いろんなもの

表示価格は税込み価格です。
写真をクリックするとお品の詳細をご覧いただけます。


・・・・・・・・・・・

NO.8613
厨子入り 神像
売切れ

江戸時代
厨子:最大幅4.3cm・最大奥行3cm・高さ5.4cm
本体:幅2.4cm・高さ2.3cm

極小の厨子入り神像です。烏帽子をかぶった、そのお姿は天神様でしょうか、御像の大きさは2,3cmほどの大きさですが、衣は金彩で描かれ、台座の彫刻も花模様が彫りこまれていて見事な造りになっております。お品はうぶのまま、ほこりを被っていますが、そのままでの出品です。




・・・・・・・・・・

NO.8612
南蛮粽 花入れ(保護箱あり)
¥16,000

16世紀
口径4.5cm(内径3.3cm)・胴径9.5cm・高さ18cm

古来より褐色をした焼締陶器を、茶人の間では南蛮と総称します。 その中で粽と呼ばれるものは口を鐔状に薄く作り、胴を膨らませて苞のような形をした瓶のことを指します。 産地はベトナムを始めとする東南アジア産とする可能性が高いようです。本品の粽花入は通常のものよりすっと細めで、すっきりとした雰囲気をを持っています。 自立はしますが、傾いておりそれほど安定は良くありません。胴部にはゴマのような窯変も見られ、古雅な雰囲気です。




・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8611
一六造 橋立焼 句入り獅子香炉
¥8,000

大正時代
口径6cm・蓋径7cm・胴径10.5cm・最大径11.5cm・高さ8.5cm

一六は、大正時代に与謝郡岩滝町で「橋立焼」と銘打って、楽焼を製作して天橋立で販売していました。本品も、そのお品です。ぷっくりとした獅子の造形が可愛いですね。飴釉が施釉してあり、非常に渋い。胴には、橋立の句が釘彫りしてあり、面白いのです。橋立は知恵の文殊、文殊さんを乗せる獅子は天の橋立にぴったりです。未使用の状態の良い珍品です。




・・・・・・・・・・

NO.8610
刀装 縁金 二種
¥5,000|2点セット

江戸時代
瓢箪柄:3.7cm×2.2cm×1cm
貝柄:3.9cm×2.1cm×0.9cm

「縁金」は、柄の中でも鍔に接するように取り付ける金具のことで、柄頭が柄糸の巻き終わりに施す金具であるのに対し、縁金は柄糸を巻き始めた部分を覆い隠す金具です。お品は赤銅製で、一つは瓢箪、もう一つは貝尽くし。瓢箪は鍍金、貝のほうは金象嵌で、どちらも良い仕事です。




・・・・・・・・・・

NO.8608
村上直行造 青銅 猪(共箱)
¥3,500

現代作
14.5cm×6.5cm×高さ6.5cm

京都在住の日展作家、村上直行さんの、ブロンズの猪です。猪の剽軽だけどキリリとした表情が可愛いですね。この方は鍍金作家なので、胴部の斑紋などはお手の物でしょう。小型ですが、ずっしりと重く、さすが青銅製ですね。




・・・・・・・・・・

NO.8606
瀬戸 椿手大徳利
¥10,000

江戸時代
口径7cm・胴径19cm・高さ22.5cm

重なり合った色味が奥深い景色となる、魅力的な椿手鉄釉の一種である柿釉を地釉として、木灰釉や藁灰釉を溜らし込んだ景色を持つ瀬戸焼です。 椿手の語源については種々あり、確かなことはわかっていないそうです。本品もなだれをうったような、美しい窯変が魅力敵ですね。底部が非常にどっしりとした、船徳利のかたちをした大徳利です。窯で焼けひずみ、一寸首を傾げた処も面白い。口縁に直しがあります、詳細画面でご確認下さい。




・・・・・・・・・・

NO.8605
京焼 釉裏彩盃二種
売切れ|2点セット

幕末~明治時代
原平:口径6.5cm・高さ2.7cm
寅蔵:口径6.1cm・高さ3cm

珍しい釉裏紅を使った、京焼の盃をご紹介いたします。源平の方は、青海波を呉須で描き、桜を釉裏紅で描いて、川面に浮かぶ桜の花を描いております。寅蔵の方は、鳳凰を釉裏彩、雲を呉須とシンメトリーに描き美しい。京焼の釉裏彩は数が少なく貴重ですね。京焼らしい、古雅な味わいが堪えられない美しいお品です。




・・・・・・・・・・

NO.8599
京焼 鉄絵念珠紋菓子鉢
¥8,000

明治時代
19×18cm・対角径21cm・胴径21cm・高さ10.8cm

京焼の渋い菓子鉢ですね。ベージュの長石釉に、流麗に描かれた鉄絵の念珠が見事ですね。作者は、浅学故いまいち判りかねるのですが、「明治庚戌(明治43年)」とあるので、時代は十分のある、良い造りの面白い雰囲気のある京焼菓子鉢です。




・・・・・・・・・・

NO.8598
平安春峰造 番茶器(共箱)
¥8,000

昭和30年代
急須:口径10cm・蓋径10.5cm・胴径13.5cm・最大径15.2cm・高さ14cm
茶碗:口径9.2cm・高さ5cm

京焼の名手、井上春峰さんの手になる、見事な番茶器セットです。美しい、京焼らしい筆致の画が、美しい清涼な呉須で描かれ華麗です。素晴らしく薄造りの茶碗も、急須と同じく漢詩と草花が描かれ美しいのです、茶道具としては、モダンなデザイン、コーヒーや紅茶のカップとしても活躍しそうですね。急須の口に大変軽微な極小難ございます。詳細画像にてご確認くださいませ。




・・・・・・・・・・


NO.8591
器平造 京焼染付盃
売切れ|A
売切れ|B


幕末
A:口径6.7cm・高さ3.9cm
B:口径9.7cm・高さ3.5cm

幕末の京焼の名手、器平さんの染付盃2種です。この方の特徴である。手捻りの造形が味わい深いのです。小型の盃は、大津絵から題材を取っているのでしょうか、花魁、鬼、琵琶法師、武士など洒脱な絵付けが面白いのです。大型の方は、南画風の山水が見事に描かれ、裏絵の松竹梅も京焼風でグッド!味わい深い京焼の逸品です。




・・・・・・・・・・

NO.8590
色絵 蕪図小盃 (合せ箱)
¥8,000

江戸後期(文政三年)
口径5cm・高さ1.8cm

翠の葉と白い蕪の身が美しく描かれた、古雅な趣の小盃です。小品ですが、薄く手捻りで造られた盃は絵付けと共に見事な出来ですね。器面の裏には”文政三年”とあり、竹翁人造と銘が入り、極小の陶印も見られるのですが、釉がかぶり判読できませんでした。しかし、年号も入り、出来も良いので面白いお品であると思います。




・・・・・・・・・・

NO.8585
村上直行造 青銅 猿(共箱)
売切れ

現代作
7cm×6.5cm×高さ7.3cm

京都在住の日展作家、村上直行さんの、ブロンズの猿です。猿の剽軽な表情が可愛いですんね。この方は鍍金作家なので、胴部の斑紋などはお手の物でしょう。小型ですが、ずっしりと重く、さすが青銅製ですね。




・・・・・・・・・・

NO.8584
南京 赤絵皿(合箱)
売切れ

清朝
直径14.8cm・立上り高さ3cm

南京赤絵の南京とは、中国を意味する言葉として使われており、中国・明末の赤絵のことを言いますが、狭義では天啓赤絵・色絵祥瑞らと区別して使われることが多い様です。その意味で南京赤絵は、明末に景徳鎮で作られた五彩のことを指し、施文には染付を用いずに主として赤・緑・黄を使い 華麗な意匠のものが多です。
本品も赤、緑、紫などの釉薬を使い、唐草の文様が描かれております。器面には虹も出ており、古格を感じさせる色絵皿です。




・・・・・・・・・・

NO.8582
日蓮宗  円形曼荼羅  板御本尊
¥12,000

明治時代
直径38cm・厚み1.8cm

ウィキペディアによると日蓮書写の曼荼羅本尊については、文字曼荼羅・十界曼荼羅・御本尊などと呼んでいるが、日蓮正宗ではそれらすべては伝本門戒壇之大御本尊を根元として、木の幹が戒壇本尊ならば他は枝葉のようなものであるとしている。 本尊の特徴は中央に「南無妙法蓮華経」の題目と宗祖の名「日蓮」および判形が独特な筆さばきで縦書きされている。 その四隅に四天王が書かれ、南無妙法蓮華経の左右に仏提婆達多に至るまで、十界の衆生を代表する名前が首題を取り囲むという構造になっており、事の一念三千を文字によって顕している。 これは弘安頃の本尊から徐々に形が完成し、弘安三年頃に安定した形となっている。
とあります。このお品は、欅の厚板に墨書きで、中央に「南無妙法蓮華経」が描かれております。この様な板本尊は日蓮宗独特のもののようで、珍品と思われます。




・・・・・・・・・・

NO.8581
木彫 日蓮上人座像
売切れ

昭和戦前
幅10cm×奥行7cm×高さ11.5cm

日蓮上人のご尊像です。小さな木彫ですが、鑿あとも鋭く精緻に彫られております。衣には金彩が施してあったようで、かすかにその跡がみて取れます。素材は白檀でしょうか?ほんのりと良い香りがいたします。杓は失われていますが、経年の時の経過で良い味わいに変化したご尊像です。




・・・・・・・・・・

NO.8580
三浦竹軒造 徳利(共箱)
¥6,000

現代作
徳利:口径2.9cm・胴径9cm・高さ14.8cm
盃:口径5.8cm・高さ3.9cm

二代 三浦竹軒:初代三浦竹軒の長男として生まれる。幼少の頃より弟(後の三浦飛白)と共に父に陶芸を学び、赤絵、染付、金襴手など初代竹軒の技術を継承。 長年にわたり三浦篤の名義で煎茶用道具、抹茶器、花瓶、香炉などを制作。1990年に父が没したのに伴い二代竹軒を継承。
京焼の名手、三浦竹軒さんの手になる大振りの徳利ですね。灰釉の柔らかなベージュは美しい京焼ですね。鉄絵の巴紋は「忠臣蔵」、大石が一力茶屋で豪遊した事が絵付けの素材です。染付の盃には”一力”と入りお洒落な面持ちです。徳利は花生けにもいいですね。




・・・・・・・・・・

NO.8555
古天明作 天目一文字釜(時代識箱)
売切れ

室町時代
口径(内径)9cm・蓋径9.5cm・胴径15cm・最大径17cm・全体高さ25cm

天命釜とは、下野国佐野庄天命で作られた茶湯釜の総称です。天命釜は、天明、天猫とも書きます。
このお品は、いわゆる鉄瓶ですが手取り釜ともいいますね。天明の荒肌という粗野な味わいは、芦屋の絹肌と比較しても力強い味わいを見せております。胴に輪線を入れて優雅に仕立てられております。ただ残念なことに、下部に小穴御座います。鋳掛が出来るならば、非常にお買い得となります。




・・・・・・・・・・

NO.8553
陶製 地蔵菩薩尊像
¥8,000

江戸期?
6cm×5.5cm×10cm

陶製の塑像、地蔵菩薩さまです。蓮の台座にお座りになられ、錫杖を持つ、その柔和なご尊顔は神々しいですね。鉄釉でしょうか、柿渋でしょうか、渋い艶が時代を経た仏像らしい。裏面には文字が彫られ「牧氏」とあるので、祈願の為、地蔵尊を造り、奉納したものでしょう。このような、小型の塑像は後世に残りません。珍品の仏像ですね。




・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8551
雲林院寶山造 皐月鶴年鉄絵菓子皿
¥8,000

大正時代
直径22.3cm・立上り高さ2cm

京焼らしい古雅な造りの中皿です。淡いベージュの長石釉に洒脱な鉄絵の画賛が洒落ています。皿の造形は寶山、京焼の名手ですね。その寶山のお皿に皐月鶴年の巧な絵付けが風趣を添えております。鶴年は富岡鐵斎の弟子なので、その鐵斎張りの筆致は見事ですね。京焼の見事な合作の菓子皿です。




・・・・・・・・・・

NO.8537
風鎮 各種 (箱なし)
¥6,000|A 北山杉
売切れ|B 翡翠
¥6,000|C 水晶

現代作
A:4.3cm×4.3cm×5.6cm・全長27cm
B:3.5cm×3.5cm×4cm・全長27cm
C:3.3cm×3.3cm×5cm・全長27cm

風鎮とは、掛軸を掛けて飾る時に、掛軸の一番下の両端にぶら下げる飾りの事を言います。 この風鎮には、「飾りとしての役割」と、「重りとしての役割」があります。素材や色目、各種色々なものがありますが、Aは北山杉を使い、やや大き目のサイズです。Bは翡翠、翠のマーブル模様が綺麗です。Ⅽは水晶、透明感が美しいですね。いずれも箱はございません。お値頃でご奉仕させていただきます。




・・・・・・・・・・

NO.8535
石包丁
売切れ

弥生時代
14.8cm×4.5cm×0.8cm

石包丁とは、弥生時代、農耕に使われた道具です。石片のアールの部分をナイフの刃のように削り、これで稲の穂を切るのに使ったようです。胴部に穴が二個あるのは紐を通したものです。石の材質は、当方浅学故、分かりかねますが、赤みがかった硬質の石材です。古代丹後王国の出土品、珍品ですね。




・・・・・・・・・・

NO.8533
養老酒 瓢型徳利(箱付)
売切れ|2本セット

昭和初期
最大径11cm・高さ19cm

陶製の瓢型徳利です。まさに瓢箪のような茶色の釉薬が掛けられて、まるで古瓢のような趣です。胴には「養老酒」「洋犬会」と「玉水堂製」の文字が見られ、犬の品評会の賞品でしょうか。口はコルクに金属の詰がついております。軟陶ですが、傷の無いのが嬉しいですね。珍品の瓢徳利です。




・・・・・・・・・・

NO.8532
平安春峯造 染付漢詩紋菓子鉢
¥3,500

現代作
直径18.3cm・高さ8.8cm

白い器面に清楚な蒼い呉須の色が美しい、染付の中鉢です。おそらく菓子鉢でしょうね。外に開いた縁ぞりのフォルムが美しいのです。意匠も人物山水に漢詩紋と京焼の雅が見て取れます。薄つくりの上手な鉢、品の良い、美しいフォルムの菓子鉢です。




・・・・・・・・・・

NO.8531
晴華造 染付花唐草中皿
¥4,500

昭和戦前
直径25cm・立上り高さ6cm

美しい器形が良いですね。三分の一高台、外に開いた口縁、浅鉢の器形は、その厚つくりで、非常に存在感があります。醒めた呉須で、墨弾きの技法を用い描かれた花唐草がシックで美しいのです。やわらかい磁貫に覆われた肌合いはしっとりとしていて美しい。




・・・・・・・・・・

NO.8529
平安鳳子造 窯変釉帆舩置物 (共箱)
売切れ

昭和20年代
23cm×8.5cm×高さ22cm

鳳子さんは清水焼の名手で、人形など細工物がお得意です。本作も帆掛け船がリアルに作られています。錨には綱が付き、舵は船の外に繋がっています。色彩も和船にふさわしく、帆は灰釉のベージュ、船は鉄釉の茶と渋い色彩で覆われています。実に見事な陶芸の手練れの技です。



・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8527
華中亭 道八造 磁未之画茶鍾(共箱)
売切れ|5客セット

明治時代
口径7.1cm・高さ3.8cm

京焼の名手、華中亭道八の手になる煎茶碗です。高台の大きな力強い、その姿は小さな煎茶碗といえど、大きな存在感があります。綺麗な楷書で書かれた漢詩紋も、非常に整っていて美しいですね。鉄絵で描かれた未も上品で良いアクセントになっています。上手な良いつくりの京焼煎茶碗ですね。




・・・・・・・・・・

NO.8526
新渡 青花花鳥紋煎茶碗(合箱)
売切れ|5客セット

清朝
口径5.5cm・高さ3cm

極上のお茶を味わうための極小サイズの煎茶碗です。清朝後期のお品で、フォルムが非常に美しい。図柄も、梢に止まる鳥が可愛く描かれ清楚で気品があります。見込みの花の絵も美しい。みごとな煎茶器です。




・・・・・・・・・・

NO.8525
真清水 蔵六造 三島手茶注(共箱)
売切れ

明治時代
口径3.6cm・蓋径4.3cm・胴径7cm・最大径10cm・高さ6.3cm

初代清水太三郎が13歳の頃、叔父の和気亀亭に陶法を学び五条坂に開窯。名を蔵六と改め、さらに妙法院宮から「真」の一字を賜り「真清水蔵六」と号したのが初めとされる。色絵、金襴手、青磁、などの技法を用いて主に抹茶器煎茶器を製作。印には玄々斎宗室から賜った「宗缶印」「保寿」「百寿」「真清水蔵六」「蔵六」の印を使用した。
良い出来の急須ですね。白土で象嵌された花模様が淡いグリーンの灰釉に映え、美しいですね。底の印は「百壽」でしょう。古雅な逸品です。把手に窯傷ようのものが見られるので、お買い得で!




・・・・・・・・・・

NO.8524
大島嘉楽造 急須
売切れ

昭和初期
口径(内径)約9.7cm・蓋径13.2cm・胴径13.2cm・最大径18.5cm・高さ10.4cm

大島嘉楽は伏見の人形師として知られておりますが、大正、昭和初年の頃、当地丹後に住み、作陶に励みました。文人墨客と深く交流して、茶陶も製作しております。そんな作品がこれ、焼き締めですが、内側が灰釉で施釉された、面白い急須です。いかにも京都人らしい、心憎い作行きの急須です。




・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.8522
大峰造  銅製鷺紋大型香炉
売切れ

現代作
口径(内径)10.4cm・蓋径11cm・胴径14cm・最大径16cm・高さ29cm

高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受けています。
その高岡銅器の名工大峰さんの大香炉です。水辺に佇む鷺の造形は見事ですね。床の間に置いてあったもので、埃はかぶってますが、未使用の状態の良いお品です。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8521
宣徳年製銘 花鳥紋大型壺(台付)
¥78,000

清朝
花瓶:口径15.5cm・胴径20.5cm・底径16cm・高さ46cm
台:21cm×21cm(対角径24cm・内径16.5cm)×4cm

今、大人気の中国七宝の大花瓶です。中国らしいスカイブルーの青が美しいですね。細かな描線の花鳥図や唐草など、細工の良さはピカ1です。時代を経た、醒めた風合いも古格を感じさせます。状態も良いのが嬉しいですね。唐木の台は共のものではありませんが、元々この台に置いてあったので、お付けします。




・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.8514
松竹梅紋 梨地の刀掛け
¥28,000

明治時代
幅43cm・奥行17.5cm・高さ37cm

総梨地の刀掛けです。経年の時の流れで、渋くなった風合いが非常に古雅な感じに変化しており美しいのです。竹の蒔絵も勢いがあり、刀を置く道具としては、雰囲気はよく合い抜群ですね。砂子の霞も幻想的。状態も良く、非常に良い作行きの刀掛けです。




・・・・・・・・・・・

NO.8505 アンチン製 タバコ・セット(桐箱)
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・

NO.8504 瀬戸 色絵オキュパイド・ジャパン中鉢
こちらのお品は「ガラス・ノリタケなど」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・

NO.8488
周山造 布袋図鉄銚子
¥4,500|一対

昭和20年代
口径6.7cm・蓋径7.3cm・最大径16.2cm・高さ16cm

小型の鉄銚子です。椀なりのスマートな形が美しいですね。胴部には布袋さんが袋にもたれた姿が陽刻されていて面白い図柄になっています。よく見ると、布袋さんの向こう側には梅の木があり、遠くには新月のような、お日様のような半円が肩部に陽刻されています。布袋さんが縁側でくつろいでいるような穏やかな図柄がいいですね。蓋、つると共に鉄製です。蓋のつまみも良い形ですね。錆も出ておらず、良い状態の鉄製銚子ですね。




・・・・・・・・・・・・

NO.8487
鞆 保命酒徳利
¥3,500

大正時代
口径2.8cm・胴径10cm・高さ18.3cm

この窯は江戸末期の元治2年(1865年)に保命酒屋の中村家が、保命酒を入れる徳利などを作らせる為に作らせた窯です。 最初は徳利などを作っていましたが、その後、中村家の衰退と共にたこ壺や鉢などの素焼きも焼いていましたが、昭和初期には廃れました。この保命酒徳利は布袋さんの貼り付けで、どっしりとした厚造りです。首の廻りには胡麻も出ていて、見所となっています。




・・・・・・・・・・・・

NO.8482
西村左近宗春造 享保十一年年号入 鉦鼓
¥89,000

江戸中期
鉦鼓:直径31cm・奥行8cm
槌:長さ31.8cm・幅13.5cm
全体:幅49cm・奥行28.5cm・高さ53.5cm

立派な、松材で組まれた台に、これも巨大な鉦鼓が付けられています。”享保十一年丙午二月十五日”の年号の入った鉦鼓の作者は西村左近宗春の作で、 「京大佛住 西村左近宗春作」と書いてあり、京都の大仏殿(今の東山七条)あたりに住んでいた鋳物師です。西村左近宗春は江戸中期から後期にかけて活躍した名匠です。本品ウブのままなので、鉦鼓を吊るした紐、槌、台ともに総てオリジナルと思われます。台には虫が入っていますが、まだまだしっかりとしています。この大きな鉦鼓の威容は、まさに存在感抜群、鉦も澄んだ非常に良い音がします。珍品の仏教美術ですね。




・・・・・・・・・・・・

NO.8479
松本伊兵衛造 薩摩國谷山正錫 茶托(共箱)
¥8,000

昭和戦前
長径11cm・短径6.6cm・高さ2.3cm

薩摩錫器は、江戸時代に郊外で錫鉱山が発見されたことから作られたのが始まりとされていて当時、金銀とならぶ価値の高い金属であった錫は、薩摩藩の大きな財源となり、高級品として扱われていました。そのなかでも有名なのが、「谷山正錫」。ずっしりとした厚造り、艶消しのシックな造りはモダンですね。フォルムも美しく、良い出来の錫茶托です。




・・・・・・・・・・・・

NO.8459
平安 緑釉小壺
売切れ

奈良時代
口径7.5cm(内径6.3cm)・胴径14cm・高さ12cm・蓋径8.8cm・全体高さ13.5cm

緑釉陶器とは、光沢のある緑色のガラス化した釉薬が表面にほどこされた陶器です。奈良三彩から引き続く技術を用いて、平安時代に焼かれていました。 この緑釉陶器に用いられる釉薬は、鉛を基本としたものです。まずは、焼き物の本体である素地を一度、窯で焼成します。その後に、鉛を主成分とする釉薬を表面に塗って、再度焼成したものようです。本品は発掘品で、かせてはいますが、表面には緑釉が残り、艶のある部分もございます。大傷ですが、蓋と壺がほぼ完全な姿で残っているのが魅力です。




・・・・・・・・・・・・

※古民具のページにも掲載しております※

NO.8442
金屋五郎三郎造 双耳宣徳火鉢 一対
¥12,000

明治時代
口径25.5cm(内径22.5cm)・最大径34cm・高さ23cm

金谷五良三郎は京都を代表する錺鋳物師です。初代金屋五郎三郎は屋号を「金屋」と称して銅器着色法を工夫し、緋銅色は特に称賛を博して「五良三色」と謳われるようになりました。豊臣秀吉に命ぜられて茶道用火鉢を「五良三郎色」で造ったところ、大いに賞美を受けて比類ない誉を得ました。以後、家伝の秘術として歴代相伝に受け継がれていきます。8代金屋五良三郎は尾州徳川公の御用達となって寵遇を受け、「五良三」と言えば銅器の別称とさえなりました。
獅子の持ち手が、金工の名手らしい古雅で巧みな造形を見せていますね。力強い三足も良いですね。艶の良い、名手の手になる、金工の逸品です。




・・・・・・・・・

NO.8436
榧製 足付碁盤(碁笥 碁石付き)
¥38,000

現代作
碁盤サイズ:42cm×44.8cm×29.4cm

厚み六寸の足付き碁盤です。碁盤も六寸の厚みがあると、じつに堂々としていて安定感は抜群ですね。置き古し、であまり使用感はありません。足は、少々白くなっていますが、お手入れして下さい。碁石は本蛤と那智黒の碁石で、碁笥は木製(桑)の碁笥が付きます。いずれも重厚感がありますし、お稽古用には持って来いと思います。小焼けありますが、桐の覆いも付いております。

碁盤こちらにもございます(NO.8102-B)


・・・・・・・・・

NO.8427
木彫 神像
¥10,000

江戸時代
幅5.7cm・奥行3.4cm・高さ7.7cm

宝冠をかぶった男神の尊像です。優しいお顔を見ると、童形神でしょうか?永いあいだ、神棚に鎮座ましましておられたのか、煤や灯明がこびりつき、いい雰囲気ですね。右手には、おそらく剣を持っておられたのでしょうか、左手は失われていますが、これも、おそらく巻物を持たれていたのだとおもいます。衣服には朱も残り、往時の彩色が伺えます。高さ8cm弱の小神像ですが、珍品の木彫神像です。五合升がありましたので、合せてみたら祠のようで、良い味わいになりました。




・・・・・・・・・・・

NO.8407
大日本永楽製 金彩捻紋三重盃と盃台 (合箱)
¥6,000

明治時代
小:直径6.3cm・高さ2.2cm
中:直径7.5cm・高さ2.7cm
大:直径8.3cm・高さ3cm
盃台:直径10.3cm

金泥で描かれた捻じり紋が美しい三重盃です。盃は端反り朝顔型で、口縁は盃台ともに細かい輪花に作られ、裏絵には、雲間を飛ぶ鳳凰が、手慣れた筆致染付で細かく描かれています。さすが京焼ですね、造形には繊細で気品あふれる造りとなって織ります。。盃、盃台とも高台内には「大日本永楽造」の染付銘が見られます。少盃に、金直しがありますが、良い直しがしてあるので気になりません。




・・・・・・・・・・・


NO.8400
新渡染付 巻物の筆架
¥10,000

清朝
13.5cm×2.5cm×高さ3.3cm

おそらく新渡の染付と思われるのですが、巻物の形が面白い、筆架です。上がりの良い呉須の色が白い器面に映え美しいですね。これを紫檀の台座に嵌め込んであるという面白い造りになっています。巻物は磁器の無垢なので、ずっしりとしていて、小品なれど存在感は充分ですね。作りといい、デザインといい、この古雅な面白さは、文房四宝にふさわしい貫禄を感じます。



・・・・・・・・・・・

NO.8390
太一刻印の伊勢神宮の土師器 (合せ箱)
売切れ|写真の4点セット

時代不詳
最小:(写真奥)直径7.7cm・高さ2.6cm
最大:(写真手前)直径10cm・高さ3.4cm

十六弁の菊花の陽刻の中央に「太一」と陰刻してある素焼きのかわらけです。この太一は伊勢神宮の特別な祭祀に用いられる標章ですね。そして、裏には「うに」と読める小判型の陶印がみられ、これは伊勢地方の有爾郷(うにごう)で造られたものと推測されます。そしてこれらは6世紀から8世紀あたりまで造られていて伊勢神宮に収められていたようですね。お品はおそらく発掘品のようですが、状態の良いお品です。




・・・・・・・・・・


NO.8364
二六焼 楼閣紋極小徳利
¥6,000|2点セット

明治時代
口径約2cm・胴径4.5cm・高さ6.3cm

二六焼は四国の焼き物でロクロを使わず、竹べらを絵筆のように駆使し、緻密な細工で知られております。楼閣、 万年青、沢蟹、亀などの動植物を、あるがままに再現するところに特色があり、胴部に彫られた彫刻は精緻で見事です。この徳利は6cmほどの徳利で、おそらく利き徳利でしょうが、その胴部に彫られた細工は細かく良く出来ております。褐釉も二六らしい。ただし両方とも削げありますので、大きい画面でご確認下さい。



・・・・・・・・・・


NO.8363
鉄刀木 木硯
¥8,000

大正時代
9cm×11cm×3.5cm

小振りの可愛い木硯です。台の上に硯が乗り、その上に蓋が付きます。硯は台に固定されているので動かず、墨を摺ることができます。鑿痕を残した装飾と、台、硯、蓋のサイドには輪線模様が彫り込まれ、木工品としては、良い意匠の木硯です。材は鉄刀木としました、硬い木材で、綺麗な木目もみえるので鉄刀木と思います。時代を経た木の味も良い珍品の木工品ですね。




・・・・・・・・・・

NO.8362
楽我造 寿老人像
¥6,000

明治時代
幅17cm・奥行14cm・高さ29.5cm

大振りの陶器製の寿老人です。お顔の大きい三頭身が、見ていて微笑ましい。陶器に彩色してあり、時の流れで、その彩色が褪めて良い味わいになっていますね。耳の大きな福耳が良いのです。楽我の陶印が底部に見られますが、当方浅学な為、判明いたしません。しかし、雰囲気は古雅で良い出来の寿老人像です。




・・・・・・・・・・

NO.8346 深見東洲著 「深見東洲画集」(識語署名 絵入り)
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・・

NO.8341
須恵器
売切れ

平安時代
口径約10cm・胴径10.5cm・高さ約12cm

須恵器は古墳時代中期から奈良・平安時代にかけて、日本でさかんに作られました。ロクロを用いて形を作り、丘陵の斜面などを利用した窯を使って1000℃以上で堅く焼きしめて作ります。窯を高温にし、空気の供給を少なくして焼くため、色は灰色や青灰色で、形には壺・甕・鉢・高坏などのほかに提瓶やはぞうがあります。このお品は胴部に穴が見られるので”はぞう”という須恵器ですね。白い自然釉が綺麗で風趣を添えています。胴部には大傷ありますので、大きな画像でご確認下さい。



・・・・・・・・・・・

NO.8332
山茶窯造 孔雀紋釉 墨汁壺
¥12,000

昭和戦前
幅16.5cm・奥行10cm・高さ8.5cm

小森忍:明治22年、大阪生まれ、明治44年に京都市立陶磁器試験場に入り、陶磁工業技術の基礎的研究に従事するとともに中国古陶磁、特に釉薬に関する研究を熱心に行いました。大正6年には、南満州鉄道株式会社中央試験所(中国・大連)の窯業課研究部主任に抜擢され、京都時代から行ってきた中国古陶磁の研究に没頭していきます。同10年には、同試験工場の一部を借用して「小森陶磁器研究所」を創設し、景徳鎮など中国各地の窯場を日本人として初めて本格的に調査しています。以降、愛知県瀬戸市の小森陶磁器研究所(山茶窯)を開窯。
独特のシックな色合いを見せているインク壺ですね。蓋のつまみのうさぎは、この人独特のフォルムです。インク壺には少傷み在りますので、大きな画像でご確認下さい。



・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8330 大楠公六百年祭記念牌(紙箱付)
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・・
お薦め!


NO.8321
晴雲山 宇野仁松造 帯留め薔薇(共箱)
¥4,500

昭和戦前
5.8cm×5.2cm×1.6cm

宇野 仁松:元治2年年10月 陶芸作家・和田宗平の長男として京都に生まれる。幼少の頃から家業の手伝いをする中で自然と陶業の道に入る。その後、陶芸作家・三代清風与平に師事。21歳で五条坂に店を構え独立後も中国の辰砂釉やトルコのマット釉を用いた技法の研究を続けた。明治18年頃から輸出貿易に着目し、欧米など世界各国に販路を広め京都における陶芸の近代化への礎を築いた。
仁松さん、お得意の辰砂釉、発色の良い赤が美しいですね。ほとんど未使用の帯留め。薔薇という洋を和の京焼と結び付けた仁松さんならではの可愛い意匠の帯留めです。




・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8316
軍隊盃 8種10客
¥10,000

昭和初期
サイズは詳細画像にてご確認ください

軍隊盃」は昭和10年代ごろまでに出回っていたもので、兵隊さんが無事故郷に帰ってきたときに報告と感謝を込めて配ったもの。所属していた部隊名や自分の名前を書き入れるのが一般的に多いです。これらも多くは所属部隊などが書かれています。この中でも、中国の地図が描かれた盃は珍品ですね。地図入りはあまり見かけません。そして野砲兵の3重盃も立派で、珍品ですね。




・・・・・・・・・・・

NO.8300
竹製 筆頭
¥6,000

昭和戦前
口径14~14.5cm(内径11.3~11.8cm)・底径14~15cm・高さ14cm

太い竹を使った、大型の筆頭です。外側には「達磨」「おもと」、霜雪で始まる歌が彫られています。硬い竹に、これだけのものを彫り込むのは手間がかかった事でしょうね。とくに歌は、間違えずに彫り込んである処は感心です。竹も良い色合いに枯れて、雰囲気良くなっていますね。




・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8291 羽下 修三作 ブロンズ「鮎」(共箱)
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・

NO.8269
常滑 自然釉船徳利
¥12,000

江戸後期
口径4cm(内径2cm)・胴径15.5cm・高さ24.5cm

すらりと伸びた頸が美しい、常滑の徳利です。頸から
胴にかけての灰かぶりの窯変が素晴らしく、見事な景色となっております。大きさも24cmと、常滑としては、手ごろな大きさが嬉しいですね。夏はこれに冷酒を入れてパーティなんて非常にお洒落です。薄つくりの、良い出来の常滑船徳利です。



・・・・・・・・・・・

NO.8242
象嵌入り 銅製薄端
¥6,000

昭和戦前
口径8.1cm・最大径30cm・全体高さ25.5cm

薄端とは、薄手の金属製の花器で、瓶  形などの胴の上に皿形の広口を付けたものです。広口の部分と胴は取り外しできるようになっていて、お目出度い晴れの日などに、花を生ける器です。本品も面取りの胴のアールが美しい曲線を見せて良い雰囲気です。銀の象嵌も美しく、上品で豪華ですね。経年の時の流れで銅の味わいも好もしい、良い造りの薄端ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8241
藤澤 伸一作 木彫彩色 「鶴」(共箱)
¥4,500

現代作
18cm×9cm×高さ8.2cm

京都の木彫作家の藤澤伸一氏の作品「鶴」ですね。桐材でしょうか、柔らかな木材にうずくまる鶴が彫られ、彩色で顔や尾羽が描かれています。底部には「伸一の銘が彫られてあります。厳しく、りりしい鶴の顔は気品がありますね。良い出来の鶴の置物です。



・・・・・・・・・・・

NO.8238
火縄銃の煙硝入れ
¥6,000

江戸時代
直径7.3cm・最大径10cm・厚み2cm

煙硝入れというのは武士が火縄銃の火薬を入れるための入れ物で、むかしからいろんなデザイン、意匠があって愉しいものです。これは、胴体はおそらく桐、蓋は樫、火薬を注ぐ筒の被せは骨という造りになっております。家紋は紙が貼ってあり、赤い塗料が塗られています。状態はまずまず、吊るし紐はありませんが、面白いお品ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8236 ファウンテンペン 3種
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・

NO.8235
萩焼 南瓜蓋物
¥28,000

江戸後期
口径1.7cm・胴径10.3cm・高さ6cm

白い透明感のある、長石釉の輝きが美しいですね。リアルな南瓜の造形が面白い。器体の内部は中空になっており、蔕が蓋になっております。蔕の穴が小さいので、茶入れでもないようです。水滴にしても穴が小さい。使途不明ですが、何かの容器には違い在りません。傷もなく良く残りました。オブジェとしても面白い、珍品の蓋物です。



・・・・・・・・・・・

NO.8221
端渓硯
¥120,000

清朝
硯:15.2cm×24cm×2.3cm
箱:17.8cm×26.8cm×5.3cm

端渓石で作った硯 です 。少々、紫がかった深い色目が美しい硯です。墨堂には美しい氷紋と呼ばれる斑文 があり、眼も見られます。 端渓硯は墨のおりもよく、古来珍重されております。本品は26cmもある大型の硯で、鼎のような形を模してあります。象の形を彫り込んだ耳も古雅ですね。外箱にきっちりと収まっています。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8208-A
五世三浦竹泉造 寿盃(共箱、共布)
¥8,000

お薦め!

NO.8208-B
五世三浦竹泉造 寿盃(共箱、共布)
¥8,000

現代作
A:口径5.4cm・高さ4.3cm
B:口径5.3cm・高さ4.3cm

代々続く三浦竹泉家、五世は当代ですね。Aは染付で、剽軽な羊の絵が見事な細筆で描かれて居ます。Bは樹木でいろいろな色が使われ美しいですね。いづれも美しいフォルムの薄造りの盃で、やはり名手の手練れです。お品はほとんど未使用、綺麗なお品です。



・・・・・・・・・・

NO.8207
京焼 染付梅紋片口
¥6,000

明治時代
口径12cm・最大径12.4cm・高さ7.3cm

手捻り風のフォルムが古雅で美しい染付の片口です。おそらく、これは煎茶のこぼしとおもわれるのですが面白い意匠ですね。 内と外に、いかにも京焼らしい呉須絵で梅が描かれ美しいですね。底には「六一」の釘彫りがあるので、六兵衛の作かも知れません。面白い意匠の片口小鉢です。



・・・・・・・・・・・


NO.8203 日本海軍 剣帯
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・

NO.8197
縞模様の江戸トンボ
¥12,000

江戸時代
径1.6cm・高さ1.5cm

江戸時代末期に日本で作られた希少なとんぼ玉です。薄紫の母胎に流れるような縞紋様が施されていて、まるで木星のようですね。日本独特の意匠を持つガラスの逸品です。 江戸時代に作られたものは鉛を多く含むため、見た目のわりにずっしりとした感触があります。小当たりありますが、まずは状態の良いトンボ玉です。



・・・・・・・・・・・

NO.8190
備前 人形徳利
¥4,500

明治時代
口径3.5cm(内径1.4cm)・胴径10cm・高さ19cm

備前の製品の1典型に、この大黒さんなどを張り付けた、人形徳利とか臍徳利と呼ばれる製品があります。 これもその1つで、小型の人形徳利ですね。細身でスマートな形がうつくしい。備前らしい、黄ゴマが肩口に見られ、魅力的ですね。 3方を窪ませた、阿古陀の形も美しい備前の徳利です。



・・・・・・・・・・・

NO.8189
銅製 茶托(合箱)
¥6,000

大正時代
直径10.8cm(見込み径4.7cm)・立上り1.8cm

厚造りのずっしりとした銅製の茶托です。時を経た銅器の味わいが無類ですね。縁反りの姿も美しい良い茶托です。底部に入っている刻印は「丹州時報社」というのは戦前舞鶴で発行されていた新聞社です。その会社の10周年の記念品ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8185
緑釉 賢人図鉢(合せ箱入り)
¥8,000

清朝
直径18.5cm・高さ9cm

おそらく中国の民窯で作られたものと思うのですが浅学のためしかとは判りません。どっしりとした厚造りの中鉢に印刻で中国の賢人が描かれています。文字が書いてあり、1つは「孔子」と読めるので、おそらく各々の名前が書かれておるのでしょう。見込みには「尚」の字。尚(しょう)には、神に祈るという意味があるらしいです。厚く掛けられた緑釉の輝きが美しい、面白い意匠の緑釉鉢です。



・・・・・・・・・・・

NO.8174
紫山 篠笛 獅子田 藤両巻 六穴(袋付)
¥4,500

現代作
直径2cm・長さ40.5cm

お祭りやお囃子に使う篠笛で、日本の伝統的な木管楽器です。竹笛とも呼ばれていて、本体は竹製。両端は藤が巻いてあります。六穴で内部は朱塗りとなっています。緞子の綺麗な袋に収められています。未使用品ではありませんが、練習用には最適です。



・・・・・・・・・・・

NO.8158
備前 輪線紋徳利
¥6,000

明治時代
口径4.2cm(内径2.5cm)・胴径17cm・高さ22.5cm

轆轤目で輪線模様を付けた胴部が良い雰囲気の備前の徳利です。中型の徳利ですが、ずっしりとしていて存在感は抜群です。良く焼けたのでしょう、少し首が焼けひずみ、まるで首をかしげているように見えるのがご愛敬。底には「大日本伊部陶」の陶印と”分銅”の陶印が押してあるのが嬉しいですね。



・・・・・・・・・・・・

NO.8146
須恵器
¥8,000

弥生時代
直径13~14cm・立上り高さ2.5~4.8cm

古代丹後王国の出土品です。焼き締められた、グレーの素地が魅力的です。このお品は良く焼けていて、翠の自然釉も出ており、荒々しいひっつきなど、見どころがありますね。素朴ですが、古代の息吹を感じさせる、面白い一品ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8142
京焼染付 花鳥紋蓋物
¥12,000

幕末~明治時代
茶碗径18・5cm・高さ8.3cm・蓋径16.8cm・全体高さ12cm

高台裏に「京洛 巽文春製」の銘艦が入っており、京焼と判ります。京焼らしい繊細な細かな絵付けが美しい大きな蓋付の鉢です。手ごろで扱い易い大きさ、恐らく菓子鉢なんでしょう。こんもりとした姿も可愛くいい出来の鉢ですね。唐子や花鳥など楽しい絵付けを御堪能ください。



・・・・・・・・・・・

NO.8140
越前古壺
売切れ

室町時代
口径12.5cm(内径9.7cm)・胴径28cm・高さ34cm

胴の膨らんだ非常に姿の良い、越前古窯の中壺です。固く焼きしまっていて、その厚造りの威容は、ずっしりと重いのです。素文の壺ですが、肩口は灰かぶり、そこから、ほのかに見える赤い緋色が美しいのです。口縁の太い玉縁も力強く、くっきりと付けられた「十」の窯印も古い越前を表しており、実に古格に溢れていて嬉しいですね。2本ニューが入っているので、格安でご奉仕いいたします。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8121
備前 句入り角徳利

¥16,000

江戸後期
口径4.3cm・幅8cm・対角径11.3cm・高さ20.5cm

備前の少し大きめの角徳利です。時代を経た良い色艶がが美しいですね。火襷の窯変も綺麗に出ていて魅力的なのです。この手の徳利の文様は、松、梅、蘭などの植物模様が彫り込まれているものが多いのですが、本品は”蛙”しかも、「古池や蛙飛込む水の音」なる俳句が彫り込まれ、なんとも微笑ましい珍品となっております。古池のほとりにたたずむ蛙の剽軽な表情も、非常に面白い。あまり類例を見ない、面白い備前の角徳利です。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.8102-B
将棋盤
¥4,500|B(保護用蓋付き)

時代不詳
B:30.7cm×33.6cm×21.1cm
(蓋をして33.4cm×36.2cm×21.8cm)

B:おそらく新かやと思います。古いものではありませんが、その分綺麗ですね。厚み7寸、どうどうとした将棋盤です。四つ足も付き、品格がありますね。こんなのを出して来て一戦交えるなんて将棋好きの方には良いと思いますよ。存分にお楽しみ下さい!



・・・・・・・・・・・

NO.8088
瑚山造 楽焼如意 筆架 墨台(共箱)
¥10,000

明治時代
長さ17.3cm・幅5.3cm・高さ2cm

柔らかな軟陶の味わいが好もしい古雅な筆架です。磁貫に覆われた風合いも良いですね。如意を見事に模してあり、飾紐の造形など非常に精作です。灰釉にも虹が出ていて、時代を感じさせます。まさに文房四宝というに相応しい、良い出来の筆架墨台であります。



・・・・・・・・・・・

NO.8085
近藤功次作 ぐい呑み(共箱)
¥3,500

現代作
口径6.8cm・高さ4.9cm

近藤巧次:昭和23年、愛知県一宮市生まれの陶芸家。 加藤舜陶氏に師事する。 日本新工芸家連盟会員。 瀬戸陶芸協会会員。
厚く掛けられた灰釉に、柔らかい磁貫が味わい深い、桶型のぐい呑みです。手にすっぽりと収まる大きさも心地よい。木の葉の連続模様が美しい。まさにお酒が美味しくなる、素晴らしい出来のぐい呑みです。



・・・・・・・・・・・

NO.8033 仏頭
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8032
道八作 染付山水紋煎茶碗(合箱)
売切れ|5客セット

明治時代
口径5.8cm・高さ4.4cm

京焼の名手、「道八」さんの手になる煎茶茶碗です。薄造りのその姿は踏ん張った高台とともに美しいですね。京焼独特の南画風の山水画も好感が持てますね。手にしっくりと馴染む大きさなので、酒杯としてもお使いいただけますね。今人気の美しい、京焼煎茶碗です。



・・・・・・・・・・・

NO.8025
常滑古壺
¥18,000

江戸期
口径12.5cm(内径9cm)・胴径26cm・高さ30.5cm

菜種の自然釉が綺麗な中壺です。常滑特有のぬーぼーとした雄姿がいいですね。胴部全体に窯変が出ていて見どころとなっています。良く焼しまっていてカンカンと良い音がしますね。どっしりとした、存在感溢れる常滑の古壺です。



・・・・・・・・・・・

NO.8015
瀬戸 鉄釉徳利
¥6,000

明治時代
口径4.2cm(内径3.1cm)・胴径15cm・高さ23cm

艶の良い鉄釉の輝きが美しい、瀬戸の徳利です。砧のような、すらりとしたフォルムも綺麗ですね。肩口には黄ゴマの窯変も見えて風趣を添えます。胴には轆轤で輪線が入れてあり、変化に富んでいます。糸切りの底も、良い造りですね。鄙びた古民芸の味わいが横溢する。美しい徳利です。



・・・・・・・・・・・

NO.8010
古瓢
¥10,000

明治時代
上部径9.5cm・下部径12cm・高さ22.5cm

時の経過により、非常に色艶と共に美しく変化した瓢箪です。上の胴、下の胴ともに、同じ位の寸法なので、スタイルが非常に美しいですね。志賀直哉の小説に「清兵衛と瓢箪」という小説がありましたが、それに登場すろ瓢箪のように、良いスタイルであります。すらっと伸びた口も立派で見事ですね。口には虫が入ってはおりますが、鼈甲の栓が付いております。色、艶、かたちと共に見事で美しい、古瓢の逸品ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.7968
古越前 自然釉大壷
¥160,000

室町時代
口径16cm(内径10cm)・胴径38cm・高さ45cm

堂々たる偉容の大壷です。よく焼き締まり、いい照りの出た地肌に黄ゴマが風趣を添えています。斜めに開いた喇叭口が美しいですね。胴には窯印が、これは「日本の陶磁 越前」には、”おもや”という窯の印として記載されています。所々に緋色の出た景色も見どころですね。口縁の少しのカケだけで現代に残りました。威風堂々の越前古壷であります。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.7962
龍山造 山水紋三重盃
¥5,000|三重盃セット

幕末~明治時代
大盃:直径8.2cm・高さ3.4cm
中盃:直径7.1cm・高さ3cm
小盃:直径6.2cm・高さ2.6cm

いかにも京焼らしい、南画風の絵付けが、美しい呉須によって描かれている三重盃です。一寸手捻り風の器形のしのぎを入れて、お洒落に仕上げてあるのは、京の雅ですね。この盃、京焼には珍しく、金彩が用いられて煌びやかに仕上げてあり豪華です。三重盃というのも珍しくて良いですね。京焼染付け盃の逸品です。
中盃にのみ小難ございます。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.7960 アールヌーヴォー 金魚の鉄製花瓶
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・・


NO.7933 ラスター彩 置き時計型インクスタンド
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7916-A
京焼帯山造 丸紋火入れ
¥5,000|A(2)

お薦め!

NO.7916-B
京焼帯山造 丸紋火入れ
¥8,000|B(1) 

B2個売切れ
( )内の数字は売約・売切れを除く在庫数です

明治時代
A:口径(内寸)8.2cm・胴径12.2cm・高さ10cm
B:口径(内寸)約8.5cm・胴径約12.5cm・高さ約10cm

京焼の名手、帯山造の丸く可愛い火入れです。磁貫に被われた柔らかなベージュの色合いは、八幡の陶器ですね。丸紋をモチーフにした絵付けは、上品で京の雅を感じさせます。手毬の柄は使用感ありますが、花紋の火入れは未使用、非常に良い状態です。美しい京焼の器、水耕栽培の鉢なんかにお使いいただくと、非常に古雅な面持ちで、上品ですね。



・・・・・・・・・・・・

NO.7879
備前 達磨の伏せ香炉
¥18,000

明治時代
幅18.3cm・奥行19cm・高さ18cm

備前お得意の達磨、良く出来た達磨さんです。太い眉、一文字に結んだ唇、厳しい達磨さんの表情を活写してありますね。眉や鋭い目など細かく表現してあり、丁寧な造りは好感が持てますね。顔の下に穴が開けられているので、これは伏せ香炉ですね。塗り土の艶も良く、時の経過で落ち着いた良い味わいとなっています。どっしりとした厚つくり、良い味わいの備前の伏せ香炉です。



・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7866
瀬戸 鉄釉水注
¥12,000

江戸後期
口径(内寸)4.3cm・胴径11cm・最大径17cm
高さ13.7cm・蓋径5.8cm・全体高さ14.4cm

艶の良い、鉄釉の輝きが美しい瀬戸の水注です。手捻りらしい、注ぎ口と取っ手が味わい深いですね。この水注は、どうもお歯黒の容として使われていたようで、内部には鉄漿がこびり付いております。しかし、そのため屋内で使用されていたので、器の状態は非常に良いのですね。(蓋には小難ございますので、大きな画像にてご確認くださいませ。)造形も面白く、古民芸としては、奮い付きたいほどの味わいを持っていますね。



・・・・・・・・・・・

NO.7865
越前 灰釉壷
¥8,000

江戸後期
口径16.5cm(内径13cm)・胴径19cm・高さ22cm

淡いグリーン色の灰釉の輝きが美しい越前の古壷です。口縁の立ち上がりが、少しばかり高く、ほんとうに”壷”という形の壷です。大きさも高さ22cmの小壷ですので、サイズも非常に可愛い。所々の出た卯の斑の窯変も風趣を添えます。これも越前壷の一典型です。良く焼き締まった灰釉の美しい越前の古壷ですね。



・・・・・・・・・・・・

NO.7840 贈 中曽根康弘 青銅器壷(桐箱入り)
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・・

NO.7839
山本孤山作 斑紫銅花器(合箱)
¥8,000

昭和戦前
口径6cm(内径5cm)・胴径16cm・高さ10cm

狐山さん:師は岡崎雪声で、皇居前の「楠木正成像」 制作で有名な人です。その方の弟子で金工の名手です。この花器も斑紋のある、渋い風合いを見事に表現しておりますね。扁平なフォルムは、アール・デコを感じます。シックななかに、モダンさもある、銅器の逸品ですね。



・・・・・・・・・・・・

NO.7799
会津本郷焼 青釉掛け大徳利
¥12,000

幕末~明治時代
口径5.5cm(内径3.5cm)・胴径23cm・高さ36cm

津本郷焼の起源は1593年と古く、この地を治めていた蒲生氏郷氏が呼び寄せた瓦工に屋根瓦を作らせたことから始まります。その後、江戸時代会津藩主の保科正之氏が瀬戸の水野源左衛門、長兵衛の兄弟を招き、本郷の地で良質の土をみつけ開窯、会津本郷焼の陶器が誕生しました。この大徳利も灰釉地に、美しい青釉が流し掛けられていて、美しい景色を造り出しています。良く焼けて、肩には釉はぜがみられますが、それも面白い。高さ36cmもある大徳利、その存在感は余りありますね。



・・・・・・・・・・・

NO.7772
布袋貼付け 鞆徳利
¥18,000

明治時代
口径4.8cm(内径3.2cm)・胴径19cm・高さ28.5cm

広島県鞆の浦の名産に保命酒があります。保命酒はもち米、麹米、焼酎に薬味を混ぜて作った薬酒。 滋養供給に良いので江戸時代、全国各地で販売されました。この保命酒を入れた容器が鞆焼。さらに備前焼、丹波焼などの徳利もありました。 それが多種多様なので古美術ファンにも人気があります。本品は本家鞆焼、鉄釉と掛け、艶々と輝き美しいですね。肩口には、涙の雫のような白い、玉垂れの窯変が出て変化になっています。胴の膨らんだ大型の徳利で、阿古陀のように凹んだ部分の布袋さんでしょうか、三方に貼り付けてあります。大型で珍品の保命酒徳利です。



・・・・・・・・・・・

NO.7750 象牙のパイプ
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7749
鶴天の緒締め
¥18,000

明治時代
直径2cm

鶴天は鶴頭とも云い、鶴の頭と思われていたのですが、最近はやりのDNAを調べたら、これはどうも”馬”の歯ということになったようです。そういえば、この艶など確かにエナメル質のようですね。しかし、この鮮やかな赤は不思議な色合いです。大きさも2cmと大きく、状態、艶とも非常に良い、鶴天です。



・・・・・・・・・・・


NO.7748
黒柿製 桃の根付
¥28,000

明治時代
4.8cm×3.6cm×3cm

永年の手摺れで、非常に良い艶が出た根付です。材質は、おそらく黒柿とおもいます。柿の黒さが良い具合に模様をつけていますね。一葉の葉っぱを付けたデザインがいいですね。桃の天辺が少し穴がありますが、あまり気にになりませんね。手にずっしりと感じる重さも心地よい、良い根付です。判読出来ませんが、「銘」も入っているのも嬉しいですね。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7747
桐製 蝉の根付
¥10,000

明治時代
4.5cm×2cm×1.4cm

霧の木を材にして造られた、蝉の根付です。おそらく油蝉、頭の黒さや茶色の羽がリアルに作られています。羽の2枚が重なった様子が非常に良い造りですね。模様まで細かく表現してあり堪えられません。裏側も足やくちばしも見事に彫られ良い仕事ですね。見事な出来栄えの良い根付です。



・・・・・・・・・・・

NO.7746
備前焼 黒住教 立教百年大祭記念 盃
¥4,500

大正時代
口径7.5cm・高さ3cm

黒住教とは、備前岡山藩の守護神社である今村宮の神職黒住宗忠が、文化11年の冬至の日、日の出を拝む中に天照大御神の真実体を自得するという、後に「天命直授」といわれる宗教的神秘体験をして立教になった神道教団です。以来、宗忠は「天照らす神の御徳を世の人に残らず早く知らせたきもの」との願いのもと、人々の救済に専念しました。宗忠は嘉永3年に亡くなりました。この盃は文化11年より100年を記念して配布された盃です。岡山なので、無論備前焼。黒住教の御紋が見込みに描かれています。そうすると、これも色備前、珍しい備前焼ということになりますか?



・・・・・・・・・・・

NO.7702-B
備前 煎餅皿
¥2,700|B-3枚セット

明治時代
A売切れ:長径9cm・短径8cm・立上り高さ1cm
B:直径8cm・立上り高さ約1.2cm

備前焼の薄い小皿です。しゃりしゃりと音がして、まるで固焼きの煎餅のような形状から名づけられて、煎餅皿と呼ばれています。型押しで 様々な形があり、漆絵が描かれた物までバラエティに富んだものがあります。Aの方は菱型で、蓮と蟹が陽刻してある面白い図柄です。口縁には緋色も出ていて備前らしい趣となっています。Bは丸型、桜の花が陽刻されています。こちらも口縁に緋色が見え美しいです。備前の一典型、可愛い煎餅皿です。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・

NO.7697 アール・デコ インク・スタンド
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・

NO.7658
伝頓阿作 人麻呂像(時代塗り箱付)
¥450,000

時代不詳
幅18cm・奥行(最大)12cm・高さ16cm

二条為世門の和歌四天王と称された頓阿法師が、鎌倉末期に、和歌三神の一つとして崇められている摂津一の宮住吉大社に、百体あるいは三百体の柿本人麻呂像を彫り奉納したと伝えられている。それらの像は、杉の白木で長さ5寸5分といわれ、その特徴はすべて頭部を差込式として首が抜けるものであるが、現在は京都知恩院蔵ほか全国で数体しか確認されていない。本像はその内の一体と伝えられるもので(書付付属します。)、文明13年に白川直朝・政朝父子が鹿嶋神社の神前で一日一万句の連歌の会を催した際に、万葉集の筆頭歌人である柿本人麻呂の影像を祀ったものとされる。
本像も、衣冠を着けて、左の肘を脇息にかけ、右腕は立てた右足の膝上にのせ、詠吟しているさまをあらわす。杉の一材で彫出する一木造りで、大きさもほぼ5寸5分。杉材を使い、頭部は首枘を彫り差し込んであり、首が抜けるようになっています。像の底部には花押が入っております。顔は、お鼻が、小磨耗しておりますが、古格溢れるお品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7634
備前 達磨像
売切れ

明治時代
幅9cm・奥行8.3cm・高さ10.3cm

備前としては、薄つくりの良く出来た達磨さんです。太い眉、一文字に結んだ唇、厳しい達磨さんの表情を活写してあります。膝に乗せた手も爪まで細かく表現してあり、丁寧な造りは好感が持てますね。目は穴が開けられているので、これは伏せ香炉なのでしょう。塗り土の艶も良く、時の経過で落ち着いた良い味わいとなっています。
衣のすそに、極小欠けあります。大きな画面で、ご確認ください。



・・・・・・・・・・・・

NO.7602
志野風 鉄絵八角大皿
¥6,000

現代作
横42cm・縦42cm・最大径44cm・立上り高さ4cm

志野風の42cmもある、大きな八角大皿です。白い地肌に、鉄絵で、女の人のような絵が描かれていて、トラディッショナルな井桁の模様が口縁に描かれ面白い。これはちょっとしたアブストラクト・アートですね。お品はどっしりとした厚つくりで、その存在感や素晴らしいものがあります。釉薬も厚くかけられて良い出来のお品です。ただ銘鑑などが入っていないため、作者が特定できませんが、現代アートとしては、面白い逸品であると思われます。



・・・・・・・・・・・

NO.7585
中島華鳳筆 蕪村句図桐の大盆
¥4,500

昭和戦前
直径38.9cm・高さ2.5cm

中島華鳳は、明治~昭和初期に京都で活躍した画家です。今尾景年の弟子とも、中島華陽(1812-今尾景年、中島華陽の弟子とも云われていますね。富岡鉄斎の親戚のようで、鉄斎の肖像画を描いたりして居ります。本作は漆絵でしょうか、桐の大盆に絵が盛り上がって描かれています。”夜半翁蕪村句に”の書き出しから賛が書かれ、蕪村の筆致で踊りを踊る人物が描かれており、面白いですね。盆は古色が付いておりますが、(私には読めませんが)賛の字はくっきりとして判読は可能です。



・・・・・・・・・・・

NO.7584
舞子焼 蛸壺花活け
¥6,000

明治~大正時代
口径4.9cm・胴径(最大)6.5cm・底径4.7cm・高さ13cm

おそらく舞子焼と思はれる小壷です。意匠が面白い、良く焼き締められた備前風の胴には蛸や貝が貼り付き、海草風の緑釉が掛けられています。そして「月」の俳句が釘彫りで書かれています。多分、お土産用に作られた器と推測されるのですが、底は糸切り底になっており、造りは丁寧です。おもしろい意匠の花活けです。



・・・・・・・・・・

NO.7583
備前 花紋貼付け寸胴花活
¥6,000

明治時代
口径13cm(内径10.6cm)・高さ28.8cm・底径12.5cm

細かな粒々の彫り模様を付けた器肌が面白い、備前の寸胴花活けです。丸い平たい模様が貼り付けてありますが、これは多分、梅の花でしょうね。フォルムもすっきりスマートで見ていて気持ちがいいのです。器面は艶よく明るい茶色で、塗り土の良い艶が美しいですね。惜しむらくは、良く焼けた分、胴上部に窯割れがみられます。しかし、あまり類例を見ない、備前焼の珍品と思います。状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.7579

大日本吉岡製 牡丹に舞妓図花活け
¥6,000

明治時代
口径6.4cm(内径4.1cm)・胴径11cm・高さ23.5cm

おそらく京焼と思うのですが、柔らかなベージュの素地が、磁貫とともに軟陶のソフトな味わいを見せ、絵付けも浮世絵風に描かれていて面白いのです。多分、これは当時のお土産として、販売されたものなのでしょうね。江戸の雰囲気を残す、舞妓さんのお顔は、外国人には、さぞかしエキゾチックに写ったことでしょう。磁貫に沁みて、雨漏りとなっているところも時代の味わいでしょう。あまり見かけない、不思議な味わいの珍品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7551
京 粟田焼 花鳥紋水注
¥18,000

幕末~明治時代
口径(内径)8cm・胴径12cm・最大径20cm
蓋径9.5cm・全体高さ15.5cm

柔らかい磁貫に被われた軟陶の味わいが無類ですね。注ぎ口も長く、持ち手の形もシャープな器形が非常に面白い。これは、おそらく輸出を意識した器形なのでしょうね。明治3年には,近代の粟田焼を代表する,薩摩焼色絵の作風を取り入れた「京薩摩」の彩画法が開発され,以後,輸出の黄金時代を向かえますので、このあたりの製品と思われます。花鳥の繊細な絵付けは、京焼らしい古雅な面持ち。まさに京焼きの華、粟田の見事な水注ですね。
状態は大きな画像にてご確認ください。



・・・・・・・・・・・

NO.7510
唐物 貝摺り螺鈿の卓
¥48,000

明治時代
52.2cm×28.8cm(最大54.5cm×31cm)×高さ15.3cm

朱漆に摺り込まれた、細かな貝がキラキラと虹色に輝き美しい猫足の卓です。天板には黒漆の窓絵、こちらは「竹林の七賢人」の図が、これも白い貝が虹色に輝き美しいですね。絵の上部の霞も極小の貝が摺り込まれ、梨地のような繊細な模様が表現されていて美しい。大振りの四足の卓で、時代の味わいが非常に古雅なのです。縁など、時代痛みはみられますが、この渋い時代の味わいは、無類ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.7477
銅器 牛童子置物
¥8,000

昭和戦前
最大長さ22cm・最大幅8.5cm・高さ17.3cm

牛の背に乗り笛を吹く牧童は、画の意匠として中国では既に宋時代にはみられるようで、このような銅器のいわゆる”のったり”などと呼ばれる形状の、置物、香炉など人気のお品です。このお品は置物で、牛の背に小穴があり、童子のお尻の下に出ている爪で、落ちないように、童子がのります。牛はこって牛、その力強い造形は小型ですが魅力的です。経年の時の流れが、黄銅を良い味わいに変えていていい雰囲気ですね。牛の置物は多産豊饒のシンボルとして古来より信仰されています。



・・・・・・・・・・・

NO.7476
河井 武一作 掛分灰皿(共箱)
¥6,000

現代作
長径14.5cm・短径10.4cm・高さ2.3cm

河井 武一:明治41年島根県能義郡安来町生れ。昭和2年叔父・河井寛次郎に師事する。昭和10年河井窯に滞在するバーナード・リーチの助手をつとめる。昭和39年オーストラリア、ニュージーランドへ遊び、シドニー、メルボルン、ウェリントンで個展と講習会を開催。
昭和53年作陶50周年記念河井武一展を開催。河井寛次郎に長年学び、その鉄釉・呉須・辰砂・飴釉・鉄砂等の釉薬調合や、型物造形を受け継ぎ、優品を残す。日本民芸陶の担い手として上田恒次と並んで双璧と称される。平成2年歿、82歳。
叔父寛次郎さんと良く似た、まったりとした柔らかな造形が心地よいですね。白釉とグリーンの釉薬のコントラストも美しく、且つ民芸調の渋さも併せ持つ綺麗なお品ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.7472
古備前 大壷
¥48,000

室町~桃山時代
口径14cm(内径10.5cm)・胴径28cm・高さ40.5cm

小石を多く噛んだ、荒々しい肌味が魅力的な古備前の大壷です。備前らしい、ねっとりとした赤黒い土味が口縁に見られ、肩口にはゴマが降り見どころとなっています。腰部をへらけずりしてある処も古備前の壷らしく、そのかせた肌合いとともに野趣に溢れていますね。すっしりとした厚つくり、その重量は、まさに存在感十分と云えます。残念ですが、底部に薄いニューが見られるので、格安のお値段でご奉仕させていただきます。一晩かけてじわっと滲み出るような漏れです。



・・・・・・・・・・・

NO.7452
桑の如意
¥8,000

明治時代
幅最大3cm×長さ35cm

如意とは、元来は背を掻く孫の手のことのようで,後に僧侶が儀式で威儀を整えるために用いる僧具となったもののようです。本品はシンプルですが、先端の丸みなどアールの付け具合など、絶妙の出来となっております。時を経た木の味わいも無類で、割れ、欠けもなく、良い味わいになっております。シンプルですが、良い木の古民芸ですね。



・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.7449
京薩摩 楠部精製 花魁と猫図大花瓶(畠中敏郎 旧蔵品)
¥48,000

昭和初期
口径14cm(内径8cm)・胴径24cm・高さ48cm

底部に京都粟田と入っているので、京焼きとわかります。こもクリーム色のやわらかな色合いは、所謂京薩摩と呼ばれるお品ですね。金彩をふんだんに使い、眩いばかりに豪華です。花魁とかむろが猫と遊ぶ図も面白いですね。花魁の着物など、非常に密に描かれていますね。献辞が入っており、この花瓶は文学者である畠中敏郎氏が京大助手だった時、その退任を祝い贈られたもののようです。豪華な大型の花瓶です。



・・・・・・・・・・・・

NO.7429
新橋三銀証製 壱輪差(元箱付)
¥4,500

昭和初期
口径2.6cm(内寸1.5cm)・胴径4.2cm・高さ8cm

ミニチュアの壱輪差しです。箱によると、どうも陶器を買ったら付いてくる景品のようなのですが、この意匠が面白い。パステル調で描かれた子犬なんか、本当に可愛いですね。丸紋のデザインも可愛さをさらに助長しています。白い生地は美しく、ノリタケ調。思わず微笑んでしまう可愛さですね。



・・・・・・・・・・・

NO.7422
清水六兵衛作 七福神盃(共箱)
¥18,000

明治時代
サイズは詳細画像にてご紹介しております

京焼の家元の一つ。江戸後期に初代 清水六兵衛が京都五条坂に開窯。初代~三代は古藤六兵衛。三代の時、清水六兵衛に改める。円山応挙や松村月渓と交流した初代をはじめ、 清水家は代々、富岡鉄斎、神坂雪佳といった画家たちとの関わりも深く、四代は過去3代にわたる陶技を統合し、六兵衛風を完成。五条坂の陶器組合創立に参加し、業界の発展に尽力した。本作は恐らく四代作。
八角のさいころを振り、出た各々の七福人の盃で、お酒を飲むという趣向の面白いお品です。京焼らしい古雅な絵付けが、非常に面白い。惜しむらくは、布袋さんの盃が欠損していますが、同じ六兵衛さんの盃が入っています。



・・・・・・・・・・・

NO.7395
小川二楽造 南都七大寺 薬師寺之塔(共箱)
¥6,000

現代作
幅(最大)11.5cm・奥行(最大)13cm・高さ28.5cm

赤膚焼は400年前に郡山城主豊臣秀長によって、始められたといわれますが、奈良の風土に合った素朴なやきものです。赤膚焼は今日では西の京五条山郡山に窯があって、二楽の窯もその一つです。二楽さんの作品は「素朴な中に無限の雅味をたたえた特異な作風、おおらかな大和の郷愁が多くの人の心を惹く」といわれていて、この作品も、薬師寺の東塔が味わい深く作られています。渋い緑釉が赤膚のほの赤い土に映え美しいですね。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.7367-A  巧七級金鵄賞(共箱)

こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・

NO.7365
瓢箪型の槍の鞘
¥12,000

江戸後期
口径(内径)2.1~2.4cm・胴径9.5cm・長さ21.5cm

面白い形の槍の鞘です。おそらく瓢箪を模してあるのでしょう。木製で外側は漆仕上げ。厚く塗った漆でおうとつが付けてあります。中央のベルトは銅版と思われます。状態はうぶのままなので、ホコリが付着しておりますが、挿し口あたりに小はがれはあるものの胴部には、さしたる痛みは御座いません。木の無垢の造作なので、なかなか重量感もあり、面白いお品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7360
伊東陶山造 古木図馬上盃(桐箱)
¥7,500

昭和初期
口径5.5cm・高さ3.2cm

三代伊東陶山:、明治33年京都生まれ。京都市立美術工芸学校卒。二代伊東陶山の長男。初代陶山と父に陶芸を学び、昭和4年帝展に初入選し、同8年には特選。昭和13年父の跡をつぎ三代を襲名した。戦後は日展で活躍し、審査員をも務めた。昭和45年逝去、70歳。
柔らかな、いかにも京焼きらしい、磁貫に覆われた肌合いは暖かい面持ちを感じます。高台の高い馬上盃風のスタイルがお洒落ですね。梅でしょうか、はたまた松でしょうか、枝を二筋描いた絵付けは見事で秀逸ですね。正に名人の手練れのお品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7333
備前 波状紋四耳壷
¥12,000

江戸時代
口径10.9cm(内径9.2cm)・胴径16.5cm・高さ24cm

紡錘形の面白い形の古備前壷です。あまり、このような形状のものは見かけませんね。大きく開いた口造りの下には、箆で波状紋が刻まれています。胴の下部には、ぼた餅の窯変もでていて見どころとなっています。いかにも備前といった厚つくりは、ずっしりと重く存在感たっぷりですね。底に白いものがこびり付いているのは、石灰を撒いた土間に置いてあったためです。底なので、あまり気になりませんよ。ポッチのような四耳も面白い、備前の古壷です。



・・・・・・・・・・・

NO.7326
黒柿 硯箱
¥12,000

明治時代
9cm×20cm×厚み4cm

黒柿の木をうまく刳り貫いて、硯箱に仕立てた、面白いお品。蓋は自然木そのままに凹凸を生かしてあり、これが良い味わいですね。オーダー・メイドなのでしょう、硯はぴったしに嵌め込まれていて取れません。硯の重さもあるのですが、ずっしりと重い、その様は好感触ですね。木の艶も良く、木の古民芸の味わいは無類です。良い出来の、木工の逸品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7302
九谷 色絵寿老人像
¥8,000

昭和戦前
幅13cm・奥行10cm・高さ29.5cm

九谷らしい、美しい色彩で彩られた寿老人像です。衣装の花柄は盛り上げて描かれ、手にもつ杖の木目も同様です。金彩を豊富に使ってあるので、非常に豪華です。戦前の九谷の製品なので、寿老人の表情も、現代作と比べても、引き締まり厳しい表情で大変厳かですね。高さも30cm弱と大きいので存在感がありますね。九谷の一典型であります、細工物の逸品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7274
備前焼 犬養木堂像
¥18,000

昭和戦前
幅10cm・奥行8.5cm・高さ27.5cm

犬養毅:岡山藩士の息。号、木堂。慶応義塾に学ぶ。郵便報知新聞の記者として西南戦争に従軍。東海経済新報記者をへて、立憲改進党創立に参画。大同団結運動で活躍。明治23年、第1回総選挙で衆議院議員に当選、以後第18回総選挙まで連続当選。大正11年、革新倶楽部を組織し、護憲三派内閣を結成、逓相に就任。昭和4年、立憲政友会総裁。6年、首相となるが、翌年5・15事件で暗殺される。
木堂さんは岡山県の出身なので、備前焼の木堂さん像は沢山作られていますが、この像は大きく、精作ですね。お顔の表情も精緻で良く出来ています。備前の独特の光沢も美しい、立派な木堂さん像ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.7221
お福さん 大面
¥8,000

明治時代
幅34cm・長さ41cm・厚み(最大)11cm

巨大なお福さんのお面です。材質は陶器です。陶器の彩色してあるようです。ふくよかな頬、切れ長の眼が、いい雰囲気です。大きな面ですが、紐で掛けられるようになっているので、薄つくりで意外とかるいのです。唇や歯、顔面など色がはげ落ちてはいますが、古民芸の味わいですね。お福面の珍品です。



・・・・・・・・・・・

NO.7074
陶製 梅田雲濱像(合せウブ箱入り)
¥28,000

明治時代
幅12.5cm・奥行11cm・高さ18.5cm

梅田雲濱は越前 小浜藩士。藩主・酒井忠義に海防策を建言したところ、藩政批判ととられ藩籍を剥奪される。 その後、浪人として各地を遊説してまわり、尊王攘夷派の思想的指導者となっていく。 当時の江戸の実権を握っていたのは井伊直弼であり、朝廷を無視して諸外国との外交を進めていたが、そのやり方に強い危機感をおぼえた梅田雲浜は井伊政権打倒を画策。 雄藩である水戸藩に幕政改革を求める密勅を降下させることに成功するのだが、これが結果的に井伊直弼の態度を硬直化させる。 最悪の弾圧行為として、安政の大獄を引き起こし、梅田雲浜も捕らえられてしまう。 いかなる拷問にも口を割ることはないまま、安政六年獄死。陶製の雲濱像です。雲濱さんの写真によく似せてありますね。底部に銘があるのですが、浅学故わかりません。像の状態は非常にいいです。



・・・・・・・・・・・

NO.7049
森野嘉光窯 「申」 置物(共箱)
¥3,500

現代作
幅6.5cm・奥行6cm・高さ9.5cm

森野嘉光:明治32年4月15日京都生まれ。日本画を学ぶが、その後陶芸に転向。昭和16年新文展特選。塩釉,緑釉窯変によって独自の作風をきずき,38年「塩釉三足花瓶」により日本芸術院賞受賞。昭和62年5月2日死去。88歳、現京都市立芸大卒。
京焼きの大家、嘉光さんの「申」の置物です。白磁の清楚な猿ですね。本年の干支、可愛い顔のお猿さんです。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7046
丹後宮津藩 本荘家家紋入り小柄の柄
¥78,000|2本セット

江戸時代
写真上:9.4cm×1.4cm×0.3cm
写真下:9.3cm×1.3cm×0.4cm

宮津藩主、本荘家は江戸中期の宝暦8年から明治4年の廃藩置県まで 宮津藩主を勤めました。本荘家の家紋は九つ目結いという四角を九つ合わせた紋なのですが、この扇と大根も本荘家の家紋です。大根は、かの忠臣蔵などでお馴染みの桂昌院に繋がるので、この家紋を使用しております。扇のほうは四分一のような台に金象嵌、大根は赤銅に違い大根の紋が貼り付けてあります。いずれも錆び無く良い状態のお品です。



・・・・・・・・・・・

NO.6906
備前 鮫肌釉茶入
¥12,000

幕末~明治時代
口径6cm(内径.6cm)・胴径12cm・全体高さ11cm
内蓋径5.1cm・外蓋径8cm

細かな粒々の器肌が面白い雰囲気です。まさに鮫肌、ぷっくりと丸いフォルムも見ていて可愛いです、小型の茶いれですね、つまみの付いた中蓋がついております。器面は艶よく明るい茶色が美しいですね。あまり見かけない備前の珍品だと思います。



・・・・・・・・・・・

NO.6894
色絵銅 寿老人置物
¥38,000

明治時代
幅11cm・奥行9cm・高さ27cm

銅器に色を施した、所謂「色絵銅」と呼ばれる製品は江戸時代からあるようです。明治に入ってから盛んに作られたみたいで、このお品も江戸から明治にかけての作品でしょう。銅器に色を付けるのは煮色仕上げなどといわれる方法を使うみたいであります。この寿老さんも顔や衣、さらに衣に描かれた唐草模様など、色が残っています。それらが時の経過で渋くなった様は非常に味わい深い。珍しい色絵銅の寿老の置物です。



・・・・・・・・・・・

※古民具のページにも掲載しております※

NO.6817
老松図宣徳火鉢
¥28,000

大正時代
直径35cm・最大径40cm・高さ22cm

上品な小振りの宣徳火鉢です。細かな縮緬皺のような地模様が美しいですね。それに、よく枝を張った太い松の幹がレリーフで描かれていて美術的にも優れた意匠となっています。明治、大正の時代の金工の腕の確かさが窺がえ、非常に好もしい火鉢となっています。花を模した三足もがっしりとしていて、且つ美しいデザインにしあげられています。持ち手の獅子頭も重厚、良く出来た宣徳火鉢です。



・・・・・・・・・・・
NO.6768
和気亀亭造 干支盃と盃台セット

↑山水・寅・卯はこちらから↑


↑巳・未・申はこちらから↑


↑酉・戌・亥はこちらから↑

¥1,500|寅-B・大正15年(=昭和元年)(1)
¥3,500|巳・昭和4年(2)
¥3,500|申・昭和7年(2)
¥2,500|亥・昭和10年(1)

売切れ|山水・大正12年
売切れ|寅-A・大正15年(=昭和元年)
売切れ|卯・大正16年(=昭和2年)
売切れ|巳・昭和4年1セット
売切れ|未・昭和6年
売切れ|酉・昭和8年
売切れ|戌・昭和9年(0)


( )内の数字は売約・売切れを除く在庫数です。

和気亀亭:代々、亀亭と号し8代続いた京焼の名門。染付を主に焼成。初代は寛延元(1748)年五条坂上の音羽町に開窯した亀屋平兵衛家の流れを引く。三代平兵衛の時に亀亭を号したが,その子の早世により家督は備前出身の和気平吉が継承し二代亀亭となる。以後は和気家が亀亭の名を受け継いだ。繊細な薄造り、精緻な細筆による絵付け、いかにも京の雅を感じさせる逸品ですね。盃など、持つ指が透き通るかのようです。美しいお品、是非ご自分の干支などありましたら、お揃えください。



・・・・・・・・・・・

NO.6665
大島嘉楽造 贈従三位荷田宿禰 羽倉東丸大人之像(共箱)
¥38,000

大正時代
幅23cm・奥行14cm・高さ22cm

荷田東丸(かだのあずまままろ):本居宣長らと共に四大国学者の一人。寛文9年(1669)伏見稲荷大社の社家・羽倉家に生まれる。幼少より家学である神道・歌道を学び、さらに独学で広く古典・国史を研究した。本名は羽倉信盛、通称は斎宮。羽倉家は雄略天皇の後裔(末裔)で荷田宿禰を称し、代々御殿預職を務める家柄。

学問の神様で知られる東丸神社(あずままろじんじゃ)。伏見稲荷の一角に祀られています。その御祭神が「荷田東丸(春満)大人」(かだのあずままろのうし)です。これがその御姿。この神社は、明治16年(1883)、東丸(春満)に正四位が贈られたのを記念し、明治23年(1890)に創設。昭和になって現本殿に改造営されています。また従三位は大正8年(1919)に贈られており、それを記念し、京都伏見の人形屋で知られる大島嘉楽の手によるものです。学問を修めた方の神々しい穏やかな表情がいいですね。膝のあたりに僅かに表面が汚れたような経年の時代感はありますが、傷などもなく状態良好です。



・・・・・・・・・・・

NO.6575
大日本整珉鋳 神獣図水盤
¥58,000

文政年製
幅38.5cm・最大幅43.5cm・奥行24.8cm
高さ12.8cm・最大高さ15.5cm

時代を経た銅の味わいが渋くて、美しいですね。縁から胴部にかけて細かな模様が見事です。窓絵に描かれた「龍」「神亀」「鳳凰」「麒麟」も良く描かれていて立派です。持ち手も無垢でどっしりとしていて、重厚感に溢れていますね。底には「大日本文政年整珉鋳」の名款が入っております。四足の造りも凝っていて、良く出来た水盤ですね。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.6336
備前六姓窯元 桃蹊堂製 徳利
¥6,000|2本セット

明治時代
口径3cm・胴径6.5cm・高さ14.5cm

備前の徳利の対のセットです。竹の節を模した口の造り、胴にはへら彫りで鋭い線が彫り込まれています。これも竹の葉のイメージなのでしょう。肌理の細かい備前の濾し土の焼き上がりが美しいですね。経年の時の経過が、良い渋い輝きを放っています。スマートな備前の徳利ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.6211
平安瑞光作 染付け山水紋小皿
¥7,500|5枚セット(1)

大正時代
直径14cm・立上り高さ3.2cm

1セット売切れ
( )内の数字は売約を除く5枚セットの在庫数です。

染付けで山水紋を描いた美しい小皿です。京焼きのお品なので、伊万里や瀬戸と違い、趣が少々異なりますね。南画のように枯れた風趣を感じさせてもくれますね。縁反りの器形も上手で優雅です。繊細な京の雅を感じさせてくれる美しい上がりの非常に良い染付け小皿ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.6189
備前 カラス天狗のお面
売切れ|A
¥6,000| B

昭和戦前
横幅約8.6cm・縦約11.3cm・奥行約9.5cm

面白い備前焼ですね。造りはまさにお面ですね裏側の両サイドに紐を通す穴があることから伺いしれます。鋭くとがったくちばしは鷹か鷲のようでもありますが、この鋭い眼をみると、どうもカラス天狗を連想してしまうのであります。あまり類品を見ない備前の珍品であります。



・・・・・・・・・・・

NO.6108
緑釉 桃仙人像
¥28,000

江戸時代
幅(最大)20.5cm・奥行(最大)17cm・高さ41.5cm

この淡い緑釉と喝釉の二彩のような色調は源内焼のようですね。恐らく四国はは香川県の焼き物、「瞬民焼」では無いかと推測しております(銘款が入っていないため)。しかしこの精緻な造りの表情、とくに目や口は名工の手になる素晴らしい出来栄えですね。体高41cm余り、ずっしりとしていて立派です。それに加え、軟陶らしい柔らかさも感じられ、まこと良い雰囲気でありますね。とても味わい深い、面白い陶器の仙人像ですね。
状態は大きな画像をご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.6028
京焼 本多左平造 染付西京名所図平茶碗
¥16,000|2点セット

幕末
北野神社:直径13.3cm・高さ5.4cm
背較石:直径13.3cm・高さ5.2cm

いかにも京焼きらしい繊細な絵付けが好もしい平茶碗です。左平の造、幕末あたりの京焼きの名手ですね。嬉しいことのこの茶碗の図柄は京都の名所を描いてあります。曰く「西京名所」北野神社、天神さんで有名な神社ですね。もう1つはこれも「西京名所」として背競石、弁慶がその背を比べた石らしいのです。いずれも藍の色が美しい京焼きの逸品ですね。
1点のみ甘手です。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.5917 米ロンソン 卓上オイルライター
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・

NO.5874  オリンピック・パズル・リング
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・

NO.5780
萬古焼 本居宣長像(共箱)
¥12,000

昭和戦前
幅12.5cm・奥行9.5cm・高さ14.5cm

本居宣長は江戸時代の国学者、文献学者、そして医者でもありました。「古事記」の解読で有名であります。その宣長さん、先生は伊勢松坂のお生まれであります。それで、これも伊勢の名陶「万古焼」にてそのお姿を再現しました。万古焼の特徴である無釉の彫像、陶器ですが衣の襞の柔らかさも上手に表現してありますね。この彫像は有名な先生の「六十一歳自画自賛」肖像画を模しておるようですね。衣の後ろに少そげあるも良い出来の尊像です。



・・・・・・・・・・・

NO.5759
新開寛山作 「巳のなる宝」(共箱)
¥8,000

現代作
直径(胴径)13cm・高さ15.5cm

京焼の名手、新開寬山さんの手になる宝珠のオブジェです。「巳」を陽刻で表わし艶消しの白釉が厚く掛けられた瀟洒な造りです。おもったよりは厚造りになっておるのか結構持ち重りがします。蛇は家の守護神、ために徳に神秘的な白蛇をイメージして白釉で造形されておるようです。美しい形の名工の手になる置き物ですね。「巳」が果実の「実」とかけてあり吉祥の置物ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.5328 野球選手の図文鎮
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・
*茶道具のページにも掲載しております*

NO.4994-A
楽焼草花紋方形小皿
¥5,000|A-5枚セット


NO.4994-B
楽焼草花紋方形小皿
¥5,000|B-5枚セット

 ※4枚同柄1枚柄違いのセットです

昭和戦前
9.6cm角・立上り高さ2.2cm

楽の押印の入った綺麗な角皿です。手馴れた草花の絵付けが非常に上品です。阪急の印もあり表には「尼」なんてマークが入っているので「阪急」の什器であるかも知れません。京焼らしい磁貫の入った柔らかな、軟陶の肌合いは美しいです。5枚とも図代わりになっているのも楽しいですね。本当に可愛い上品な平向うです。
状態は大きな画像をご覧下さいませ。



・・・・・・・・・・・
*茶道具のページにも掲載しております*

NO.4648

売切れ

明治時代
幅49.5cm・奥行き32cm・高さ12cm

おそらく、檜の厚板、古材を用いて造られた卓です。側面は根来様の朱漆が厚く塗られていて、すがたも仏教で用いる卓のかたちなので、多分仏具と思います。その分古雅な味わい魅力を感じさせますね。見立てによっては、縁の下の力持ち、引き立て役として充分に威力を発揮する、頼もしい味方となる事でしょう。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.4507
瀬戸 陽刻人力車の図水滴
¥10,000|A
売切れ|B
¥10,000|C

明治時代
8cm×6cm×2.7cm(3点全てほぼ同サイズ)

文明開化の華、人力車をモチーフにした少し大きめの染付け水滴です。電信柱をバックに中央に人力車、向って右に車夫といった構図ですね。それが白磁の中央部分に陽刻で描かれております。人気の文明開化物、しかも人気の人力車。コレクターズ・アイテムとしても見逃せませんね。



・・・・・・・・・・・

NO.4406 ブリキの小皿
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・

NO.4238 ブリキのモーター・ボート
こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


・・・・・・・・・・・

NO.3252 おもちゃのアームストロング砲

こちらのお品は「時計・油絵・アンティーク」のページへ移動しました。


このページのトップへ戻る