田舎は骨董が安い!
     2016年9月より、今ご覧の新しいURLとなりました。 こちらのページまたはトップページでお気に入り登録をお願いします。
     こちらは「毎月更新 新着商品」のページです   
    2月の更新予定お知らせ  2月26日(月)朝10時ごろ更新予定です。是非ご覧ください。

                             更新予定日時を過ぎてもこのページが見えている方はこちらをお試しください。

~ 1月29日更新  新着商品 ~

新着商品 お皿・鉢 猪口・他 茶碗・他 ガラス 古丹波 漆器 いろんなもの 着物 印判 
古民具 軸・横額 時計・絵 ノリタケ お茶道具 黒豆こまめ堂 注文ご案内 お店ご案内 プレゼント トップページ 

 黒豆こまめ堂 も、ちょっこし更新しております。 是非ご覧くださいませ!   byおやびん 

商品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください。
(傷などがある場合は記述してございます。大きな画像でご確認ください。)

お便り・ご質問・お問い合わせは
こちらへ
表示価格は全て内税価格です
写真をクリックしてください。詳細画像がご覧いただけます

お薦め!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7521

伊万里染付 花唐草大皿

売切れ

江戸後期
直径41.5cm・立上り高さ5cm

上がりの良い、清清しいブルーの呉須の色が非常に目に心地よい花唐草の大皿ですね。細かく丁寧に描かれた線描きによる、ボタンの花が2種類、描き分けられていて美しいですね。見込みの大きく丁寧に描かれた松竹梅も、まるで紋章のようで、非常にモダンに写ります。これも完成された、伊万里のデザイン・センスにほか成りません。ポコポコとした蓮弁の器形も楽しい。上手な造りの染付け花唐草皿ですね








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7522

伊万里染付 菊唐草紋中鉢

御売約

明治時代
直径22.3cm(内径18.5cm)・高さ8.5cm

厚手の非常に、どっしりとした中鉢です。見込みと側面に大きく菊の花を配し、薄だみで暈した絵付けは秀逸です。そして、それを取り巻く花唐草の、密な絵付けは手がこんでいて美しいですね。伊万里のデザインセンスが良く現れた良いできの染付け製品ですね。裏絵の花紋もインディアン風で、こちらも面白い。連続模様が美しい、上がりの良い唐草模様の逸品です。




お薦め!



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7523

伊万里染付 花唐草膾皿

売切れ/5客セット

江戸後期
直径15cm・高さ4.3cm

上がりの良い、美しいブルーの呉須の色が非常に清清しい花唐草のなます皿ですね。細かく丁寧に描かれた、線描きによる、ボタンの花は美しいですね。見込みの松竹梅も丁寧に描かれ好感が持てますね。花唐草の意匠は美しい連続模様なので、非常にモダンに写ります。これも完成された、伊万里のデザイン・センスにほか成りません。蓮弁の器形も美しい。上手な造りの染付け膾皿ですね








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7524

伊万里色絵 草花紋杯洗

¥6,000

明治時代
直径19.5cm・底径9cm・高さ10.5cm

額のような窓絵で仕切った、その中に牡丹や梅の花など、草花をを描いた赤絵金彩が印象的な伊万里の色絵盃洗です。口縁を彩る赤絵に翠の木の葉も、染付けのブルーとの対比で美しいですね。まるで古鏡のようなフォルムの口縁の器形のデザインも可愛いですね。裏絵の染付けの中に散らした色絵の赤や翠の色調も綺麗で、染付けとの組み合わせと、良くマッチしていて美しい。優しい色彩が目にここち良い、可愛い伊万里色絵の盃洗です。







( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7525

伊万里色絵 楼閣山水紋飯茶碗

¥7,500/5客セット(1)
¥3,000/2客セット(1)

江戸後期
茶碗径11cm・高さ5.5cm・蓋径10cm・全体高さ7cm

こんもりとした、丸い器形をもつ可愛い蓋茶碗ですね。このかたちは古いタイプの茶碗ですね。とろりとした器面に上がりの良い呉須の色が清清しいですね。遠慮気味に付けられた色絵も、この呉須の色を引き立て、落ち着いた良いバランスの絵付けとなっています。古格、且つ、品のある美しい蓋茶碗ですね。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7526

伊万里染付 菖蒲に蝶図油壺

¥12,000

江戸後期
口径2cm(内径0.7cm)・胴径8.6cm・高さ6cm

この扁平な油壺は、本当に姿が可愛いですね。図柄も良いですね。首の周りの輪線模様が非常にお洒落です。流れるような菖蒲の図は良く筆が走り美しい。しっかりとした口つくりは、油がリズミカルに振り出てきます。生掛けのトロリとした肌合いも、古民芸の味わいですね。明治の女性が大切にして、現代に残りました。珍品の油壷ですね。




お薦め!

ばら売りです。在庫は4客。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7527

伊万里染付 幾何学紋八角猪口

全て御売約/1客(0)

江戸後期
口径7cm・底径3.7cm・高さ5.3cm

美しい八角形のフォルムをもつ、小振りの猪口です。八角の面にはシンメトリーで、細かな小紋の柄が描かれていて、これもお洒落な意匠になっております。口縁、内側の連続した花紋も良いデザインですね。伊万里のデザイン・センスが光る、見事な造形の逸品でありますね。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7528

伊万里色絵 草花紋兜鉢

¥6,000

明治時代
直径18.5cm(内径約12cm)・高さ8.3cm

口縁を彩る赤絵金彩が印象的な伊万里の色絵の兜鉢です。その下の縁を彩る瓔珞紋も、染付けのブルーに赤絵の連続した絵付けが柔らかで綺麗ですね。兜鉢は胴を窪ませたデザインが可愛いですね。見込みの花紋も、どこか紋章のようで印象的です。赤とブルーを組み合わせた色調も綺麗で、華やかさとシックさが良くマッチしていて美しい。白地に赤の色彩コントラストが目にここち良い、可愛い伊万里色絵の兜鉢です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7529

志田染付 鷺紋中皿

¥6,000

江戸後期
直径24.5cm・立上り高さ3.5cm

淡い呉須の色が、白い器面に映え上品でソフトな印象の染付中皿です。志田お得意の、水辺の鷺の図。良く筆の走った巧みな絵つけです。鷺の上に描かれた柳の枝、薄だみの堤。志田のベテラン画工の腕の冴えを感じさせますね。墨はじきで描かれた河上の霞も見事。まさに、良い出来の志田窯の中皿です。





 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7530

印判手 群馬図中鉢

¥3,500

明治時代
直径20cm・高さ7.2cm

にぎやかな模様に彩られた印判鉢ですね。しかも、この印判は動物がモチーフになっているのが嬉しいのです。見込みは群馬、外には鹿。鳥や蓑亀までいて、にぎやかですね。口縁や見込みを取り巻く花唐草もくどいくらい賑やか、これも印判の面白さですね。外絵の口縁も、まるでヒエログリフのようで面白いのです。図変わりの上がりの良い印判中鉢ですね。

*口縁に窯疵があります。



一押し!

ばら売りです。あと1枚となりました。

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7531

印判手 キューピット図小判皿

¥3,500/1枚(1)

 7枚売切れ

明治時代
長径19.6cm・短径14.9cm・立上り高さ3.5cm

賑やかな、花唐草や紋章のような花紋に彩られた長皿です。明治の世、西洋化の波が押し寄せて来た頃の製品ですね。器形も楕円で、洋風を精一杯体現しています。それが証拠に、見込みには背中に羽の生えた少年がいます。これは、まさにキューピットですね!二羽の鳥を従えた姿は可愛いのです。変った図柄の印判手を紹介している”明治・大正・昭和の「図変わり印判Ⅱ」”P33「文明開化」のジャンルで紹介されている珍品の印判皿です。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7532

瀬戸白雲堂製 染付仙女図中鉢

¥8,000

明治時代
直径18cm・高さ8.1cm

この見込みの人物は、仙女あるいは蘇東坡などと呼ばれていますね。この文様は、鹿背山焼の印判鉢は有名ですが、これがベスト・セラーになったためか、瀬戸でも同じ意匠の作品が作られたようです。瀬戸の名窯「白雲堂」の製品です。細かな描線、これは印判と違い手書きなのです。外絵の祥瑞紋、仏手柑の絵まで、鹿背山を模してあります。しかし、造りは薄造りで、さすが瀬戸の上手ものといった風情です。珍品の仙女鉢ですね。

口縁に1ヵ所だけ薄い釉割れございます。軽微で目立ちにくいですが、大きな画像にてご確認くださいませ。




お薦め!

↑A 大鉢 ↑



↑B 特大鉢 ↑



↑A 超特大鉢 ↑


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7533

九谷中野製 七福神囲碁をする図三つ鉢

¥6,000/A(大鉢)
¥6,000/B(特大鉢)
¥8,000/C(超特大鉢)

大正時代
A 大:直径30cm・高さ8.6cm
B 特大:直径32.8cm・高さ9.8cm
C 超特大:直径36cm・高さ11.3cm

大正九谷の典型、細かな”青つぶ”が器面を覆う、巨大な三つ鉢です。三方に窓絵を配し、これは色紙や扇面に模してあるようです。九谷らしい、極細の筆使いで、見事な七福神を描いてあるのは驚嘆です。牡丹の花や鶴、帆掛船の白釉も盛り上がり、上手な絵付けに仕上げてあります。大きな製品ですが、焼き締まっていいますが、、九谷特有の釉割れが中鉢に極わずか見られます。見事な特大サイズの九谷の逸品三つ鉢です、その存在感や抜群でありますね。
基本的に絵の構図などは3つ共に、同じですが、細かなところやや外絵などに個々に微妙な違いがあり面白いです。詳細は大きな画像でご覧ください。







   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7534

龍文堂製 霰紋鉄瓶

¥28,000

明治時代
口径8cm(内寸)・胴径14cm・最大径17.5cm
底径11cm・最高19.5cm

龍文堂は江戸末期から昭和33年頃まで8代続いた京都の鉄瓶屋さんです。明治から大正に掛けて高級な鉄瓶を、数多く製作しております。本品も龍文堂製で、こまかな霰模様の、すがたの美しい鉄瓶ですね。弦には草花のような銀象嵌が入っていて、銀の粒がキラキラと輝いています。良い出来の鉄瓶ですね。

お薦め!



    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7535

京都惺々堂 紹美造 黒紫銅夕顔式瓶掛 紫檀台付(共箱)

売切れ

明治時代
直径23.5cm(内径21cm)・胴径24.5cm・高さ22.5cm

惺々堂 紹美栄祐:(1839年~1900年)明治11年のパリ万国博覧会銀牌。明治2年の同会で金賞を得て世界を驚かせた幕末~明治時期の金工界を代表する名工。
厚手の銅器の瓶駆です。そして紫檀の、これも厚い台が付いているので、ずっしりと重く、安定感、存在感は抜群ですね。胴を締めたスマートなデザインは名工の手業ですね。太く、短い三足も非常に力強い。お蔵のなかに置き古しとなっていたので、状態は非常にいいです。紫檀の台が外せないので、写真には写せませんが、瓶駆の底部には「紹美製」の刻印がございます。深草焼の陶器の五徳が付属します。








 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7536

木彫 恵比寿大黒像

¥8,000

明治時代
恵比寿さま:幅5cm・奥行3.8cm・高さ10cm
大黒さま:幅5.3cm・奥行3.8m・高さ8.7cm

良く燻されて、かまどの煤やホコリがこびり付き、黒々とした恵比寿大黒天像です、黒くてしかとはわかりかねるのですが、おそらく杉材か檜材を彫ってあると思います。柔和ですが、鋭い面持ちの恵比寿さん、大黒さんの表情は経年の時の流れで、煤をかぶり味わい深くなっているんのですが、これがいかにも素朴な民衆仏の味わいを醸し出していて堪えられません。。恵比寿さんの台座には、小割れがありますが、殆ど気になりません。








     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7537

押し雛(桐箱付)

¥6,000

明治時代
16cm×23.5cm

押し絵のお雛さんですね。紙に布を張ったものです。鬼シボ縮緬や金襴の布を使った、上手なつくりのお雛さんですね。柔和なお顔だちもクラシックで、この古雅な感じが堪りません虫は入ってはいますが、桐の箱に入っていたので、白いお顔や衣装も汚れが殆ど無いのも嬉しいですね。。時代の風俗を感じさせる雅なお品ですね。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7538

Y・SATO社製 箱型掛時計

¥6,000

昭和30年代
幅17.5cm×奥行40.5cm×高さ10cm

幅17.5cm・高さ40.3cm・奥行約10cm
非常にスマートな形の掛時計です。長方形でガラス面が大きく、長い振り子の動きが良くみえて、動きが美しいのです。文字盤も白く綺麗です。細い繊細な、長針短針が良く写ります。半打ち付きなので30分にも一つ、時を打ちます。レトロ感の中にも現代的な造形美を感じさせる、良い掛時計ですね。




お薦め!




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7539

沢田憲良 油彩 「ポピー」(アルミ額装、キャンバス裏サイン)

¥28,000

現代作
キャンバスサイズ:F4(23.5cm×32.8cm×2.2cm)
額サイズ:40.3cm×49.5cm×4.8cm

沢田憲良;1942年、三重県生まれ。1964年、一水会に初出品。以来1971年 一水会佳作賞受賞。1974年 水彩連盟初出品、水彩連盟奨励賞受賞。1975年 一水会賞受賞、水彩連盟賞受賞、シェル展佳作受賞。1976年 安井賞出品、水彩連盟準会員佳作賞受賞。
1980年 現代の裸婦展賞出品。現在、無所属。
写実絵画の雄、沢田憲良さんの油彩画です。ポピーの花が繊細で美しいですね。この方、人物、特に裸婦が人気があるのですが、この作品のような、花などの静物画の方が掛けるには非常に良いですね。絵は美品です。








 
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7540

丹波 イッチン紋徳利

¥12,000

江戸後期
口径2.7cm(内径1cm)・胴径10cm・底径8cm・高さ20cm

この鉄釉の渋い輝きがまさに古民芸という言葉を感じされる、鄙びた美しさを感じさせます。細い徳利の口造りが本当に美しいですね。渋い濃い茶色の釉薬におおわれた胴部には、白釉で文字が書かれていて、これも渋く輝いていますね。良く水漉された濾し土を用いた軽い造り、底部には赤土も見えて江戸の造りの証左になっています。この素朴さは、まさに古民芸の花、丹波のフォルムも美しい鉄釉徳利です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7541

古丹波 赤土部小壷

御売約

江戸初期
口径10.5cm(内径8.3cm)・胴径14.5cm・高さ14cm

小壷なのですが、肩の張った美しい形の古丹波赤土部の壷です。渋い赤土部の色合いが堪えられません。口縁や胴には、菜種の窯変も良く出ており見どころとなっております。肩口の赤土部の発色は艶も良く、カセも無いので美しいですね。このような赤一色の赤土部壷は数が少なく貴重ですね。口縁に直しがあるるのが残念ですが、大きくは無いので気になりませんね。古い丹波の古陶の一典型であります。俵のような、面白い器形をもつ、珍しい器形の赤土部の小壷ですね。

口縁に直しがあります。大きな画像にてご確認くださいませ。







 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7542

丹波 灰釉壷

¥8,000

幕末~明治時代
口径10.4cm(内径9cm)・胴径18cm・高さ23cm

丹波らしい芒洋とした、あるいは優しい面持ちの灰釉壷ですね。この淡いグリーンの色合いは、これも丹波の灰釉ならではの、美しい渋さです。胴部に見られる粒々は、これは砂をまぶして焼いてある、一種の装飾なのです。良く焼き締まり、下部は黒く変化していて、見どころとなっています。灰釉も丹波の一典型、古民芸の美しさを遺憾なく発揮している、良い壷ですね。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7543

近衞文麿筆 漢詩一行書(額装)

¥8,000

昭和戦前
本紙サイズ:60cm×29.5cm
額サイズ:84cm×41.5cm×2cm

近衞文麿:明治24年生まれ。昭和前期の政治家。摂関家嫡流の公爵家長男に生まれ、元老西園寺公望の側近や貴族院議長などをへて首相を三度務めた。国家総動員法の交付、大政翼賛会の発足、日独伊三国同盟を締結させた。太平洋戦争開戦直前まで政治の中枢にあった為、戦後、A級戦犯指名を受け、服毒自殺に至り死去。
近衞公爵の一行書です。さすが公家さん、良い字ですね。本紙は小虫舐め、などありますが大きな痛みはありません。額自体は漆の剥げなどありますので、改装していただくと、紙本なので良くなると思います。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7544

古画 蘆水筆 鯉仙人図掛軸(合箱)

売切れ

江戸時代・ 絹本
本紙サイズ:37.4cm×110cm
掛軸サイズ:48.2cm(53.5cm)×185.5cm

蘆水と云う画家は、散見されるのですが、どうも、どの方かが特定出来ません。画は絹本地に荒波に、力強く泳ぐ鯉が見事に活写されていて迫力ある絵になっています。鯉に跨る仙人も凛々しい表情も素晴らしい。いずれ長澤蘆雪の系譜につながる人のように思われるのですが、いかがでしょうか?印譜には上が「南楽天」、下が「蘆水」の方印が押されています。古雅な達者な絵ですね。京表具春光堂の絹装の綺麗な掛軸です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7545

平井楳仙筆 「漁家之初夏」(共箱)

売切れ

昭和7戦前・紙本
本紙サイズ:30cm×134cm
掛軸サイズ:42.7cm(48.2cm)×200cm

平井楳仙:明治22年、京都府生まれ。明治39年、京都市立美術工芸学校を卒業。翌年第1回文展に入選。以後、同展に出品。第3回展を皮切りに受賞を重ね、文展の花形作家として活躍。また、新古美術品展でもしばしば受賞し、大正博覧会では銀牌を得ている。後に、京都市立美術工芸学校卒業生による研究団体、桃花会を結成し、中心的作家となった。帝展でも活躍し、大正11年に無鑑査となる。昭和44年没。
楳仙さんの作風は人物、花鳥、山水など緻密な描写に優れており、本作も墨画ですが、漁夫の衣の藍や家に見えるベージュなどの淡彩などが効果的に使われ、これは、まさに名手の手練ですね。題名は”初夏”となっておりますが、いつでも掛けられる、絹装、象牙軸の綺麗な掛け軸です。



 黒豆こまめ堂もちょこっと更新しております。 是非ご覧くださいませ!   byおやびん 

**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

①商品番号・商品名(必要な場合は個数)
②お名前・ご住所・電話番号
③配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
④お支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
⑤質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772-22-2421または0772-22-7167
または090-5964-2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772-22-7167へどうぞ。