田舎は骨董が安い!
     こちらは「毎月更新 新着商品」のページです   

~ 7月26日更新  新着商品 ~
  8月31日まで、日本全国送料( 代引き手数料も )無料キャンペーン中!  ご注文お待ちしております!  

新着商品 皿・鉢 猪口・茶碗 ガラス・ノリタケ 古丹波 漆器 いろんなもの 着物・布 印判 
古民具 軸・横額 時計・絵 ノリタケ お茶道具 黒豆こまめ堂 注文ご案内 お店ご案内 トップページ 

お品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください。
(傷などがある場合は記述してございます。大きな画像でご確認ください。)

お便り・ご質問・お問い合わせは
こちらへ
表示価格は全て内税価格です

写真をクリックしてください。詳細画像がご覧いただけます



在庫は2個ございます


煙草盆はおまけでお付けします


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7671

色絵 サーカス象の火入れ

¥6,000/1個(2)
 ※煙草盆はおまけで付きます※

大正~昭和初期
火入れ:口径(内径)7.3cm・胴径10.3cm・高さ8cm
煙草盆:22.3cm×15.3cm×7cm

柔らかい、磁貫におおわれた、アイボリー色の素地の輝きが美しい、小型の球体の火入れです。それに、描かれている図柄が秀逸ですね。象と花、しかも、これはアール・デコ・デザインになっているではありませんか!お品の状態も良いのが嬉しいですね。可愛いデザインの優れものです。

*塗りの硬い、盆があったので、お付けします。しかし、これはあくまでもオマケである、と考えてください。





 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7672

印判手 西洋人農耕の図大皿

¥8,000

明治時代
長径26cm・短径22cm・立上り高さ3.3cm

面白い意匠の印判手木瓜型のお皿です。西洋人の男女、女性は鎌を持ち、男の人は束ねた麦の束を持っていますね。西洋人ですから、当然洋装で中世風の衣装が面白いのです。その雰囲気は、どこかミレーの「晩鐘」のようですね。図変り印判の、非常に面白いお品ですね。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7673

ベロ藍 釉裏彩草花紋蓋物

¥6,000

明治時代
直径23.3cm(内径19.5cm)・高さ8.3cm
蓋径20.3cm・蓋をした全体高さ12cm

ベロ藍の、濃い藍の色が白い器面の映え美しい大型の蓋物です。ダミを生かした草花の絵付けが優雅で綺麗ですね。しかも釉裏彩で可愛い菊の花のような草花も描かれ、そのピンクの花が、藍の色の中のアクセントとなり効果を上げています。蓋と身の外側には鉄釉でグルリと円を描き、これもアクセントで変化を付けています。UFOのような器形も優雅な、うつくしい蓋物です。

目立たない所に極小難1ヵ所あります。大木画像にてご確認くださいませ。










 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7674

オールドノリタケ 紅葉葵(モミジアオイ)図花瓶(オリジナル箱付)

御売約

昭和戦前
口径5cm(内径4.5cm)・胴径9cm・高さ17.5cm

乳白色の肌合いが、美しいオールド・ノリタケの可愛い花瓶ですね。双耳のデザインが秀逸です。そしてこの柔らかな白色は、ボーン・チャイナだからですね。この美しい素地に描かれている植物は紅葉葵と云うらしい。手描きで描かれていて、一寸”柿右衛門”を思わせますが、そこはノリタケ、洋風は損なわれてはいませんね。花の赤色が一際鮮やかです。当時の外箱、そして付属のリーフレットが綺麗に残っているのも嬉しい。まさに近代のシノワズリー、ノリタケ輸出品の中の、貴重な逸品ですね。





  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7675

色被せ カットガラス鉢

¥6,000

昭和初期
直径19.6cm(18.3cm)・高さ8cm

清涼感溢れるブルーの色合いが美しい、色被せのガラス鉢です。鋭い手彫りのカットで模様が刻まれており、それだけでシャープな美しさを感じさせますね。被せてあるブルーの色も爽やかに美しいので、ガラスの美が感じられますね。ねっとりとした和ガラスの質感に美しいカット模様が映える、アール・デコのガラス工芸品です。
本当に軽微な傷みがありますが、ガラス表面の擦れなどの使用感は感じられない美しいお品です。詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。







  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7676

カットガラス鉢

¥6,000

大正~昭和初期
口径15cm(内径13.7cm)・胴径15.5cm・高さ7cm

可愛い鉢鉦のような器形をもつ透明のガラス鉢です。柔らかなアールに包まれた、そのフォルムは美しいですね。胴部と底には、手彫りのカットが施されアクセントとなっています。ねっとりとした気泡の見えるこのガラスの質感は和ガラスの良さでありますね。さらに、このキラキラと輝く風合いはウランが混入されておるからです。これにサクランボのような色鮮やかな果物なんかを盛ると、清涼感が、さらに倍加しますね。
僅かな時代傷みありますが、軽微です。詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7677

志田 染付け山水図大皿

¥4,500

江戸後期
直径28.3cm・立上り高さ4.8cm

人気の志田染付けの、整った絵付けが魅力的な山水大皿です。だみを多用して、手馴れた筆致で描かれた山水模様が力強く美しい。後ろに聳え立つ険しい山峡など、中国の山水画のようで、志田独特の山水図の絵付けとなっていますね。麓の苫屋や海に浮かぶ帆船も見え、綺麗な絵付けのお品となっています。しかし、志田としては一風変った山水皿ですね。この手は蓮弁の器形が多いのですが、このお品は円形で、口縁を口紅でトリミングしアクセントが付けてあります。面白い、味わい深い逸品ですね。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7678

古伊万里 草花紋徳利

¥12,000

江戸中期
口径3.7cm・胴径13cm・高さ22.5cm

この手の伊万里の徳利に、”パイナップル紋”などと呼ばれているものがあり、この徳利もその意匠によく似ていますね。生掛けのとろりとした肌合いで、少々、くすんだ呉須の色合いが堪えられませんね。うしろに見える眼鏡のような文様は、これは蝶々でありましょうか。渋く、美しい古伊万里の徳利です。



Aセット・Bセットをご指定ください

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7679

伊万里染付 花クルス紋中皿

売切れ/A-5枚セット
売切れ/B-5枚セット

 (Bセットはおまけ1枚付きの6枚でお送りします)

江戸後期
直径21.5cm・立上り高さ3.5cm

伊万里染付けの美しい花唐草の七寸皿です。、涼やかな呉須の色。絵付けのデザインも花クルス模様で非常に美しいですね。花をモチーフにしてあるため、花模様が非常に清楚で好もしい絵付となっており、線描きの連続模様なので、流れるような美しさです。本当に可愛い絵付けの、清清しい印象の七寸皿です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7680

伊万里色絵 花鳥紋大皿

¥14,000

明治時代
直径46.3cm・立上り高さ6.7cm

賑やかな色絵の大皿です。立ち上がりが深い、美しい器形の大皿です。赤絵と金彩で細かく鳳凰を描いた窓絵が面白い。また、大きく葉を茂らせた樹、これは桜でしょうか、生垣に広がるあかい花も美しいですね。兎に角、えこの絵付けの丁寧さには舌を巻きますね。赤絵と濃い藍とのコントラストも美しい、金彩もよく残っていて、見事な調和の絵付けを見せる、非常に上手な伊万里色絵金彩の大皿です。





  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7681

九谷色絵 獅子置物

売切れ

大正~昭和初期
幅32cm・奥行21cm・高さ27cm

お馴染みの九谷焼の玉獅子の置物です。置物ならではの豪華絢爛な盛絵の彩色、そして色鮮やかな玉座の盛絵。九谷ならでは妙技をご堪能下さい。 九谷の獅子の置物は魔除けとして昔から使用され続けていて人気のお品です。本品は古い時代の獅子の置物なので、現在のものより、表情も厳しく、人の媚びていませんね。大振りの堂々たる玉獅子の置物です。

状態良好です。後ろ足底に1ヵ所だけ小難ありますので、大きな画像にてご確認くださいませ。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7682

高山 始油彩 「大山山麓」(共シール)

¥8,000

現代作
絵サイズ:キャンバス0号 18cm×14cm
額サイズ:32.5cm×28.6cm×5cm

洋画家、高山始さんは、大正9年に岡山県勝央町にお生まれになりました。昭和28年に風光会に初入選、以来昭和34年には日展に初入選、以後日展会友となる。風景画を得意として活躍する。平成25年没。
小品ですが、やわらかな色調が美しいですね。金箔張りのゴージャスな額に入っていて、壁にかけると豪華で、油絵の魅力を充分に堪能出来ます。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7683

北前船 象頭山金光院 祈祷札

売切れ

安政三年
お札:上幅19cm・下幅16cm×長さ100cm×厚み2.2cm
保護箱:21.5cm×102.7cm×5.5cm

江戸期に於ける、航海安全を祈る祈祷札です。札に書かれている象頭山金光院とは、香川県琴平にある松尾寺(金毘羅大権現)のことだそうで、金毘羅さんは船乗りの崇敬を集める海上の守り神ですので、お札を護摩供養をしてもらったのでしょう。。松尾寺は、明治期の廃仏毀釈により、金刀比羅宮に変えられました。杉の厚板で、外箱に納められていたためか、状態も非常によく、綺麗に残っています。








   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7684

古丹波 赤土部黒釉窯変壷

売切れ

江戸初~中期
口径14.5cm(内径11.5cm)・胴径26cm・高さ28.5cm

良く火が当たり、見事な自然釉が、胴部を覆う赤土部黒釉の壷です。菜種の自然釉が玉垂れとなって流れ落ちるさまは、見事としかいいようがありませんね。荒々しいひっつき、釉爆ぜなどは、良く焼かれた、まさに火の芸術としか言いようのない出来栄えですね。時代を経た黒釉の輝きは、虹が出て玉虫色に輝いております。なかなかこのように、見事に自然釉がでている古壷はありません。中壷ですが、その存在感は抜群の佇まいですね。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。









    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7685

丹後宮津藩城主 本荘家ご下賜の三つ盃(桐箱)

売切れ

江戸後期
大:直径17.6cm・高さ6.2cm
中:直径16cm・高さ5cm
小:直径14.7cm・高さ4.6cm

見事な高蒔絵の御紋が、盃を覆う大変立派な偉容の引き盃です。城主は、勲功のあった下々に、この様な家紋を蒔絵にした盃を下げ渡したようです。本荘家の正紋である「九つ目結い」、徳川綱吉の生母、桂章院の「違い大根」「緋扇」「揚羽」など、いずれも誇らしげで偉容に満ちております。「九つ目」や「大根」だけの平蒔絵盃はよくあるのですが、ここまで豪華な高蒔絵の盃は御座いません。今、NHKの大河「西郷どん」、今後、長州攻めのおりには、必ず登場する本荘伯耆守は、この家紋の主であります。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。


  




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7686

花鳥蒔絵の硯箱

売切れ

幕末~明治時代
19.1cm×25.1cm×4.3cm
(本体内寸:17.7cm×23.5cm×2.9cm)

若松の蒔絵が美しい古雅な硯箱です。切り金も入り、いい造りですね。裏は梨地で、松竹梅の蒔絵が綺麗です。身の内側も同じく松竹梅の蒔絵となっていて、デザイン良く纏められていますね。金縁の硯はオリジナルですが、銅製の”波千鳥”が、けり彫りしてある水滴は後補のようです。雀に、土筆、蒲公英やスミレなども描かれて、可愛らしい素敵な硯箱です。普通に使っていただけますが、蓋や身には小傷み、擦れ傷など見られますので、お値打ち価格でご奉仕いたします。



 黒豆こまめ堂もちょこっと更新しております。 是非ご覧くださいませ!   byおやびん 

**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

①商品番号・商品名(必要な場合は個数)
②お名前・ご住所・電話番号
③配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
④お支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
⑤質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772-22-2421または0772-22-7167
または090-5964-2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772-22-7167へどうぞ。