新着商品 9月26日(月)朝10時ごろ更新しました!

表示価格は税込み価格です。
写真をクリックするとお品の詳細をご覧いただけます。

お品によって、発送方法により時間帯指定をお受けできない場合がございます


更新直後、リンクが外れる事象がおきておりましたことお詫び申し上げます。
復旧しておりますので、詳細画像ご覧いただけます。

・・・・・・・・・・・

NO.8921
古伊万里染付 山水紋猪口
¥10,000|5客セット

江戸中~後期
口径8.8cm・高さ6.4cm

少し大振りの猪口です。トロリとした肌に、上品な呉須絵の山水紋が美しいですね。らっぱの様に、優雅に上に広がるフォルムが上品で、気品に溢れています。見込みの花紋も丁寧に描かれていて好感が持てますね、美しい、古伊万里染付猪口です。


・・・・・・・・・・・・

NO.8922
古伊万里染付 松竹梅なます皿
¥7,500|5客セット
ご売約|2客(+おまけ3客)セット

江戸中~後期
直径15cm・高さ4.8cm

蓮弁のフォルムが、なんとも優雅ななます皿です。艶やかな、白い器面に上質な呉須で松竹梅が美しく描かれています。このシンプルな絵付けが、余白のある白い器面に映え、上品で上手な雰囲気を醸しだしていますね、華麗な古伊万里染付の逸品です。


・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.8923
古伊万里染付 花鳥紋中皿
売切れ|5客セット(0)
ご売約|3客セット(0)


江戸中~後期
直径15.8cm・立上り高さ4cm

( )内の数字は売約・売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です

輪花に成形された口縁が美しいフォルムの染付皿です。ざくろが実る枝には、はは鳥が羽ばたき美しい絵付けのお皿に仕上げています。見込みの立ちあがりや口縁には薄瑠璃を引き、伊万里独特の四つ割り家紋で締める、いい絵付けとなり、賑やかな文様です。良い出来の絢爛な染付皿です。


・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8924
伊万里染付 線描き花紋覗
¥4,500|5客セット(3)

明治時代
口径5.5cm・高さ4cm

( )内の数字は5客セットの在庫数です

以下ご紹介いたします伊万里の染付製品は、いわゆる通り物と呼ばれる、同じ意匠を用いた猪口やお皿ですね。このお品は覗きと呼ばれる、極小の猪口ですね。線描きの花紋が美しく器面に映えています。覗き猪口は、刺身のお醤油の入れ物だけでは無く珍味をいれたり、盃としても使えるので、見立ての楽しみがあります。手のひらにすっぽりと収まる可愛さ、美しい、上りの良い覗き猪口です。


・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8925
伊万里染付 線描き花紋猪口
¥5,000|5客セット(3)

明治時代
口径8cm・高さ6.5cm

( )内の数字は5客セットの在庫数です

牡丹か菊の花のモチーフは器面一杯に描かれていて、印象的で優雅な印象の染付猪口です。口縁の蓮弁も美しく金彩が乗り優美ですね。花と花の間の面白い模様は、インディアン紋と呼ばれ、インディアンの羽根飾りに見えるからですね。良い味わいの可愛い猪口です。


・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8926
伊万里染付 線描き花紋小皿
¥4,500|A-5枚セット
¥4,000|B-5枚セット

明治時代
直径10.8cm・立上り高さ2.5cm

可愛い小皿ですね。花のモチーフは優しくて美しいですね。7寸と比べると、花の数は少ないですが、その分、絵付けとしてはかっちりと纏まっていて、引き締まった図柄に見えます。本当に可愛い花紋染付小皿です。


・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8927
伊万里染付 線描き花紋七寸皿
¥7,500|5枚セット
¥6,000|4枚セット

明治時代
直径21cm・立上り高さ3.5cm

大きく描かれた牡丹のような花紋が、上りの良い美しく、くっきりとした呉須でえがかれ美しいですね。綺麗なシンメトリーを描いた図柄も見事にきまっていますね。口縁の金彩も美しい七寸皿です。


・・・・・・・・・・・

NO.8928
伊万里染付 山水図八角大皿
¥4,500

明治時代
長径34cm・短径28.5cm・立上り高さ4.8cm

横長の器形が面白い、八角形の大皿です。強烈なベロ藍の色合いが堪えられませんね。山並みと水面が見えるので、これも山水図なのでしょうが、生い茂る大樹には、白い模様がみえますね。これは繚乱に咲き乱れる桜の花だと思います。裏印が「玩」、このしるしの製品はクオリティの高いものが多いですね。楽しい絵付けの八角大皿です。


・・・・・・・・・・・

NO.8929
塗りの小引き出し
¥7,500

明治時代
幅31cm・奥行18.3cm・高さ23cm

黒漆の小箱です。シックな黒漆が艶良く美しいですね。おそらく上部は筆や硯が入るようになって要る様なので、下の引き出しには紙などの文房具を入れておくのでしょう。現代では手元箱や小物入れに見立てていただけば、クラシックで豪華な小物入れになりますよ!


・・・・・・・・・・・

NO.8930
丹後宮津藩 本荘家引き盃
ご売約

江戸後期
直径11.8cm・高さ4.2cm

丹後宮津本荘藩は、徳川綱吉の生母桂昌院を始祖とする名門です。そのため、この”違い大根”の紋所を使用しておりました。ために、この桂昌院の紋が入った引き盃は、褒美の品としてありがたがられました。桐箱の蓋の裏には「慶應元丑八月御上様ヨリ拝領」と誇らしげに記載されています。盃には、器面に小割れ御座います、その分安価で。


・・・・・・・・・・・

NO.8931
丹後宮津藩 藩主本荘伯耆守より拝領の誠の文字入り盃(時代桐箱)
ご売約

江戸後期
直径9.5cm・高さ3.4cm

箱の内側には、持ち主の覚書が書いてあり、この「誠」の蒔絵の朱盃は、文政五年、城主本荘伯耆守よりの拝領の品とのことです。浅学の為、詳しくは読めませんが、この文政年間には、一揆が頻発しており、それを取り締まった功で頂いたようです。歴史の中の珍品ですね。


・・・・・・・・・・

NO.8932
朱塗り 蒔絵鶴に若松図三つ盃(文政五年銘箱入)
ご売約

江戸後期
小:直径10cm・高さ2.2cm
中:直径11cm・高さ2.2cm
大:直径12.4cm・高さ2.4cm

塗りの三つ盃です。高蒔絵で、三枚とも図替わりになっているのが嬉しいですね。勢いよく伸びた若松も、晴れの日の器として誇らしげですね。小痛みあるものの、箱に記されているように、はっきりと江戸時代の漆器としてわかるお品として貴重ですね。


・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8933
釜師 菊池政光作 鵬雲斎好 鶴雲釜(共箱)
売切れ

現代作
口径(内寸)11.5cm・蓋径12.6cm・胴径25cm・最大径26.5cm・蓋を含む高さ21.5cm

菊地政光:1937年1月19日生まれ。山形県出身、奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ。日本伝統工芸展に意欲的に出品。1973年の初入選以来、10回の入選を果たす。1978年、第5回伝統工芸武蔵野展では日本工芸界東京支部賞を受賞。同展には10回の入選を重ねるほか、日本伝統工芸新作展では14回、伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ。その作風には、つねに新しい感覚が採り入れられている。1982年、日本伝統工芸士に認定される。日本工芸会正会員。
菊池さん作の、美しい姿の茶釜です。胴部には羽ばたく鶴が陽刻されていて美しい。茶釜は殆ど未使用、良い状態のお釜です。


・・・・・・・・・・・

NO.8934
キリン・ビア・ホール1958  ガンブリヌス飾り皿(木箱入り)
¥3,500

1958年製
直径22.3cm・立上り高さ3cm

麒麟麦酒が1958年に製作した企業ノベルティの傑作です1958年(昭和33年)は東京タワーが完成。年間を通してビールが飲まれるようになったのもこの頃。ガンブリヌスはビールを創造した神の名前らしい。ビール王とかビールの守護神とも言われる。ビールの守護聖人として 色々な伝説があるようです。それが描かれた飾り皿です。面白い珍品ですね。


・・・・・・・・・・・

NO.8935
朝日焼 煎茶碗
¥7,500|5客セット

明治時代
口径7cm・高さ4.8cm

朝日焼とは古くから茶の産地として名高い京都府宇治市で焼成されている陶器です。慶長年間に奥村次郎右衛門が朝日山麓で開窯した事に始まり、小堀遠州の指導を受けた後は「遠州七窯」の一つに数えられるまで隆盛しました。朝日焼は鹿背や燔師と呼ばれるほのぼのとした薄紅色を始めとし、三島や刷毛目等を特色とする京風の雅で洗練された表現が象徴的です。温かみある土味に斑文が浮かぶ朝日焼は茶陶としての地位を揺るぎないものにしています。この煎茶碗も朝日焼らしい。薄桃色の斑紋が器面に表われ、幽玄な趣きを見せています。器形も美しく、見事な古陶の味わいを感じさせてくれます。


・・・・・・・・・・・

NO.8936
宝山造 鉄釉片口型向付
¥4,500|5客セット
¥1,800|2客セット(+おまけ1客付き)

昭和戦前
長径12.5cm・短径9.5cm・高さ4.7cm

沓型の平向付です。口縁に小さな口の付いたデザインで、これは片口を模しているようですね。薄い鉄釉の素地に、濃い鉄釉を刷毛目に流しかけていて、渋くて良い味わいに仕上げてありますね。陶器ですが、意外と薄造り。底にはしのぎも入れて変化に富む造形となっています。上手な京焼向付けですね。


・・・・・・・・・・・

NO.8937
藍染木綿古布 扇紋入り 大風呂敷
¥8,000

木綿・藍染
幅164cm(5枚接ぎ)×長さ160cm

丈夫で状態の良い濃紺の藍染木綿の大風呂敷です。160cm長さの生地を5枚接いで風呂敷にしてあります。中央部には60cm×50cm程度の力布を当ててあり重いものを包んでも大丈夫なように補強してあります。殆ど使用感はなく濃い藍色が綺麗です。表も裏もほぼ同程度の状態です。丸に扇の白抜きの紋と対角線上の角に持ち主の名前が抜いてあります。間仕切りや敷物、埃除けなど色々なものにもお使い頂けますし、リメイク用にもお役に立つと思います。厚手でしっかりした状態の良い生地です。


・・・・・・・・・・・

NO.8938
歌川芳鶴筆 錦絵 武者絵 和田義盛
¥6,000

江戸時代
22.3cm×33.3cm。

歌川芳鶴:歌川国芳の一門。一声斎と号す。生没年不詳。今、大河ドラマでお馴染みの和田義盛の勇壮な武者絵です。馬の黒、鎧の青、義盛の顔の赤のコントラストが美しい錦絵です。上下の端は、小痛みありますが、裏打ちの無いオリジナルの状態です。芳鶴の錦絵は珍しいと思います。


・・・・・・・・・・・

NO.8939
歌川國安筆 錦絵 一ノ谷源平大合戦併八嶋檀浦図
売切れ

江戸後期
(25.8cm×37.4cm)×3

歌川国安:江戸後期の浮世絵師。江戸の生まれで俗称安治郎。一鳳斎と号す。初代歌川豊国の門人。合巻挿絵や美人,役者の錦絵を描く。
今年の大河ドラマの題材で、一の谷の合戦を描いています。沢山の人物が描かれ、絢爛絵巻ですんね。少しさめた江戸版の色彩がうつくしい。小破れ、小虫穴がありますので、大きい画像でご確認下さい。本紙は裏打ちなしです。


・・・・・・・・・・・

NO.8940
揚州斎周延筆 錦絵 鹿児島伝報記 甲突川戦争図
ご売約

幕末
(25cm×36.5cm)×3
国立国会図書館所蔵

揚州斎周延:幕末・明治期の浮世絵師。号は楊洲、楊洲斎、一鶴斎。狩野派に学んだ後、歌川国芳三代歌川豊国、豊原国周の門人に。明治維新の際は、幕府の御家人として上野彰義隊に加わり、政府軍と戦いましたが、捕らえられ高田藩に引き渡されました。維新後は画業に専念し、美人画、宮廷絵、歴史画など旺盛な創作活動を行いました。明治16年(1883)に第一回巴里日本美術縦覧会に出品し、好評を得て、翌年の第二回絵画共進会で受賞。作品の範囲、数量は非常に多く、開化風俗など、資料的にも価値のある作品を多く描いており、改進新聞の挿絵画家としても知られています。
鹿児島の戦い、甲突川の戦いを描いた3枚続きの錦絵です。錦絵独特の赤を強調しているので、戦場の生々しさが良く表れていますね。1枚目の端や3枚とも下部に小虫穴ありますが、裏打ち、またトリミングの無い錦絵です。


・・・・・・・・・・・

NO.8941
秦 金石筆 雪中山水図(合箱)
ご売約

大正時代
紙本
本紙サイズ:47.5cm×136.3cm
掛軸サイズ:61cm(66.2cm)×210cm

秦金石:南画家。安政2年京都生。名は辰。字尚珉、金石と號し、また應聲、萬善等の別號あり、安政二年六月京都祇園社内竹ノ坊生れる。父名應。書畫、篆刻、俳諧を嗜む、金石幼より其の趣味を覺り、中西耕石の門に入り南宋畫法を學ぶ。時に筆硯を携えて四方に漫遊する。内国勧業博覧会・文展で活躍した。日本南画協会の結成にも参加した。
金石さんの、墨画淡彩の山水画の大幅です。峩々たる山並み、力強い松の大樹、人物には旅愁を感じます。薄墨の空や、河は見事な筆使いですね。立派な山水画です。


・・・・・・・・・・・

NO.8942
大西圭斎筆 花卉図(合箱)
¥12,000

江戸後期
紙本
本紙サイズ:22.5cm×83.8cm
掛軸サイズ:32.4cm(36.8cm)×134.5cm

大西圭斎:江戸時代後期の画家、豊前中津藩士で江戸の生まれ。名は允、字を叔明、もしくは名は弘、字を毅卿。号は圭斎、幽渓、小痴道人、一簑烟客、再生翁など。通称を又一。大西家は代々豊前中津藩の家臣であり、圭斎も江戸詰家臣として、藩主奥平昌高に仕えた。画は、はじめ沈南蘋の風を好み、宋紫石、紫山親子と、その孫である宋紫岡に師事し、その後、谷文晁の写山楼に入門する。沈南蘋ほか、明清の画人の法を修め、花卉図や花鳥図をよくした。
圭斎さん、お得意の花や果物を描いた掛軸です。淡彩で描かれた百合の花や琵琶が美しいですね。小品ですが、いかにも圭斎さんらしい、いい花卉図sです。表装もあっさりとした絹装で、いい出来の掛軸です。


・・・・・・・・・・・

NO.8943
浦上 玉堂筆 墨画山水図(合箱)
¥18,000

江戸後期
紙本
本紙サイズ:56.7cm×123.3cm
掛軸サイズ:67.5cm(77.3cm)×187cm

浦上玉堂:戸時代後期の南画家。名は孝弼、字は君輔。備前池田家の支藩鴨方の藩主政香の側近として仕える。仕官中に度々江戸に往来し、琴や詩、絵を学ぶ。寛政5年には官を辞し、翌年に春琴、秋琴の二子を連れて脱藩し、後半生は自由人として各地を遊歴し晩年は京都に居を構えて作品を描く。渇筆や擦筆を多用し、繊細な筆遣いや僅かに施された透明感ある彩色表現によって、美しい心象風景を表す独特名筆致の山水画を数多く描いた。
本作品は墨画ですが、玉堂さんお得意のタッチでリズミカルな山水図を表現しております。小折れはありますが、紙本の大幅、味わい深い見事な山水図です。


・・・・・・・・・・・

NO.8944
白丹波 屋号入り通い徳利
¥3,500

明治時代
口径4.4cm(内径2.5cm)・胴径14cm・高さ27cm

白丹波の大徳利です。艶の良い白釉の艶が美しくかがやいております。白の肌に呉須の青が映えますね。徳利の口縁に鉄釉を掛けてアクセントにしてあるのが、いかにも民芸らしくて面白いですね、胴部には、ところどころ小雨漏りも出ていて風趣を添えています。花生けには持ってこいですね!


・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8945
丹波 イッチン紋点描壺
¥12,000

江戸後期
口径14.3cm(内径12.2cm)・胴径26cm・高さ26cm

焼き締めの素地に、白釉の点描でイッチン紋を輪線で描いた、これは優れた意匠の中壺です。良く見ると、この白点は筒書きで付けられたものとわかり、この手間はいにしえの手わざと知れ、美しく感じるのです。まさに古民芸、見事な、職人の手仕事の技の冴えを堪能出来る、珍品の丹波壺です。



このページのトップへ戻る