商品 皿・鉢 猪口・茶碗 ガラス・ノリタケ 古丹波 漆器 いろんなもの 着物・布 印判 
古民具 軸・横額 時計・絵 お茶道具 黒豆こまめ堂 注文ご案内 お店ご案内 トップページ 


配送についての重要なお知らせ

ご注文により、「定形外代引き」で発送させて頂く場合がございます。
その際の代引き手数料は無料でお送りさせて頂きます。
定形外代引きは、ゆうパック同様の速さと追跡が可能です。
配達日時のご希望はお受けできませんが、お留守の際は
不在連絡票にてご希望の日時を郵便局さんへお伝え下さいませ。

送料高騰のため、恐縮ですが上記の件、どうぞご了承くださいませ。
お客様の送料ご負担分は350円のまま据え置きです。


                     2018年11月27日


見たい写真をクリックすると、大きくなります。
商品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください。
お便り・ご質問はこちらへ


在庫の有無が記入のない場合は単品または1セットのみの在庫となります
表示価格は全て内税価格です
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7810

宮津城主本荘家 家紋入錫銚子

売切れ/一対で

江戸後期
口径7.2cm・胴径13cm・最大径21cm・高さ16.5cm

宮津藩主本荘家は江戸後期より宮津を治めていました。徳川綱吉の生母「桂昌院」に繋がる家系で徳川の親藩でした。この銚子の家紋”違い大根”は桂昌院の紋なのですが、本荘家も、この家紋を使用しております。この家紋を、陰刻鍍金で胴に入れた錫製の銚子。お城の什物ですね。片方の注ぎ口は痛んでおりますが、対で残ったのは嬉しいですね。お城の什器は数が少なく貴重です。殿様コレクションに是非お加え下さい。



 





  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7808

中国硯

¥8,000

昭和40年代
硯のサイズ:幅9~13cm・長さ19.5cm・厚み3cm
全体のサイズ:幅14cm・長さ20.3cm・厚み5cm

ずっしりと重い硯です。赤みのある石の花鳥が彫られていて、古雅な面持ちですね。厚みも3cmほどあるので、実に堂々としています。台と蓋は唐木で出来ていて、ぴったりと合っています。硯もあまり使用感は見られませんので、良い状態の中国の硯ですね。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7803

瀬戸 青磁梅紋植木鉢

売切れ

大正時代
口径17cm(内径12cm)・高さ13cm

可愛い小振りの植木鉢ですね。瀬戸製、お馴染みの青磁に、コバルトで梅の木が描かれています。イッチンで付けられた、白のエンボスの花がよく映え美しいですね。置きぶるしだったようで、内側にも土の付いた様子が無く、植え木鉢としては、非常に良い状態です。蘭鉢より、一廻りくらいの大きさで、ほんとうに可愛い青磁の植木鉢です。



 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7802

古瀬戸 自然釉小壷

売切れ

室町時代
口径3.1cm(内径2.1cm)・胴径8.5cm・高さ10cm

古瀬戸の小壷です。大きさは徳利ほどですが、どっしりとしています。やや外開きの小さな口頚部,張った肩からまっすぐに底部にかけて流麗な線を描き成型されております。焼成は極めてよく,灰釉はよく溶けて鮮緑色を呈し,肩から底部に流れ落ちるように掛かって、玉垂れとなって落ちています。いい景色ですね。そして底部は糸切り底となっています。このような小さいものが、大きな傷も無く残ったことは大変嬉しいですね。



 
お薦め!




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7801

古越前 自然釉壷

売切れ

江戸初~中期
口径14.5cm(内径12.3cm)・胴径23cm・高さ27.5cm

越前の古壷です。鉄釉を刷毛塗りした、いわゆる”渋紙手”と呼ばれている壷ですね。この中壷は、とても良く焼き締められていて、肩口には黄ゴマの窯変が出ていて良い景色となり、鉄釉も溶けて雪崩をつくり、豪快です。艶も良く、肩にはくっきりと窯印が見えるのも嬉しいですね。越前の土は、さくいので、古壷のほとんどが怪我をしておりますが、この壷は無傷で残りました。少し外の開いた口には玉縁。形も美しい越前の古壷です。



 





   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7799

会津本郷焼 青釉掛け大徳利

¥12,000

幕末~明治時代
口径5.5cm(内径3.5cm)・胴径23cm・高さ36cm

津本郷焼の起源は1593年と古く、この地を治めていた蒲生氏郷氏が呼び寄せた瓦工に屋根瓦を作らせたことから始まります。その後、江戸時代会津藩主の保科正之氏が瀬戸の水野源左衛門、長兵衛の兄弟を招き、本郷の地で良質の土をみつけ開窯、会津本郷焼の陶器が誕生しました。この大徳利も灰釉地に、美しい青釉が流し掛けられていて、美しい景色を造り出しています。良く焼けて、肩には釉はぜがみられますが、それも面白い。高さ36cmもある大徳利、その存在感は余りありますね。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7780

西田 秀造 鋳銅 「牛」(共箱)

¥6,000

現代作
18cm×14cm×高さ9.2cm

日展作家の西田秀さんの手になる「牛」の鋳銅製置物です。名手の手になる牛の像は力強い造形となっております。牛の表情も凛々しく一文字に結んだ口も豪牛の力強さを良く現わしています。時間の経過で、金属の味も馴れて、いい雰囲気になっております。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7775

眞葛焼 刷毛目盃(合せ箱)

売切れ

幕末
口径6.1cm・高さ2.9cm

眞葛焼は、江戸末期の京都の陶工眞葛長造の窯で焼かれたもので、長造は本名蝶三郎。延寿軒を号し、宮川長閑斎を家祖とする楽焼九代長兵衛の子でしたが、青木木米に師事して作陶の手助けをし、のち天保14年、祇園の真葛ヶ原に陶業を営んだことから真葛を姓としたようです。このお品にも「真葛」の押印があり、渋い茶の素地に刷毛目が美しく入った、面白いお品です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7774

松本 勝哉造 備前花入(共箱)

売切れ

現代作
口径10.2~10.4cm(内径7.8~8cm)
底径10.5cm・高さ24.7cm

松本勝哉:昭和17年兵庫県生まれ。祖父の代から丹波焼き陶工の家系。備前焼の南燦窯で、人間国宝藤原雄の指導を受ける。昭和51年に窯を築いて独立。日本伝統工芸展他入賞多数。日本工芸会正会員。
群雲のような綺麗な窯変の花活けですね。縦に刻まれた、線刻も美しい。良い出来の備前の花入れですね。



 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7772

布袋貼付け 鞆徳利

¥18,000

明治時代
口径4.8cm(内径3.2cm)・胴径19cm・高さ28.5cm

広島県鞆の浦の名産に保命酒があります。保命酒はもち米、麹米、焼酎に薬味を混ぜて作った薬酒。 滋養供給に良いので江戸時代、全国各地で販売されました。この保命酒を入れた容器が鞆焼。さらに備前焼、丹波焼などの徳利もありました。 それが多種多様なので古美術ファンにも人気があります。本品は本家鞆焼、鉄釉と掛け、艶々と輝き美しいですね。肩口には、涙の雫のような白い、玉垂れの窯変が出て変化になっています。胴の膨らんだ大型の徳利で、阿古陀のように凹んだ部分の布袋さんでしょうか、三方に貼り付けてあります。大型で珍品の保命酒徳利です。








 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7768

純銀製 凱旋記念軍隊盃(共桐箱付)

売切れ

昭和9年
直径5.9cm・高さ1.9cm・重さ30g

純銀製の軍隊盃です。この手の軍隊盃は殆ど磁器製のものですから、純銀というのは珍品です。昭和9年は、未だ大戦の影は見えませんが、そこへ突き進む時期で、この配り主はいいときに退営したのでしょう。そして、まだ耐久生活の前の時代なので、無事生還を記念して豪華な純銀盃を配ったのだとおもいます。珍品の軍隊盃ですね。



 






 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7750

象牙のパイプ

¥6,000

大正時代
8.4cm×1.2cm×1.2cm(吸口1cm×0.5cm)

経年の使用で、飴色になった象牙の風合いが非常に好もしいパイプです。艶も良く、手に心地よい重さもいいですね。吸い口と先には銀が被せてあり、優雅ですね。目に沿って割れがみられますが、良い味わいの象牙のパイプです。



 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7749

鶴天の緒締め

¥18,000

明治時代
直径2cm

鶴天は鶴頭とも云い、鶴の頭と思われていたのですが、最近はやりのDNAを調べたら、これはどうも”馬”の歯ということになったようです。そういえば、この艶など確かにエナメル質のようですね。しかし、この鮮やかな赤は不思議な色合いです。大きさも2cmと大きく、状態、艶とも非常に良い、鶴天です。


 



     
     


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7748

黒柿製 桃の根付

¥28,000

明治時代
4.8cm×3.6cm×3cm

永年の手摺れで、非常に良い艶が出た根付です。材質は、おそらく黒柿とおもいます。柿の黒さが良い具合に模様をつけていますね。一葉の葉っぱを付けたデザインがいいですね。桃の天辺が少し穴がありますが、あまり気にになりませんね。手にずっしりと感じる重さも心地よい、良い根付です。判読出来ませんが、「銘」も入っているのも嬉しいですね。



 
お薦め!



     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7747

桐製 蝉の根付

¥10,000

明治時代
4.5cm×2cm×1.4cm

霧の木を材にして造られた、蝉の根付です。おそらく油蝉、頭の黒さや茶色の羽がリアルに作られています。羽の2枚が重なった様子が非常に良い造りですね。模様まで細かく表現してあり堪えられません。裏側も足やくちばしも見事に彫られ良い仕事ですね。見事な出来栄えの良い根付です。



 




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7746

備前焼 黒住教 立教百年大祭記念 盃

¥4,500

大正時代
口径7.5cm・高さ3cm

黒住教とは、備前岡山藩の守護神社である今村宮の神職黒住宗忠が、文化11年の冬至の日、日の出を拝む中に天照大御神の真実体を自得するという、後に「天命直授」といわれる宗教的神秘体験をして立教になった神道教団です。以来、宗忠は「天照らす神の御徳を世の人に残らず早く知らせたきもの」との願いのもと、人々の救済に専念しました。宗忠は嘉永3年に亡くなりました。この盃は文化11年より100年を記念して配布された盃です。岡山なので、無論備前焼。黒住教の御紋が見込みに描かれています。そうすると、これも色備前、珍しい備前焼ということになりますか?



 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7745

花明山窯 象嵌手花瓶 (共箱)

¥6,000

現代作
口径16.5cm(内径14.5cm)・胴径12.5cm・底径12.5cm・高さ29.7cm

花明山窯は、もとは大本教の出口王仁三郎教主が築窯。石黒宗麿が指導していて、 文化サロンのように京都の陶工・宇野三吾、美濃の荒川豊藏、鎌倉の北大路魯山人、愛知の加藤唐九郎など、多くの有名文人陶工がやってきた大本教の陶芸窯です。本作も柔らかな白に艶の良い鉄釉が象嵌され、不思議な面持ちの模様が描かれ、スマートなフォルムと共に、雅な雰囲気のある、良い作品ですね。



 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7744

三笠保存会 オール型火箸

売切れ

昭和30年代
27.2cm×1.4cm×厚み(最大)0.5cm

三笠保存会とは国の委託を受け、記念艦「三笠」を永く保存維持するとともに、多数の貴重な資料を艦内に展示し、広く観覧に供しており、連合艦隊の旗艦「三笠」を往時の姿のままに適切に保存・維持するとともに、艦内に日露戦争の経緯、日本海海戦、「三笠」の建造・活躍、当時の国内外事情など多数の資料を展示し、明治の人たちが力を合わせてロシアの侵攻から日本を守った史実を解説しています。横須賀市にあり、売店もあって記念品も販売しています。おそらく、そこで販売された火箸と思われます。黄銅製で、ずっしりと重く、オールの形をしており、先には「三笠船材」「三笠保存会」の陽刻があります。おそらく、今ではこの様な品は販売されていないと思うので貴重だと思います。



 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7743

小西 陶古作 卯之置物 (共箱)

売切れ

現代作
幅15cm・奥行9cm・高さ9.8cm

小西 陶古:主な作品は、ろくろによる花器、壷のほか、薄いへらで表面を磨いた上手の鶴首一輪挿しなど。細工物は干支の置物をはじめ、獅子、布袋などの七福神を手がける。「桟切の陶古」「細工物の陶古」として知られ、伝統の技を大切に引き継いでいる。
本作も卯の細工物、リアルなうさぎで可愛いですね。陶古さん、お得意の
桟切模様も味わい深い。いい出来の卯の置物です。


 

  




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7723

竹内眞三郎造 碧 花瓶(共布 共箱)

¥4,500

現代作
口径4.5cm・胴径13.5cm・高さ22.5cm

竹内眞三郎:大正15年、東山五条坂生まれ。市立美術工芸学校、市立美術専門学校(現市立美術大学)を卒業。国立陶器試験所にて製陶釉薬を研修、その後六代目清水六兵衛に師事、清水六兵衛主宰京都陶芸家クラブ創立会員となる。日展等にも出品、その間、光風会工芸賞受賞、現代工芸美術家協会展出品、現代工芸ヨーロッパ展等にも出品。また日本新工芸家連盟を創立され、新しい陶芸作品を発表する。また「眞窯会」を主宰され作陶を指導、常に京都の伝統と「雅」の美を旨とされた作品の創造につとめておられる。この作品の「碧」は、独特の不思議な蒼色です。スマートな鶴首、小さな耳、まさに京の雅を感じさせる優雅さです。



 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7722

十三代 坂田泥華造 萩湯呑 二(共箱)

¥4,500

現代作
大:口径7.4cm・高さ7.6cm
小:口径6.5cm・高さ7.5cm

代々継承される伝統ある陶芸家の名に坂田泥華があります。山口県長門市を拠点に継承される、萩焼の名家として、現在でも数多くの名作を制作。今後に於いても、萩焼を広げるであろう、と大きな期待となっています。坂田泥華は十五代が現在では最後となっており、次代を名乗る継承者を探している様ですが、坂田泥華の名声を上げた功労者は、十三代坂田泥華と言われています。「泥華井戸」と呼ばれている、優雅であり悠揚とした気品漂う、萩焼の新たな可能性を導きだした作品を生み出し話題となりました。本品も柔らかな淡い枇杷色が、本当に美しいいい出来の夫婦湯呑です。お品は殆ど未使用の美品です。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7720

苗代川 黒もん徳利

売切れ

明治時代
口径6.7cm・胴径17cm・高さ21cm

苗代川焼は薩摩焼で、鹿児島県内で焼かれる陶磁器です。薩摩焼には竪野系、龍門司系、苗代川系があり、主な窯場は姶良市の龍門司窯、日置市の苗代川窯、鹿児島市の長太郎窯などとなっています。そして「白もん」と呼ばれる豪華絢爛な色絵錦手の磁器と「黒もん」と呼ばれる大衆向けの雑器に分かれています。これは黒もんと呼ばれている方。受け口で独特の形状をしています。厚く掛けられた黒釉に、茶色の窯変が出ており景色になっています。花活けにもいいですね。



 


↑NO.7702-A(5枚セット)



↑NO.7702-B(3枚セット)

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7702

備前 煎餅皿

¥4,500/A-5枚セット
¥2,700/B-3枚セット

明治時代
A:長径9cm・短径8cm・立上り高さ1cm
B:直径8cm・立上り高さ約1.2cm

備前焼の薄い小皿です。しゃりしゃりと音がして、まるで固焼きの煎餅のような形状から名づけられて、煎餅皿と呼ばれています。型押しで 様々な形があり、漆絵が描かれた物までバラエティに富んだものがあります。Aの方は菱型で、蓮と蟹が陽刻してある面白い図柄です。口縁には緋色も出ていて備前らしい趣となっています。Bは丸型、桜の花が陽刻されています。こちらも口縁に緋色が見え美しいです。備前の一典型、可愛い煎餅皿です。

状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7697

アール・デコ インク・スタンド

¥4,500

大正時代
幅12.4cm・奥行8.6cm・高さ3.9cm

美しいフォルムを持つ、かわいいインク・スタンドです。素材はアンチン、つや消しの鈍いひかりが渋さを感じます。蓋のウェーブやペン置きの部分には金メッキで装飾してあり美しく輝いています。インク壷は乳白のガラス製、失われずに残っているのが嬉しいですね。美しい機能美をもった、ジャパン・デコの逸品。可愛いインク・スタンドです。



 




      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7662

長谷川 勇作 飴釉 花瓶(共箱)

¥6,000

現代作
口径2.5cm・胴径12cm・高さ20cm

長谷川 勇さんは、大正14年生まれの京都の陶芸家です。楠部弥一に師事し、昭和29年から日展に出品。以後日展作家として活躍されました。この作品は、昭和41年の頃の作品です。透明感のある艶のいい飴釉は非常に美しい。お品はほとんど未使用、いい状態のお品です。
 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7658

伝頓阿作 人麻呂像(時代塗り箱付)

¥450,000

時代不詳
幅18cm・奥行(最大)12cm・高さ16cm

二条為世門の和歌四天王と称された頓阿法師が、鎌倉末期に、和歌三神の一つとして崇められている摂津一の宮住吉大社に、百体あるいは三百体の柿本人麻呂像を彫り奉納したと伝えられている。それらの像は、杉の白木で長さ5寸5分といわれ、その特徴はすべて頭部を差込式として首が抜けるものであるが、現在は京都知恩院蔵ほか全国で数体しか確認されていない。本像はその内の一体と伝えられるもので(書付付属します。)、文明13年に白川直朝・政朝父子が鹿嶋神社の神前で一日一万句の連歌の会を催した際に、万葉集の筆頭歌人である柿本人麻呂の影像を祀ったものとされる。
本像も、衣冠を着けて、左の肘を脇息にかけ、右腕は立てた右足の膝上にのせ、詠吟しているさまをあらわす。杉の一材で彫出する一木造りで、大きさもほぼ5寸5分。杉材を使い、頭部は首枘を彫り差し込んであり、首が抜けるようになっています。像の底部には花押が入っております。顔は、お鼻が、小磨耗しておりますが、古格溢れるお品です。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7657

丸田 正美作 伊羅保釉草花紋 額皿(共箱)

¥6,000

現代作
直径26cm・立上り3.5cm

丸田 正美:大正14年佐賀県武雄市の窯元に生まれる。1942年佐賀県立有田工業高校窯業科を卒業、50年から浜田庄司に師事する。60年佐賀県展で最高賞受賞、63年第37回国展に入選、66年日本工芸会西部展で最高賞受賞、70年から日本伝統工芸展、73年から一水会展に出品し、78年日本工芸会正会員となる。桃山末期に開窯した黒牟田窯の伝統技法に、塩釉を使って民芸的な独特の作風を築いた。
師浜田の作風を受け継いだ、美しさのなかにも素朴な味わいのある、良い作品ですね。伊羅保釉の美しいベージュが堪らない見事な額皿です。



 


( )内の数字は5枚セットの在庫数です


   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7656

清水六兵衛造 鉄絵小皿

¥5,000/5枚セット(1)

 1セット売切れ

明治時代
直径12cm・立上り高さ2.9cm

清水六兵衛作の陶器の小皿です。長石釉の柔らかな白に鉄釉の丸紋が綺麗に浮かび上がっています。裏も白釉が厚く掛けられ、釉溜まりやかいらぎ様の変化が出ていて趣きがあります。土見せになっている、高台のなかには、誇らしく「清六」の銘が入っていますね。渋いですが、都の雅を感じさせる、良いお品ですね。



 




      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7637

京焼 蓮月写し 夏茶碗

¥6,000

昭和初期
直径14cm・高さ4.5cm

幕末の勤皇歌人、太田垣蓮月は、また手捏ねりの茶器に自詠の歌を彫りつけた蓮月焼と称される陶器を作ったことで有名です。この抹茶茶碗は、おそらく、その蓮月の写しです。茶碗の外側に釘彫りで、和歌が書かれています。茶碗は手捻りで作られ、少し厚つくり。白釉が表裏に流し掛けられた良い造りですね。殆ど未使用の良い状態です。



 




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7634

備前 達磨像

¥6,000

明治時代
幅9cm・奥行8.3cm・高さ10.3cm

備前としては、薄つくりの良く出来た達磨さんです。太い眉、一文字に結んだ唇、厳しい達磨さんの表情を活写してあります。膝に乗せた手も爪まで細かく表現してあり、丁寧な造りは好感が持てますね。目は穴が開けられているので、これは伏せ香炉なのでしょう。塗り土の艶も良く、時の経過で落ち着いた良い味わいとなっています。
衣のすそに、極小欠けあります。大きな画面で、ご確認ください。



 


↑NO.7631-A



↑NO.7631-B

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7631

松風 栄一作 染付飾皿

¥4,500/A 梅
¥4,500/B 竹

現代作
A 梅:直径18.5cm・立上り高さ3.4cm
B 竹:直径18.5cm・立上り高さ3.3cm

松風栄一:大正4年、京都生まれ。昭和15年東京美術学校工藝部図案科を卒業。。日展入選、 大阪府工芸展知事賞、新匠工芸会賞、関西綜合美術展1席賞、光風会工芸賞、日展北斗賞、菊華賞、現代陶芸展など入選授賞多数。平成3年没。京焼の名手、松風栄一さんの綺麗な絵皿です。「梅」と「松」、いずれも松風さんらしい力の入った絵付けですね。きれいな呉須の色が、白い器面に映え、清楚な美しさを醸し出していますね。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7602

志野風 鉄絵八角大皿

¥6,000

現代作
横42cm・縦42cm・最大径44cm・立上り高さ4cm

志野風の42cmもある、大きな八角大皿です。白い地肌に、鉄絵で、女の人のような絵が描かれていて、トラディッショナルな井桁の模様が口縁に描かれ面白い。これはちょっとしたアブストラクト・アートですね。お品はどっしりとした厚つくりで、その存在感や素晴らしいものがあります。釉薬も厚くかけられて良い出来のお品です。ただ銘鑑などが入っていないため、作者が特定できませんが、現代アートとしては、面白い逸品であると思われます。
 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7585

中島華鳳筆 蕪村句図桐の大盆

¥4,500

昭和戦前
直径38.9cm・高さ2.5cm

中島島華鳳は、明治~昭和初期に京都で活躍した画家です。今尾景年の弟子とも、中島華陽(1812-今尾景年、中島華陽の弟子とも云われていますね。富岡鉄斎の親戚のようで、鉄斎の肖像画を描いたりして居ります。本作は漆絵でしょうか、桐の大盆に絵が盛り上がって描かれています。”夜半翁蕪村句に”の書き出しから賛が書かれ、蕪村の筆致で踊りを踊る人物が描かれており、面白いですね。盆は古色が付いておりますが、(私には読めませんが)賛の字はくっきりとして判読は可能です。
 




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7584

舞子焼 蛸壺花活け

¥6,000

明治~大正時代
口径4.9cm・胴径(最大)6.5cm・底径4.7cm・高さ13cm

おそらく舞子焼と思はれる小壷です。意匠が面白い、良く焼き締められた備前風の胴には蛸や貝が貼り付き、海草風の緑釉が掛けられています。そして「月」の俳句が釘彫りで書かれています。多分、お土産用に作られた器と推測されるのですが、底は糸切り底になっており、造りは丁寧です。おもしろい意匠の花活けです。



 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7583

備前 花紋貼付け寸胴花活

¥6,000

明治時代
口径13cm(内径10.6cm)・高さ28.8cm・底径12.5cm

細かな粒々の彫り模様を付けた器肌が面白い、備前の寸胴花活けです。丸い平たい模様が貼り付けてありますが、これは多分、梅の花でしょうね。フォルムもすっきりスマートで見ていて気持ちがいいのです。器面は艶よく明るい茶色で、塗り土の良い艶が美しいですね。惜しむらくは、良く焼けた分、胴上部に窯割れがみられます。しかし、あまり類例を見ない、備前焼の珍品と思います。状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7579
大日本吉岡製 牡丹に舞妓図花活け

¥6,000

明治時代
口径6.4cm(内径4.1cm)・胴径11cm・高さ23.5cm

おそらく京焼と思うのですが、柔らかなベージュの素地が、磁貫とともに軟陶のソフトな味わいを見せ、絵付けも浮世絵風に描かれていて面白いのです。多分、これは当時のお土産として、販売されたものなのでしょうね。江戸の雰囲気を残す、舞妓さんのお顔は、外国人には、さぞかしエキゾチックに写ったことでしょう。磁貫に沁みて、雨漏りとなっているところも時代の味わいでしょう。あまり見かけない、不思議な味わいの珍品です。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7551

京 粟田焼 花鳥紋水注

¥18,000

幕末~明治時代
口径(内径)8cm・胴径12cm・最大径20cm
蓋径9.5cm・全体高さ15.5cm

柔らかい磁貫に被われた軟陶の味わいが無類ですね。注ぎ口も長く、持ち手の形もシャープな器形が非常に面白い。これは、おそらく輸出を意識した器形なのでしょうね。明治3年には,近代の粟田焼を代表する,薩摩焼色絵の作風を取り入れた「京薩摩」の彩画法が開発され,以後,輸出の黄金時代を向かえますので、このあたりの製品と思われます。花鳥の繊細な絵付けは、京焼らしい古雅な面持ち。まさに京焼きの華、粟田の見事な水注ですね。
状態は大きな画像にてご確認ください。


 




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7534

龍文堂製 霰紋鉄瓶

¥28,000

明治時代
口径8cm(内寸)・胴径14cm・最大径17.5cm
底径11cm・最高19.5cm

龍文堂は江戸末期から昭和33年頃まで8代続いた京都の鉄瓶屋さんです。明治から大正に掛けて高級な鉄瓶を、数多く製作しております。本品も龍文堂製で、こまかな霰模様の、すがたの美しい鉄瓶ですね。弦には草花のような銀象嵌が入っていて、銀の粒がキラキラと輝いています。良い出来の鉄瓶ですね。
 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7510

唐物 貝摺り螺鈿の卓

¥48,000

明治時代
52.2cm×28.8cm(最大54.5cm×31cm)×高さ15.3cm

朱漆に摺り込まれた、細かな貝がキラキラと虹色に輝き美しい猫足の卓です。天板には黒漆の窓絵、こちらは「竹林の七賢人」の図が、これも白い貝が虹色に輝き美しいですね。絵の上部の霞も極小の貝が摺り込まれ、梨地のような繊細な模様が表現されていて美しい。大振りの四足の卓で、時代の味わいが非常に古雅なのです。縁など、時代痛みはみられますが、この渋い時代の味わいは、無類ですね。



 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7505

幹山造 七宝焼盃洗(箱付)

売切れ

幕末~明治時代
口径12.5cm・高さ8.8cm

京焼の美しい鉢型の盃洗です。箱にあるように、陶器に七宝に模様が施してあります。 中国伝来の七宝焼は金属を素地にした焼物ですが、日本ではその重さ のためにあまり普及しませんでした。そこで幕末から明治初期に、この重さを解決するために 考案されたのが、陶器を素地にした陶胎七宝。 独特の雰囲気があり欧米でも人気が ありました。本品も胴部に美しいブルーを基調とした七宝模様があしらわれ、渋いなかに美しい金彩が輝いています。



 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7477

銅器 牛童子置物

¥8,000

昭和戦前
最大長さ22cm・最大幅8.5cm・高さ17.3cm

牛の背に乗り笛を吹く牧童は、画の意匠として中国では既に宋時代にはみられるようで、このような銅器のいわゆる”のったり”などと呼ばれる形状の、置物、香炉など人気のお品です。このお品は置物で、牛の背に小穴があり、童子のお尻の下に出ている爪で、落ちないように、童子がのります。牛はこって牛、その力強い造形は小型ですが魅力的です。経年の時の流れが、黄銅を良い味わいに変えていていい雰囲気ですね。牛の置物は多産豊饒のシンボルとして古来より信仰されています。
 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7476

河井 武一作 掛分灰皿(共箱)

¥6,000

現代作
長径14.5cm・短径10.4cm・高さ2.3cm

河井 武一:明治41年島根県能義郡安来町生れ。昭和2年叔父・河井寛次郎に師事する。昭和10年河井窯に滞在するバーナード・リーチの助手をつとめる。昭和39年オーストラリア、ニュージーランドへ遊び、シドニー、メルボルン、ウェリントンで個展と講習会を開催。
昭和53年作陶50周年記念河井武一展を開催。河井寛次郎に長年学び、その鉄釉・呉須・辰砂・飴釉・鉄砂等の釉薬調合や、型物造形を受け継ぎ、優品を残す。日本民芸陶の担い手として上田恒次と並んで双璧と称される。平成2年歿、82歳。
叔父寛次郎さんと良く似た、まったりとした柔らかな造形が心地よいですね。白釉とグリーンの釉薬のコントラストも美しく、且つ民芸調の渋さも併せ持つ綺麗なお品ですね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7472

古備前 大壷

¥48,000

室町~桃山時代
口径14cm(内径10.5cm)・胴径28cm・高さ40.5cm

小石を多く噛んだ、荒々しい肌味が魅力的な古備前の大壷です。備前らしい、ねっとりとした赤黒い土味が口縁に見られ、肩口にはゴマが降り見どころとなっています。腰部をへらけずりしてある処も古備前の壷らしく、そのかせた肌合いとともに野趣に溢れていますね。すっしりとした厚つくり、その重量は、まさに存在感十分と云えます。残念ですが、底部に薄いニューが見られるので、格安のお値段でご奉仕させていただきます。一晩かけてじわっと滲み出るような漏れです。
 
お薦め!



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7466

古薩摩 磯庭製 金彩藤の花図竹節花活け

売切れ

幕末
口径約11cm(内径約9cm)・底径16cm×高さ26.5cm

薩摩焼は、島津斉彬が薩摩焼を海外への輸出品に育てようと考えて、安政2年に磯お庭焼窯を開きました。大規模な登り窯が造られ、西洋人が好む作品の研究が行われ、また、この窯では反射炉で用いる耐火レンガの研究・製造もおこなわれた。 斉彬の死後、慶応3年のパリ万博で薩摩藩が出品した薩摩焼、特に金襴手と呼ばれる絢爛豪華な薩摩焼が海外で高い評価を受け、世界的な薩摩焼のブームが引き起こされました。このお品も柔らかな磁貫に覆われた、クリーム色の地肌が高貴ですね。金彩で描かれた藤が蒔絵のように煌びやかに輝いています。藤の花の赤も七宝の赤のようで美しい。底には金彩で「礒庭」の銘、花のマークの刻印があります。美しい薩摩お庭焼の逸品です。



 




      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7452

桑の如意

¥8,000

明治時代
幅最大3cm×長さ35cm

如意とは、元来は背を掻く孫の手のことのようで,後に僧侶が儀式で威儀を整えるために用いる僧具となったもののようです。本品はシンプルですが、先端の丸みなどアールの付け具合など、絶妙の出来となっております。時を経た木の味わいも無類で、割れ、欠けもなく、良い味わいになっております。シンプルですが、良い木の古民芸ですね。


 




  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7451

桑材 煙草盆

¥8,000

明治時代
幅20.7cm・奥行13.2cm・高さ12.8cm・最大高22cm

桑の木目が美しく出た、小型のタバコ盆です。総桑材で綺麗に組まれたおります。落としもしっかりしていrのですが、持ち手が水牛の角で出来ていて、これに虫が入っています。しかし、未だしっかりとしていて手で持って提げることはできます。白い摘みは骨製、欠けなどは御座いません。可愛い大きさのタバコ盆ですね。


 
お薦め!



     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7450

アール・ヌーヴォー 白磁花瓶

¥12,000

大正時代
口径10.8cm(内径8.8cm)・胴径18.5cm・高さ30.5cm

乳白色の柔らかな色合いが美しい白磁の花活けです。優しいカーブを描いたフォルムも端整で美しい。器面には線彫りで、見事な花唐草をモチーフにした連続模様が描かれています。これは、まさにジャパン・ヌーヴォーですね。高さ30cmの大振りの花活けなので存在感は抜群、白磁なので、どんな花も受け入れます。この曲線美は、アール・ヌーヴォーの逸品と言えますね。
 
一押し!



    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7449

京薩摩 楠部精製 花魁と猫図大花瓶(畠中敏郎 旧蔵品)

¥48,000

昭和初期
口径14cm(内径8cm)・胴径24cm・高さ48cm

底部に京都粟田と入っているので、京焼きとわかります。こもクリーム色のやわらかな色合いは、所謂京薩摩と呼ばれるお品ですね。金彩をふんだんに使い、眩いばかりに豪華です。花魁とかむろが猫と遊ぶ図も面白いですね。花魁の着物など、非常に密に描かれていますね。献辞が入っており、この花瓶は文学者である畠中敏郎氏が京大助手だった時、その退任を祝い贈られたもののようです。豪華な大型の花瓶です。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7430

新開 寛山造 壽彩飛青 花瓶(共箱)

¥6,000

現代作
口径(内寸)6.2cm・胴径19cm・高さ25cm

新開寛山:明治45年、京都府生まれ、本名は邦太郎。代々陶業の家に生まれ祖父に3代 清風与平、叔父に4代 清風与平を持つ。
工芸学校卒業後1930年に11回帝展にて初入選。以降戦前までは染付を主体とした作品で帝展、新文展にて入選を重ねる。48年、帰国し以降は陶土を研究して陶器作品を日展中心に展開。51年7回日展にて特選を受賞。58年には会員に推挙となる。作品は当初、染付など磁器が主流であったが、陶器に転向以降は魚や鳥、動物をシンプルにデザインして鉄釉、彩色、釘彫、陶彫、象嵌、など
様々な技法により独自の造形を展開して重厚な作品を発表している。
京焼きの大家、寛山さんの美しい花瓶です。独特の光沢を帯びたふかいグリーンの釉薬が厚く掛けられ、底部に玉垂れを創っています。象嵌で、紫陽花のような花の丸紋が幻想的に浮かんでいて、現代陶芸の粋を集めた逸品ですね。名手に見事な作品です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7429

新橋三銀証製 壱輪差(元箱付)

¥4,500

昭和初期
口径2.6cm(内寸1.5cm)・胴径4.2cm・高さ8cm

ミニチュアの壱輪差しです。箱によると、どうも陶器を買ったら付いてくる景品のようなのですが、この意匠が面白い。パステル調で描かれた子犬なんか、本当に可愛いですね。丸紋のデザインも可愛さをさらに助長しています。白い生地は美しく、ノリタケ調。思わず微笑んでしまう可愛さですね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7423

高橋道八造 法螺貝型鉢(合箱)

¥28,000

幕末
長径21cm(最大26cm)・短径13cm
高さ(最高)9cm(最低)6cm

二代高橋道八は、京都粟田口焼の老舗雲林院宝山家の11代目宝山文造に師事して陶法を学び、また中国陶磁風の作品を得意とした京焼磁器焼成の先駆者奥田頴川にも入門したといわれていますが、何より父の初代高橋道八から陶法を指導され、父の作風に大きな影響を受けたと考えられます。この作品も、道八ゆかりの号でもある「法螺山人」にちなんだ、法螺貝が非常にリアルに表現されていて面白い作品に仕上がっていますね。大振りの非常に古雅な作域のお品です。縁に小ほつみられますが、然程気になりません。


 




      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7422

清水六兵衛作 七福神盃(共箱)

¥18,000

明治時代
サイズは詳細画像にてご紹介しております

京焼の家元の一つ。江戸後期に初代 清水六兵衛が京都五条坂に開窯。初代~三代は古藤六兵衛。三代の時、清水六兵衛に改める。円山応挙や松村月渓と交流した初代をはじめ、 清水家は代々、富岡鉄斎、神坂雪佳といった画家たちとの関わりも深く、四代は過去3代にわたる陶技を統合し、六兵衛風を完成。五条坂の陶器組合創立に参加し、業界の発展に尽力した。本作は恐らく四代作。
八角のさいころを振り、出た各々の七福人の盃で、お酒を飲むという趣向の面白いお品です。京焼らしい古雅な絵付けが、非常に面白い。惜しむらくは、布袋さんの盃が欠損していますが、同じ六兵衛さんの盃が入っています。



 




  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7395

小川二楽造 南都七大寺 薬師寺之塔(共箱)

¥6,000

現代作
幅(最大)11.5cm・奥行(最大)13cm・高さ28.5cm

赤膚焼は400年前に郡山城主豊臣秀長によって、始められたといわれますが、奈良の風土に合った素朴なやきものです。赤膚焼は今日では西の京五条山郡山に窯があって、二楽の窯もその一つです。二楽さんの作品は「素朴な中に無限の雅味をたたえた特異な作風、おおらかな大和の郷愁が多くの人の心を惹く」といわれていて、この作品も、薬師寺の東塔が味わい深く作られています。渋い緑釉が赤膚のほの赤い土に映え美しいですね。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7369

小川 欣二作 鑓梅図銘々皿(共箱)

¥5,000/5枚セット

現代作
直径14cm・立上り高さ2cm(最高2.8cm)

小川欣二:昭和1年京都生れ。四代文斎の次男。五代を継承。六世清水六兵衛に師事。昭和25年日展初入選。以京都陶芸家クラブを主宰した、清水六兵衛に師事し、「日展」や「日本現代工芸展」「日本新工芸展」など多くの展示会で活躍している方です。絵付けを主体とした作品が多く、このお皿も金彩でシャープな梅の図を描いてあります。お品はほとんど未使用、状態の良い銘々皿です。


 


↑NO.7367-A

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7367-A

巧七級金鵄賞(共箱)

¥7,500

大正時代
4cm×12cm(ケース:5.7cm×8.5cm×2.5cm)

金鵄章と云う勲章は、軍人軍属の武功抜者のみ授与された軍人勲章で、功一級から功七級まであったが、いずれも終身年金付というこの上なき栄誉勲章であったというものです。しかし、敗戦の結果、昭和二十二年五月三日政令第四号で、この勲章だけが廃止されてしまったのです。本品は巧七級、塗りの箱の入っております。ケースは摺れが多く、略章も欠落しております。勲章自体は綺麗ですね。

 




  
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7365

瓢箪型の槍の鞘

¥12,000

江戸後期
口径(内径)2.1~2.4cm・胴径9.5cm・長さ21.5cm

面白い形の槍の鞘です。おそらく瓢箪を模してあるのでしょう。木製で外側は漆仕上げ。厚く塗った漆でおうとつが付けてあります。中央のベルトは銅版と思われます。状態はうぶのままなので、ホコリが付着しておりますが、挿し口あたりに小はがれはあるものの胴部には、さしたる痛みは御座いません。木の無垢の造作なので、なかなか重量感もあり、面白いお品です。



 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7360

伊東陶山造 古木図馬上盃(桐箱)

¥7,500

昭和初期
口径5.5cm・高さ3.2cm

三代伊東陶山:、明治33年京都生まれ。京都市立美術工芸学校卒。二代伊東陶山の長男。初代陶山と父に陶芸を学び、昭和4年帝展に初入選し、同8年には特選。昭和13年父の跡をつぎ三代を襲名した。戦後は日展で活躍し、審査員をも務めた。昭和45年逝去、70歳。
柔らかな、いかにも京焼きらしい、磁貫に覆われた肌合いは暖かい面持ちを感じます。高台の高い馬上盃風のスタイルがお洒落ですね。梅でしょうか、はたまた松でしょうか、枝を二筋描いた絵付けは見事で秀逸ですね。正に名人の手練れのお品です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7333

備前 波状紋四耳壷

¥12,000

江戸時代
口径10.9cm(内径9.2cm)・胴径16.5cm・高さ24cm

紡錘形の面白い形の古備前壷です。あまり、このような形状のものは見かけませんね。大きく開いた口造りの下には、箆で波状紋が刻まれています。胴の下部には、ぼた餅の窯変もでていて見どころとなっています。いかにも備前といった厚つくりは、ずっしりと重く存在感たっぷりですね。底に白いものがこびり付いているのは、石灰を撒いた土間に置いてあったためです。底なので、あまり気になりませんよ。ポッチのような四耳も面白い、備前の古壷です。



 




     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7330

川尻 一寛作 白慈 鉢 (共布・共箱)

¥6,000

現代作
直径22.3cm・高さ6.6cm

川尻 一寛:昭和5年、京都府に生まれた陶芸家です。京都清水焼禎山窯窯元の3代目として生まれ、京都市立美術大学で学びました。卒業してから本格的に作陶を始め、日展、京展、現代陶芸展で活躍します。その後、清水六兵衛主催の陶芸クラブで学び、京焼の伝統を守りながらも造形の作品を生み出し、独自の世界を作りだしました。2008年 12月29日逝去。
現代京焼の名手、一寛さんの作品です。この方の白慈の風合いは、色白く非常に美しい。磁器でもなく陶器でもない。この柔らか風合いは見事です。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7326

黒柿 硯箱

¥12,000

明治時代
9cm×20cm×厚み4cm

黒柿の木をうまく刳り貫いて、硯箱に仕立てた、面白いお品。蓋は自然木そのままに凹凸を生かしてあり、これが良い味わいですね。オーダー・メイドなのでしょう、硯はぴったしに嵌め込まれていて取れません。硯の重さもあるのですが、ずっしりと重い、その様は好感触ですね。木の艶も良く、木の古民芸の味わいは無類です。良い出来の、木工の逸品です。



 




  
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7308

加藤実作 白磁花入(稲葉心田 揮毫箱)

¥8,000

現代作
口径5cm角・胴径8.7cm角・高さ22cm

加藤実さんは京焼の大家です。その加藤さんの白磁龍耳付花入に稲葉心田さんの揮毫による「遊心」の識語を入れた、美しい花入ですね。白い白い肌に美しい呉須の青が清清しいのです。

稲葉心田:道号は心田、法諱は元明。室号蟠龍窟。俗姓稲葉。愛知県葉栗郡葉栗村出身。14歳のとき、当時台湾の臨済護国寺に住していた山崎大耕老師について得度。昭和4年、京都天龍僧堂に掛塔、関精拙老師に参禅。のち大耕老師の法を嗣ぐ。同15年、天龍寺塔頭慈済院の住職を経て、同39年5月、国泰寺派管長ならびに僧堂師家に就任。昭和61年1月19日、遷化。世寿81歳。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7307

今井政之作 象嵌輪彩花瓶(共箱)

¥10,000

現代作
口径3.5cm(内径3cm)・胴径8.2cm・高さ17.5cm

今井政之:昭和5年大阪生まれ。備前にて焼き物を学んだ後、昭和28年に、京都へ。初代勝尾青龍洞先生の門に入る。日本芸術院会員楠部弥弐先生に師事。昭和29年日展初入選。昭和53年 広島県竹原市に登窯を築く。平成15年には、日本芸術院会員に就任した。
今井さんは、陶芸に象嵌技法を取り入れた第一人者として、「象嵌の今井」と称される作家でもあります。象嵌とは、土に別の色土を嵌めこんで焼くという技法で高度な技術が要求されます。本作も茶色の台に白土と青色の土が象嵌され絵付けとは、また違った不思議な味わいを醸し出しています。幽玄な美をもつ美しい作品です。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7302

九谷 色絵寿老人像

¥8,000

昭和戦前
幅13cm・奥行10cm・高さ29.5cm

九谷らしい、美しい色彩で彩られた寿老人像です。衣装の花柄は盛り上げて描かれ、手にもつ杖の木目も同様です。金彩を豊富に使ってあるので、非常に豪華です。戦前の九谷の製品なので、寿老人の表情も、現代作と比べても、引き締まり厳しい表情で大変厳かですね。高さも30cm弱と大きいので存在感がありますね。九谷の一典型であります、細工物の逸品です。
 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7294

古曽部焼 揚羽蝶香合(合箱)

¥12,000

大正時代
長径8.3cm・短径4.6cm・厚み1.8cm

遠州七窯のひとつ「古曽部焼」は、江戸寛政頃に五十嵐新平によって始められたとされていますが、明治末期に窯の火が絶えてしまいました。しかし、その後古曽部焼は古窯を再興し、独自の作風を確立し、多くの茶道具を作成しています。この揚羽蝶の香合は大正時代は五代信平の時、古曽部村の有志が出資、京都の陶工河井磊三に成形を依頼し、古曽部窯で焼成された作品のようです。蓋の裏には「磊」の陶印が押されています。揚羽の髭の細かな成型、鉄釉の渋い色合い。古格溢れる逸品ですね。

状態は、大きな画像にてご確認くださいませ。


   




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7288

LLADRO リヤドロ NO.4824
 「ナイスショット」 ゴルファー(箱無し)

¥12,000

現代作
幅(最大)約13cm・奥行(最大)12.5cm・高さ27.5cm

磁器人形ブランド「リヤドロ」は、スペイン・バレンシアで創設されたリヤドロ社の生産によるものです。1970年代には世界を代表する磁器人形として評価されるようになりました。その柔らかな人形のフォルム、色付けで非常に人気があります。この人形もパステルの色調が美しいですね。ゴルファーが狙いを定めて、今まさにボールを打とうとしている瞬間を、見事に捉えた躍動感溢れる作品です。足元のゴルフボールを見据える顔は真剣そのもので、アイアンを大きく振りかぶる、ゴルファーの熱い思いが伝わって来る良い人形ですね。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7274

備前焼 犬養木堂像

¥18,000

昭和戦前
幅10cm・奥行8.5cm・高さ27.5cm

犬養毅:岡山藩士の息。号、木堂。慶応義塾に学ぶ。郵便報知新聞の記者として西南戦争に従軍。東海経済新報記者をへて、立憲改進党創立に参画。大同団結運動で活躍。明治23年、第1回総選挙で衆議院議員に当選、以後第18回総選挙まで連続当選。大正11年、革新倶楽部を組織し、護憲三派内閣を結成、逓相に就任。昭和4年、立憲政友会総裁。6年、首相となるが、翌年5・15事件で暗殺される。
木堂さんは岡山県の出身なので、備前焼の木堂さん像は沢山作られていますが、この像は大きく、精作ですね。お顔の表情も精緻で良く出来ています。備前の独特の光沢も美しい、立派な木堂さん像ですね。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7233

京焼 錦光山京阿蘭陀花紋火入れ付欅玉杢煙草盆

¥48,000

幕末
煙草盆:32.8cm×19cm×高さ18cm
錦光山火入れ:胴径12cm・高さ15cm
キセル:長さ38cm

欅のうねりにうねった素晴らしい玉杢の材を使った素晴らしい煙草盆です。時の経過で欅の木の色が飴色に変化しており風趣をそえます。火入れがまた良い、つまみの付いた釣鐘ようの姿は京焼、錦光山の出来。呉須で以って描かれた花鳥画はどこか洋風、錦光山では輸出に阿蘭陀風が作られた事跡があるので、これがそれなのでしょう。ベージュの素地に少々雨漏りも出て、古雅ですね。煙管も浄益風の瀟洒な黄銅の煙管が二本付いていて、これもお値打ち。大振りの存在感ある見事な木工の逸品です。








 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7221

お福さん 大面

¥8,000

明治時代
幅34cm・長さ41cm・厚み(最大)11cm

巨大なお福さんのお面です。材質は陶器です。陶器の彩色してあるようです。ふくよかな頬、切れ長の眼が、いい雰囲気です。大きな面ですが、紐で掛けられるようになっているので、薄つくりで意外とかるいのです。唇や歯、顔面など色がはげ落ちてはいますが、古民芸の味わいですね。お福面の珍品です。
    




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7200

三浦竹軒造 色絵松画 花入(共箱)

¥18,000

現代作
口径7.8cm(内径6.4cm)・胴径11.3cm・高さ24cm

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7185

京焼 京洛巽文斉製 五三の桐図菓子鉢

¥6,000

明治時代
直径21.5cm・深さ10cm・蓋径20.2cm・全体高さ13.5cm

伊万里風の色絵磁器ですが、高台裏の銘款をみると京焼きですね。五三の桐紋が金、青、赤で書き分けられていて古雅な面持ちです。見込みには雲龍が力強く描かれ、面白い絵付けとなっています。京焼では、このような色絵の磁器は少ないので珍品ですね。すがたも大きな蓋物。存在感は抜群です。

蓋に小難ございます。大きな画像にてご確認くださいませ。







 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7119

平安景山造 関精拙題字 鶴首花瓶(共箱)

¥8,000

昭和戦前
口径4cm・胴径10cm・高さ24.5cm

焼しめのスマートな姿の鶴首の花瓶です。花瓶の上部に轆轤目で輪線模様を付けてあるのが美しいのです。胴には「喜」の文字と花押が入っています。おそらく喜寿のお祝いのお品と見えます。お品は殆ど未使用、渋い中に侘びの美しさが感じられます。
  



古民具のページにも掲載


   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7114

桿秤 二種

売切れ/ 写真の2点セット

明治~大正時代
写真右:竿の長さ22.2cm・天秤皿の直径7.4cm
写真左:竿の長さ20.4cm・天秤皿の直径3.9cm・

天秤は、構造が簡単で精度は高いのですが、いろいろな物をはかるためにはたくさんの分銅が必要となるため、持ち運びには不便でした。ローマ時代には、シルクロードを通過して国や民族を越える交易が盛んになりました。このような時代背景から、一本の桿と一個の錘だけで、はかることができる桿秤が登場しました。てこの原理を応用して、支点と錘の位置によって重さをはかります。日本でも、庶民の間で使用頻度が高かったのはこうした桿秤でした。このようなはかりにも色々な、はかる重さで種類があり、このお品は小さなものを図る桿秤です。昔のお品が木や金属で作られていて、質感が良いですね。はかりの横棒は骨製です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7105

平戸 鍾馗さん掛け花活け

¥18,000

江戸後期
幅(最大)10.5cm・奥行(最大)7.5cm・高さ26cm

九州地方では、鍾馗さんはお家の守り神として、屋根などに飾られる習慣があるようです。このお品は鍾馗さんですが、掛け花活けです。平戸らしい美しい鉄釉の衣をまとった、凛々しいそのお姿は、掛け花とはいえ、守り神に相応しいお姿です。高さ26cmと、大振りなので、威厳たっぷりのなかに、どこか飄々としたお顔が楽しい平戸焼きの珍品、掛け花活けです。





 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7103

永楽善五郎造 平井東庵絵付 嘉和良計皿(共箱)

¥18,000

昭和初期
直径25.5cm・立上り高さ3.2cm

善五郎さんは、京焼の家元で千家十職の一つ「土風炉・焼物師」であり、代々土風炉、茶碗などを製作してきました。現在では17代目です。10代以降は永樂姓を名乗り、土風炉に加えて茶陶を制作されています。一方、東庵さんは万延元年生れで、名は仁兵衛、東庵は号。滋賀の村上家に生まれ、後に西陣の織物卸商の平井家に入り、京都瓦斯・京都拓殖各株式会社取締、京都商工会議所議員なども務めた実業家。お茶人であります。この平井東庵さんが古希の折、お祝いに永楽善五郎さんの焼いたお皿に、自ら絵付けをして焼いたお品です。お品はお題の通り、柔らかな白い軟陶で永楽らしい古雅なお品です。滋味深いお品ですね。



 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7082

大島一畝作 木彫 宝槌 (共箱)

¥38,000

現代作
本体20.5cm×12cm×高さ14.5cm・紐約20cm

大島 一畝:昭和22年より 日本美術展覧会(日展)に15回入選。昭和40年、同45年 県展審査員となる。昭和41年 比叡山延暦寺への親鸞上人像完成納入する。昭和45年 ヨーロッパ、中近東(九ヶ国)研修滞在。昭和48年 田中首相宅へ獅子頭置物納入する。県賞外8回入賞。その他、現代工芸展、光風会展
にも出展。香り高い楠の木で彫られた木彫です。可愛い小判を咥えた柔和な鼠の表情は癒されますよ。小槌にも亀甲模様が細かに彫られ格調高いお品です。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7074

陶製 梅田雲濱像(合せウブ箱入り)

¥28,000

明治時代
幅12.5cm・奥行11cm・高さ18.5cm

梅田雲濱は越前 小浜藩士。藩主・酒井忠義に海防策を建言したところ、藩政批判ととられ藩籍を剥奪される。 その後、浪人として各地を遊説してまわり、尊王攘夷派の思想的指導者となっていく。 当時の江戸の実権を握っていたのは井伊直弼であり、朝廷を無視して諸外国との外交を進めていたが、そのやり方に強い危機感をおぼえた梅田雲浜は井伊政権打倒を画策。 雄藩である水戸藩に幕政改革を求める密勅を降下させることに成功するのだが、これが結果的に井伊直弼の態度を硬直化させる。 最悪の弾圧行為として、安政の大獄を引き起こし、梅田雲浜も捕らえられてしまう。 いかなる拷問にも口を割ることはないまま、安政六年獄死。陶製の雲濱像です。雲濱さんの写真によく似せてありますね。底部に銘があるのですが、浅学故わかりません。像の状態は非常にいいです。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7049

森野嘉光窯 「申」 置物(共箱)

¥3,500

現代作
幅6.5cm・奥行6cm・高さ9.5cm

森野嘉光:明治32年4月15日京都生まれ。日本画を学ぶが、その後陶芸に転向。昭和16年新文展特選。塩釉,緑釉窯変によって独自の作風をきずき,38年「塩釉三足花瓶」により日本芸術院賞受賞。昭和62年5月2日死去。88歳、現京都市立芸大卒。
京焼きの大家、嘉光さんの「申」の置物です。白磁の清楚な猿ですね。本年の干支、可愛い顔のお猿さんです。



 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7046

丹後宮津藩 本荘家家紋入り小柄の柄

¥78,000/ 2本セット

江戸時代
写真上:9.4cm×1.4cm×0.3cm
写真下:9.3cm×1.3cm×0.4cm

宮津藩主、本荘家は江戸中期の宝暦8年から明治4年の廃藩置県まで 宮津藩主を勤めました。本荘家の家紋は九つ目結いという四角を九つ合わせた紋なのですが、この扇と大根も本荘家の家紋です。大根は、かの忠臣蔵などでお馴染みの桂昌院に繋がるので、この家紋を使用しております。扇のほうは四分一のような台に金象嵌、大根は赤銅に違い大根の紋が貼り付けてあります。いずれも錆び無く良い状態のお品です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7038

ブリキの玩具 ラビット カー

¥6,000

昭和20年代
幅5cm・奥行10cm・高さ2.9cm

小さなブリキのオモチャの自動車です。その名も「ラビットカー」。ボンネットに大きなウサギの絵が描いてありますね。運転手は猿ですかね?熊に犬、キリンまで乗っています。素材はすべてブリキ製、車輪もゴムでは無くブリキです。うぶのままなので、表面には錆びが見えますが、へこみや欠損もなく、塗装も大きなハゲも有りません。


 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7013

鈴木健司作 萌線紋花瓶(共布・共箱)

¥6,000

現代作
口径7.8cm(内径3.8cm)・胴径12cm・高さ25.5cm

鈴木健司さんは1935年京都府で生まれた陶芸家です。美術大学を卒業し、6代清水六兵衛に陶芸を学び、後に7代清水六兵衛にも学びました。日展など様々な展覧会に出品しており、個展でも作品を発表しています。薪窯から電気窯への移行の先駆けとして有名で、チタン・マグネシウム、コバルトなどの新しい科学釉を使って銀彩赤絵による優雅な色絵を展開していきました。
本作品もその箱書きのとおり、柔らかな翠や茶がえも云われぬ色彩を生み出しています。まさに若草が萌出る風情ですね。スマートな美しい花瓶ですね。


 



猪口のページにも掲載しております
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7004

京焼 輪線紋煎茶碗

¥6,000/ 5客セット

明治時代
口径7cm・高さ5cm

白い白い器面の藍一ッ色で引かれた輪線が、あっさりとしていて、いかにもお茶を味わうのに持ってこいの煎茶碗ですね。向うが透けてみえそうな程の薄造り、お茶の翠がさぞ映えることでしょう。出来はおそらく京焼、高台内の銘があるのですが、当方浅学故読めません。しかし、良い造りの煎茶碗です。
1客のみ、高台内側に近い箇所に極小難ございます。大きな画像にてご確認くださいませ。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7003

モールの煎茶盆(紙の共箱)

¥3,500

昭和戦前
25cm×16.8cm×0.8cm

唐銅の煎茶盆です。このような金属製品をモールと呼びますね。モールとは、織物のモールと表面の模様が似ているところから呼ばれるといいます。本来、モールとは印度のムガール国で作られた織物で、モールはムガールの転訛であるとされているて茶道具では合金の表面に鎚や鏨で文様を叩き出したり、彫り出したものを毛織と呼んでいます。このお品も細かな織物のような模様がみられ、経年の銅の味とともに美しいのです。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6979

四天王寺古木 百萬塔 (桐箱入り)

¥8,000

現代作
最大径7.8cm・底径6.3cm・高さ15cm

四天王寺は、推古天皇元年に建立されました。今から1400年以上も前のことです。『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫りもし、この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全ての人々を救済する」と誓願され、勝利の後その誓いを果すために、建立されました。この歴史ある古刹、台風などで被害を受けたりしています。その改修の折に出た、古材を用いて造られた、百萬塔です。胴部は刳り貫かれ、中には梵字の経典が収められています。材質は欅、経年の木の暴れで、亀裂がありますが、美しいスタイルの百萬塔です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6944

竹村秋峰絵入り 二見が浦文台(箱入り)

¥12,000

昭和壬申(昭和7年)・桐材
幅49cm・奥行35cm・高さ10cm(最大11cm)

竹村秋峰は日本画家で明治15年愛媛県生れ。本名、清治。別号は狸々軒・樵月。名古屋に移り、画をはじめ渡辺秋谿に学び、のち菊池芳文に師事し、後、文展で活躍した。大阪に住。
当地の高名な俳人に小室洗心という方がいて、この方は当地の俳人の元締めのような人でした。秋峰画伯とも懇意で、洗心宗匠出版の本にも画伯の絵が多く使われています。そのように丹後に縁のある秋峰画伯は、宗匠の文台開きに請われて「二見が浦」を描いたのでしょう。古雅な桐の文台です。







 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6906

備前 鮫肌釉茶入

¥12,000

幕末~明治時代
口径6cm(内径.6cm)・胴径12cm・全体高さ11cm
内蓋径5.1cm・外蓋径8cm

細かな粒々の器肌が面白い雰囲気です。まさに鮫肌、ぷっくりと丸いフォルムも見ていて可愛いです、小型の茶いれですね、つまみの付いた中蓋がついております。器面は艶よく明るい茶色が美しいですね。あまり見かけない備前の珍品だと思います。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6895

高橋凌雲作 朱班銅製 一輪生(共箱)

¥28,000

大正時代
口径2.1cm・胴径7.5cm・高さ23.5cm

すらりとした鶴首のスマートな一輪差しです。群雲のような斑紋が見られる胴部は時を経た銅の味わいが無類で見事です。作行き、あがりも良いさすが鋳造の名手高橋凌雲の作品ですね。箱に旧蔵者の書き入れがあり。胴部の「利」の文字は黒澤利重という人の自筆を写したとありますが、当方浅学ゆえ判りません。銀行関係にこの方のお名前を見るので、その方なのかもわかりませんね。味わいに良い銅器の逸品です。
口縁に軽微な凹みがございます。大きな画像にてご確認くださいませ。





 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6894

色絵銅 寿老人置物

¥38,000

明治時代
幅11cm・奥行9cm・高さ27cm

銅器に色を施した、所謂「色絵銅」と呼ばれる製品は江戸時代からあるようです。明治に入ってから盛んに作られたみたいで、このお品も江戸から明治にかけての作品でしょう。銅器に色を付けるのは煮色仕上げなどといわれる方法を使うみたいであります。この寿老さんも顔や衣、さらに衣に描かれた唐草模様など、色が残っています。それらが時の経過で渋くなった様は非常に味わい深い。珍しい色絵銅の寿老の置物です。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6856

土人形 招き猫

¥8,000

江戸後期
幅2.2cm・奥行2cm・高さ4.5cm

人気の招き猫ですが、これは古い手。江戸の土人形の招き猫です。経年の時の流れでかなり剥落が進んでいますが、首の赤い首輪の色は残っており、その色使いがとても巧みでありますね。猫の表情もまだかすかに窺がえ、非常に可愛く面白い。高さ4,5cmほどの大きさも、置物としても可愛いのです。江戸時代のこの手の小さなものは少なく貴重です。珍品の招き猫なのです


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6855

銅製 水盤

売切れ

明治時代
幅44.3cm・最大幅52.5cm・奥行28cm(最大29.2cm)・高さ13cm

見事な鶴や鯉のレリーフが圧巻の水盤です。厚造りの銅器、その偉容はまさに重量級で他を圧倒します。獏のような持ち手も見事で明治の金工の技の冴えを充分に窺がえる見事な逸品ですね。踏ん張った四足も見事な出来、古格あふれる、時を経た胴の味わいが堪えられない、素晴らしいお品であります。


  




    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6817

老松図宣徳火鉢

¥28,000

大正時代
直径35cm・最大径40cm・高さ22cm

上品な小振りの宣徳火鉢です。細かな縮緬皺のような地模様が美しいですね。それに、よく枝を張った太い松の幹がレリーフで描かれていて美術的にも優れた意匠となっています。明治、大正の時代の金工の腕の確かさが窺がえ、非常に好もしい火鉢となっています。花を模した三足もがっしりとしていて、且つ美しいデザインにしあげられています。持ち手の獅子頭も重厚、良く出来た宣徳火鉢です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6783

新渡 渡船図小蓋物 (合せ箱)

¥8,000

清朝後期
5cm×5cm×高さ3cm

新渡の小さな蓋物です。大河を往く船を描いてあります。船を漕ぐ魯を持つ人は韃靼人のようで面白いですね。各所にふりものが見られ、これも味わいですか。可愛い柄がついているのですが、折れているのは残念です。何の用のものかは定かではありませんが、朱肉入れかもしれませんね。方型の味のあるお品です。

難がございます。大きな画像にてご確認くださいませ。

 


↑山水・寅・卯はこちらから↑



↑巳・未・申はこちらから↑



↑酉・戌・亥はこちらから↑


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6768

和気亀亭造 干支盃と盃台セット

¥1,500/ 寅-B・大正15年(=昭和元年)
¥3,500/ 巳・昭和4年(2)
¥3,500/ 申・昭和7年(2)
¥3,500/ 戌・昭和9年
¥2,500/ 亥・昭和10年

売切れ/ 山水・大正12年
売切れ/ 寅-A・大正15年(=昭和元年)
売切れ/ 卯・大正16年(=昭和2年)
売切れ/巳昭和4年1セット
売切れ/ 未・昭和6年
売切れ/ 酉・昭和8年

※現在、巳年は2、申年は2、
寅年-Bは1、戌年は1、
亥年は1の在庫です※

和気亀亭:代々、亀亭と号し8代続いた京焼の名門。染付を主に焼成。初代は寛延元(1748)年五条坂上の音羽町に開窯した亀屋平兵衛家の流れを引く。三代平兵衛の時に亀亭を号したが,その子の早世により家督は備前出身の和気平吉が継承し二代亀亭となる。以後は和気家が亀亭の名を受け継いだ。繊細な薄造り、精緻な細筆による絵付け、いかにも京の雅を感じさせる逸品ですね。盃など、持つ指が透き通るかのようです。美しいお品、是非ご自分の干支などありましたら、お揃えください。

※他にも干支盃ございます。
NO.6142 
清風与平造 干支戌 盃(共箱)

 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6766

專仏

¥8,000

時代不詳(江戸?)
幅2.6cm×縦4cm×厚み(最大)0.5cm

小さな專仏です。このようなものを扱うのは初めてですので、よくわからないのですが、三体のお姿がみえるので、三尊專仏なのでしょうか。造りは泥仏のようなせっ器です。小さいものですが、小ホツはあるものの、割れ欠けヒビは無く良い状態です。ホコリのこびりついたウブのままの状態です。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6744

加藤釥作 小壷(共箱)

¥6,000

現代作
口径3.3cm・胴径9.5cm・高さ13.3cm

加藤釥:昭和2年生まれ、平成13年没 74 歳。 愛知県瀬戸市西窯町で、陶芸家の第二十代加藤丈助の長男として生まれ、瀬戸窯業学校を卒業。後、東京工業大学専門部窯業科を卒業して瀬戸に帰ると、「窯屋」の跡取りにも係らず、陶芸作家を目指し、茶陶を主な作品として作陶しました。
瀬戸の名工、加藤さんの手になる美しいフォルムを持つ「小壷」です。白釉からベージュ、さらに濃い茶色に変化する釉薬のグラデーションが美しいのです。金彩で付けられた揚羽蝶紋も豪華ですね。小壷ですが花活けでしょうね。どんな花も似合いそうな、素敵な小品です。

  
 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6735

桂阿彌作 祝儀の登城(共箱)

¥6,000

昭和戦前
幅13cm・奥行10cm・高さ25.5cm

侍の博多人形ですね。当方、浅学ゆえ故実は判らないのですが、タイトルは「祝儀の登城」となっています。当時の、その道の大家である江馬務と吉川観方が監修しています。人形じたい鼻に少スレや衣服の時代痛みはみられますが、先ずは美しい良い状態です。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6725

煙硝入れ

¥10,000

江戸時代
本体径7cm・厚み2cm・全長10.3cm

火縄銃に入れる火薬を入れて持ち歩くための煙硝入れですね。胴体と蓋、そして詰めの部分にあ三分割されます。胴は桐材を用いてあり、軽く持ち運びが出来るように作られています。蓋と詰めは丈夫なよう、桑で出来ていますね。使用された本歌なので、桐のどうには擦れなど見られ、蓋には、小欠け見られるも。骨製の蓋を止めるストッパーが残っているのが嬉しいですね。


   
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6665

大島嘉楽造 贈従三位荷田宿禰 
          羽倉東丸大人之像(共箱)

¥38,000

大正時代
幅23cm・奥行14cm・高さ22cm

荷田東丸(かだのあずまままろ):本居宣長らと共に四大国学者の一人。寛文9年(1669)伏見稲荷大社の社家・羽倉家に生まれる。幼少より家学である神道・歌道を学び、さらに独学で広く古典・国史を研究した。本名は羽倉信盛、通称は斎宮。羽倉家は雄略天皇の後裔(末裔)で荷田宿禰を称し、代々御殿預職を務める家柄。

学問の神様で知られる東丸神社(あずままろじんじゃ)。伏見稲荷の一角に祀られています。その御祭神が「荷田東丸(春満)大人」(かだのあずままろのうし)です。これがその御姿。この神社は、明治16年(1883)、東丸(春満)に正四位が贈られたのを記念し、明治23年(1890)に創設。昭和になって現本殿に改造営されています。また従三位は大正8年(1919)に贈られており、それを記念し、京都伏見の人形屋で知られる大島嘉楽の手によるものです。学問を修めた方の神々しい穏やかな表情がいいですね。膝のあたりに僅かに表面が汚れたような経年の時代感はありますが、傷などもなく状態良好です。

 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6659

京焼 橿原道場奉献式記念の陶板

¥8,000

昭和15年
直径18.3cm・厚み1.5cm(最大3cm)

橿原道場は、明治23年に創建された橿原神宮においては、大正12年に大軌橿原線が敷設されることで、畝傍町長と奈良県の積極的な働きかけにより、紀元2600年記念事業が誘致されることとなり、大規模な境域拡張と、周辺空間の整備が図られることとなり、境域の拡張は、13年に畝傍都市計画が決定され、街路事業と土地区画整理が実施されるとともに、奈良県奉祝会により外苑の橿原道場も整備されました。そうしてこの道場が完成した時の記念の陶板が本作です。堂本印象の描いた図案を、京焼の名手宇野三吾が作陶しており気品溢れる作品に仕上がっています。飴釉の渋い輝きが、見事なまでの神々しさでありますね。

状態良好ですが、1か所だけ極小釉はぜありますので大きな画像にてご確認くださいませ。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6585

加藤 靖山造 鉢 片口形蕨画(共箱)

¥8,000

現代作
直径約19cm・高さ10.6cm

加藤 靖山:昭和3年 古田織部・瀬戸十作 十三代治兵衛の家に生まれる。昭和23年 国立陶磁器試験所釉薬科卒。現代京焼の名工、靖山さんの手になる片口です。萩のような面持ちですが、鉄釉の蕨の絵付けの妙は京焼ですね。洗練された都の優美をそこはかとなく感じさせる逸品ですね。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6575

大日本整珉鋳 神獣図水盤

¥58,000

文政年製
幅38.5cm・最大幅43.5cm・奥行24.8cm
高さ12.8cm・最大高さ15.5cm

時代を経た銅の味わいが渋くて、美しいですね。縁から胴部にかけて細かな模様が見事です。窓絵に描かれた「龍」「神亀」「鳳凰」「麒麟」も良く描かれていて立派です。持ち手も無垢でどっしりとしていて、重厚感に溢れていますね。底には「大日本文政年整珉鋳」の名款が入っております。四足の造りも凝っていて、良く出来た水盤ですね。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。


 


↑NO.6337-A



↑NO.6337-B


   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6337

備前焼 徳利

¥3,000/ A (葛尾作)
¥3,000/ B 

明治時代
A:口径2.7cm・胴径6.5cm・高さ16.7cm
B:口径2.7cm・胴径6.3cm・高さ16.7cm

こちらも備前の徳利です。薄く引き上げた轆轤の技が光ります。胴部に施された輪線模様が美しい装飾になっています。この二種は同じような造りですが、微妙に形が違います。作行きはどちらも塗り土手、器面に出た窯変の見どころです。Aは片面艶よく、下部には火襷ようの模様が見えます。Bは青備前のような青い窯変がいいですね。その他は非常に艶の良い、照りが美しく出ています。いずれも良い出来の美しい備前の徳利です。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6336

備前六姓窯元 桃蹊堂製 徳利

¥6,000/ 2本セット

明治時代
口径3cm・胴径6.5cm・高さ14.5cm

備前の徳利の対のセットです。竹の節を模した口の造り、胴にはへら彫りで鋭い線が彫り込まれています。これも竹の葉のイメージなのでしょう。肌理の細かい備前の濾し土の焼き上がりが美しいですね。経年の時の経過が、良い渋い輝きを放っています。スマートな備前の徳利ですね。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6306

京焼 原平造 染付京洛図盃

¥10,000

幕末
口径8.4cm・高さ3.3cm

原平も京焼きでは良く見かける陶工ですね。この盃の絵付けはちょっと南画風、漢詩はこの風景を書いたのでしょうか、遠くに峰を望む青垣の里の趣きが感じられ、いかにも文人の好む情緒ですね。高台廻りの面取りも好もしい、京焼きらしい、古雅な染付け盃です。


 


( )内の数字は5枚セットの在庫数です

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6211

平安瑞光作 染付け山水紋小皿

¥7,500/ 5枚セット(2)

大正時代
直径14cm・立上り高さ3.2cm

染付けで山水紋を描いた美しい小皿です。京焼きのお品なので、伊万里や瀬戸と違い、趣が少々異なりますね。南画のように枯れた風趣を感じさせてもくれますね。縁反りの器形も上手で優雅です。繊細な京の雅を感じさせてくれる美しい上がりの非常に良い染付け小皿ですね。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6189

備前 カラス天狗のお面

¥6,000/ A
¥6,000/ B

昭和戦前
横幅約8.6cm・縦約11.3cm・奥行約9.5cm

面白い備前焼ですね。造りはまさにお面ですね裏側の両サイドに紐を通す穴があることから伺いしれます。鋭くとがったくちばしは鷹か鷲のようでもありますが、この鋭い眼をみると、どうもカラス天狗を連想してしまうのであります。あまり類品を見ない備前の珍品であります。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6170

新開寛山造 鐡黒 花瓶 (共布・共箱)

¥12,000

現代作
口径6.7cm(内径5.6cm)・胴径13cm・高さ23cm

京焼の名工、新開寛山さんの手になる優美な花瓶ですね。漆黒の鉄黒の深い色が美しいですね。京焼きの伝統を受け継ぐなかで、今の時代に映えるモダンな作風はまさに名手の手だれの技ですね。ゆったりとしたカーブが美しいまさに都振りを感じさせる良いお品ですね。
 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6142

清風与平造 干支戌 盃(共箱)

¥8,000

昭和戦前
口径4.9cm・高さ2.7cm

こちらも、四代清風与平さんの手になる可愛い盃です。竹林で遊ぶ可愛い仔犬が繊細且つ、手馴れた筆致で描かれています。いかのも京焼らしい清楚な出来栄えですね。小さな本当に可愛い盃ですが、踏ん張った凛とした高台の造りはさすが名工の技ですね。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6108

緑釉 桃仙人像

¥28,000

江戸時代
幅(最大)20.5cm・奥行(最大)17cm・高さ41.5cm

この淡い緑釉と喝釉の二彩のような色調は源内焼のようですね。恐らく四国はは香川県の焼き物、「瞬民焼」では無いかと推測しております(銘款が入っていないため)。しかしこの精緻な造りの表情、とくに目や口は名工の手になる素晴らしい出来栄えですね。体高41cm余り、ずっしりとしていて立派です。それに加え、軟陶らしい柔らかさも感じられ、まこと良い雰囲気でありますね。とても味わい深い、面白い陶器の仙人像ですね。
状態は大きな画像をご確認くださいませ。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6062

皿谷膳左衛門造 聖徳太子南無仏御像(共箱)
四天王寺 出口常順筆 識語入り

¥20,000

昭和戦前
最大幅10.8cm・奥行10cm・高さ37cm

熊野焼は広島は福山市の焼物です。古代からあった熊野焼を戦前、皿谷膳左衛門さんが再興しました。その名手の手になる聖徳太子幼少の御像です。「聖徳太子会」の印譜が箱の蓋に押されていますが、箱の裏の識語は出口常順師の揮毫であるので、これは大阪の四天王寺の太子会のことですね。柔和なお顔の本当のに良い出来の御像です。

*小難ありますので、大きな画像でご確認ください。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6059

香取正彦造 ブロンズ・トレイ(共箱)

¥12,000

昭和29年
長径12.2cm・短径8cm・立上り高さ1.5cm・全体高さ5cm

金工の名手、香取正彦さんの手によるブロンズのトレイです。香取さんの共箱なのですが、「タイトル」が書き入れて無いので、どういうものなのかは判りませんが、木爪の形のお皿に尖塔のようなピンが付いております。このお皿の裏に和歌が刻んであり、昭和29年に長谷川泰助という方が記念碑を建てられた記念に配られたもののようです。さすが金工の名人の練達の手業、上品な良いデザインのトレイですね。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6028

京焼 本多左平造 染付西京名所図平茶碗

¥16,000/ 2点セット

幕末
北野神社:直径13.3cm・高さ5.4cm
背較石:直径13.3cm・高さ5.2cm

いかにも京焼きらしい繊細な絵付けが好もしい平茶碗です。左平の造、幕末あたりの京焼きの名手ですね。嬉しいことのこの茶碗の図柄は京都の名所を描いてあります。曰く「西京名所」北野神社、天神さんで有名な神社ですね。もう1つはこれも「西京名所」として背競石、弁慶がその背を比べた石らしいのです。いずれも藍の色が美しい京焼きの逸品ですね。

1点のみ甘手です。大きな画像にてご確認くださいませ。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5944

京焼 松斎作 京組重(共箱)

¥48,000

明治時代
16.8cm×16.8cm×高さ18.7cm

松斎窯はいまも続く京焼きの老舗のようです。このお品は恐らく松斎窯を明治初年に開いた安田松斎の作品でしょう。柔らかな磁貫に被われた京焼きらしい肌合いが美しく渋い。古雅な草花の絵付けも侘びと雅を典雅に表現しておりますね。上2段の底部は七宝繋ぎ模様に切られて成型してあり、さすが陶彫の名手の名に恥じぬ面白い造りとなっております。銀化して虹の見える緑釉の輝きもうつくしい。これからお正月、お茶会のお菓子の入れ物として役立つ、京焼の逸品ですね。なお松斎の作品は海外にも渡っておるそうです。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5917

米ロンソン 卓上オイルライター

¥6,000

昭和2~30年代
7.7cm×4.7cm×高さ6cm

アメリカパテントのロンソンの卓上オイルライターです。ロンソンお馴染みの独特のこのスタイル、クラシックな美しさに溢れていますね。素材が恐らく銅かアンチンでしょう。それに銀メッキが施されています。いまはところどころ剥げてはいますが、それがアンティークとして良い味わいになっています。台座の貼ってあったと思われるフェルトは剥がれていますが、薄いフェルトを貼って頂くといいとおもいます。オイルと石は入っていないので、お手当てして下さい。


 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5874

オリンピック・パズル・リング

¥8,000

昭和戦前
紙箱サイズ:15.8cm×3.6cm×3.5cm
(ケースに本体がぴったり収まります)

2020年の東京オリンピックが決定しましたが、前回の東京オリンピックに先立つ昭和15年にも東京開催が決定していたのですが戦争のため中止になりました。いわゆる幻の東京オリンピックですね。恐らくこれは、その当時のオリンピック開催に協賛して発売された玩具ではないでしょうか?知恵の輪というのがなんともレトロで時代を反映しておりますな。面白いお品です。


 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5842

因幡錠

¥12,000

幕末~明治時代
幅16cm×10cm×厚み5cm

大きな鉄製の錠前です。このタイプは主に山陰地方で作れれたようで、その方面から「因幡」錠と呼ばれておるようです。鉄製なので結構持ち重りがしますね。幅も16cmもあるので存在感は充分です。ただし錠前の一部に直しがあるのと、鍵が紛失しておるので、錠前は開きません。しかしオブジェとしての鉄の古民芸としては非常な魅力が感じられます。

直しあります。大きな画像にてご確認くださいませ。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5780

萬古焼 本居宣長像(共箱)

¥12,000

昭和戦前
幅12.5cm・奥行9.5cm・高さ14.5cm

本居宣長は江戸時代の国学者、文献学者、そして医者でもありました。「古事記」の解読で有名であります。その宣長さん、先生は伊勢松坂のお生まれであります。それで、これも伊勢の名陶「万古焼」にてそのお姿を再現しました。万古焼の特徴である無釉の彫像、陶器ですが衣の襞の柔らかさも上手に表現してありますね。この彫像は有名な先生の「六十一歳自画自賛」肖像画を模しておるようですね。衣の後ろに少そげあるも良い出来の尊像です。


 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5759

新開寛山作 「巳のなる宝」(共箱)

¥8,000

現代作
直径(胴径)13cm・高さ15.5cm

京焼の名手、新開寬山さんの手になる宝珠のオブジェです。「巳」を陽刻で表わし艶消しの白釉が厚く掛けられた瀟洒な造りです。おもったよりは厚造りになっておるのか結構持ち重りがします。蛇は家の守護神、ために徳に神秘的な
白蛇をイメージして白釉で造形されておるようです。美しい形の名工の手になる置き物ですね。







 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5328

野球選手の図文鎮

¥5,000

昭和初期
5cm×6.3cm×0.3cm(最大0.5cm)

面白い図柄の文鎮ですね。野球の選手がレリーフで描かれています。しかしこのレトロな風俗はたまらなくノスタルジー。いかにもこの選手の着ているユニフォームは戦前の格好ですね。これもある意味アール・デコの範疇か?
うぶのままの面白いお品です。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4988

鈴木青々作 清風字文花瓶

¥8,000

現代作
口径6.7cm・胴径7.5cm・高さ20cm

瀬戸の陶芸家、鈴木清々さんの手になる、美しい花瓶です。鉄釉の流し掛けが美しい窯変を見せていますね。胴に彫りこんである「清風」の文字は他の人によるもののようですが釉薬が被り不詳です。スマートな流線型、名手の手になる美しい花活けです。





 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4729

瀬戸色絵帽子掛け

¥10,000/6個セット

明治時代
幅3~3.8cm・取付け時の奥行き4~4.5cm
取付ネジの長さ1~1.2cm

面白い意匠の器具ですね。材質は磁器製、首の後ろにはネジが埋め込んであります。おそらくこれは帽子掛けか、額や写真を鴨居に架けるフックだと思います。恵比寿さん、大黒さん、乳母どれも面白い顔ですね。生活雑貨としてのアイデア商品。現代では珍品の磁器小物ですね。
一部に小難ございますので、大きな画像にてご確認下さいませ。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4648



¥28,000

明治時代
幅49.5cm・奥行き32cm・高さ12cm

おそらく、檜の厚板、古材を用いて造られた卓です。側面は根来様の朱漆が厚く塗られていて、すがたも仏教で用いる卓のかたちなので、多分仏具と思います。その分古雅な味わい魅力を感じさせますね。見立てによっては、縁の下の力持ち、引き立て役として充分に威力を発揮する、頼もしい味方となる事でしょう。


 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4608

瓦焼 兎と金太郎図花活け

¥12,000

明治時代
口径9.7cm(内径7.7cm)・胴径13cm・高さ21cm

珍しい瓦焼の花活けです。
胴部には楔模様の地肌に、マサカリと金太郎、それにマサカリと金太郎に戯れる可愛い兎が二羽、レリーフで描かれています。
来年は兎年、新年の花活けにはいいですね。
底には「松武」の陶印があります。おそらく播州の出来ではないでしょうか。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4607

利休翁像(桐材) 在銘

¥18,000

明治時代
幅12.5cm・奥行き12.5cm・高さ21.5cm

おそらく桐の材を使い、一木にて彫られた利休翁の彫像です。時代を経た桐の素材がえもいわれぬ良い艶と味わいを醸し出しています。鉈彫りのような衣の模様、合わせめの柔らかさがよく表現されていますね。在銘で作物とおもいますが作者は判りません。しかし顔と胴のバランスも非常に良い、良く彫られた利休翁像です。


 
お薦め!


ご注文はA・Cのご指定をお忘れなく

印判のページにも掲載しております

 
   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4507

瀬戸 陽刻人力車の図水滴

¥10,000/A
売切れ/B
¥10,000/C

明治時代
8cm×6cm×2.7cm(3点全てほぼ同サイズ)

文明開化の華、人力車をモチーフにした少し大きめの染付け水滴です。電信柱をバックに中央に人力車、向って右に車夫といった構図ですね。それが白磁の中央部分に陽刻で描かれております。人気の文明開化物、しかも人気の人力車。コレクターズ・アイテムとしても見逃せませんね。


 


↑NO.4406-A


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4406

ブリキの小皿

¥4,500/A-5枚セット
  売切れ/B-9枚セット

明治~大正時代
A:縦10.2cm×横10.4cm×立上り高さ1cm
B:8.5cm×7.2cm×0.8cm

ブリキという素材は古くから用いられていて、色々なものが作られています。これは小皿、型押しでお皿の窪みを成型してあります。それにエナメル様の塗料で中国風景を描いてありますね。オリエンタル・ムード溢れる楽しい品、Bのほうは無地です。ブリキの工芸品を知る好資料です。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4238

ブリキのモーター・ボート

¥9,000

昭和30年代
全長31cm・幅11cm・本体高さ11cm・最大高さ13cm

人気のブリキのおもちゃです。勿論、国産品。モーター・ボート「プリンセス号」です。後部のハンドルを回すと(少々、噛みあわせ悪し)スクリューが回ります。舳先に少しペコあるものの塗装も良く残り、錆も少なく、まずまずの状態でしょう。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4028

中禅寺湖風景の鏡

¥5,000

昭和初期
8.2cm×5.3cm×厚み0.9cm

ガラスの板を張り合わせ、片方は鏡、片方は絵葉書風の写真。当時の中禅寺湖の観光土産ですね。少々、セピア色になった写真の風景が大変レトロですね。状態もよく残った珍品です。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.3252

おもちゃのアームストロング砲

¥9,000

明治~大正時代。
台座部分13.5cm×7cm・最長26cm・高さ11.5cm。

アームストロング砲(と、私は思うのですが)の玩具です。恐らく日露戦争の旅順攻撃に使われた巨大大砲をモデルにしているのでしょう。木製で引き金の部分はブリキで作られています。実際、引き金は引けますが、上手いこと留まりません。また、底はレールの様なものが付いているのでもう少し部品があったのかもしれませんが、現物はこれだけです。恐らく戦前の子供はこれで、二○三高地ごっこをして遊んだのでしょうね。少し面白い昔のおもちゃです。


**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

①商品番号・商品名(必要な場合は個数)
②お名前・ご住所・電話番号
③配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
④お支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
⑤質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772-22-2421または0772-22-7167
または090-5964-2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772-22-7167(午後10時まで)へどうぞ。