新着商品 9月27日(月)朝10時ごろ更新しました!

表示価格は税込み価格です。
写真をクリックするとお品の詳細をご覧いただけます。

お品によって、発送方法により時間帯指定をお受けできない場合がございます



・・・・・・・・・・・
一押し!




NO.8621
草花蒔絵の朱塗り大型図変り菓子椀
売切れ|A-5客セット
売切れ|B-5客セット
売切れ|C-5客セット
売切れ|D-2客セット(+おまけ椀2客と蓋3枚)


大正時代
茶碗径13.5cm・高さ5.9cm・蓋径12.7cm・全体高さ9cm

美しい朱の色が眩い、蒔絵の大きな菓子椀です。華麗な草花の高蒔絵が豪華で美しいですね。しかも総て絵変りで描かれていて見事な出来栄えとなっていますね。貝を埋め込み、身の方にも霞のような蒔絵が描かれ非常に上手な造りです。大型の菓子椀なので、存在感も抜群です。



・・・・・・・・・・・・



NO.8622
草花蒔絵の図変り菓子皿
売切れ|A-5枚セット
売切れ|B-5枚セット
売切れ|C-5枚セット


大正時代
直径11cm・高さ3.1cm

シックな黒漆の菓子椀です。高蒔絵に梨地を用いた絵付けが黒く艶の良い素地に映えて美しいですね。蒔絵は総て図変りになっていて、古雅で美しい。椀型の薄造りの器形も優雅です。黒漆なので、夜景。銀で月を描いた処など、非常に心憎い趣向でありますね。



・・・・・・・・・・・・

NO.8623
貝摺りの手焙り火鉢
¥4,500

大正時代
直径(内径)25cm・胴径27.4cm・落とし径(内径)22.6cm・高さ(落とし深さ13cm)

細かな貝殻が黒い器面に散りばめられ、それが日に当たるとキラキラと輝き美しいですね。薄手の素地に黒の漆塗り、シックで美しいですね。勿論、落としが付いているので火鉢としてもお使いいただけますが、これは観葉植物の鉢としても良いですね。色々と見立ててお使いいただくと、楽しいお品です。



・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8624
乳白ガラスの大型電傘
¥8,000

大正時代
胴径(最大径)31cm・口径15cm(内径13.3cm)・高さ23cm

乳白ガラスの大型のドーム型の電傘です。我が家でも一つ吊るしているのですが、電気を付けると、得も言われぬ暖かみのある色合いが表われます。これは、現代のⅬEⅮとは違う、クラシカルな色合いで、堪えられません。どうぞお家のどこかに、このような電傘をぶら下げてみて下さい。それは感動ものですよ。



・・・・・・・・・・・

NO.8625
乳白ガラスの大きな丸い電傘
¥6,000

大正時代
胴径(最大径)29cm・口径12.4cm(内径10cm)・高さ32.5cm

大きな球形の電傘です。このような大きな丸電傘は、あまり見かけないので貴重ですね。乳白ガラスの艶もよく美しいですね。長いコードで天井から吊るすと面白いオブジェになること請け合いです。面白いガラス工芸品ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8626
伊万里染付 葦に鷺図中皿
売切れ

明治時代
直径24cm・高さ6.1cm

伊万里お得意の鷺の図の中皿です。葦の茂る水辺に、群をなす5羽の鷺を見事に捉えた絵付けは正に伊万里の絵画的センスが光る絵付けになっておりますね。器形も縁反りの浅鉢タイプで優雅なフォルムが美しい。伊万里染付の見事な逸品と云えますね。



・・・・・・・・・・・

NO.8627
寅介造 京焼染付盃
¥4,500|2点セット

幕末
写真左:口径6.7cm・高さ2.5cm
写真右:口径5.5cm・高さ3.5cm

幕末の京焼の陶工、寅介の作品2種です。いずれも草花紋、京焼らしい南画風の古雅な絵付けが好もしいですね。手捻りでは無く、ろくろで引き上げた、すっきりとした造形に仕上げてあります。白い器面に上質な呉須の青が清々しい良い出来の京焼盃です。
写真右の盃は小難ございます。詳細画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8628
湯浅廸哉油彩 天の橋立図(額装)
売切れ

現代作
F10号:53cm×45.5cm
額サイズ:66.5cm×59cm×約5cm

湯浅さんは福井県高浜町の画家です。早稲田大学 卒業後、渡辺淳氏に師事1977年 示現会展 初入選1978年 示現会展 佳作賞受賞980年 示現会展 佳作賞受賞1986年 示現会賞 受賞 日展初入選1987年 日展入選
日展画家の湯浅さんの天の橋立を俯瞰で描いた10号の大作です。色彩美しく、松並木に町並みが見事に捉えられていますね。金張りの美しい額装、さすが、10号の大きさは迫力がありますね。



・・・・・・・・・・・

NO.8629
青磁 花紋印刻植木鉢
売切れ

昭和初期
長径31.7cm・短径25.2cm・高さ9cm

ちょっと渋い青磁色が美しい、楕円型の植木鉢です。厚造りで、実にどっしりとしています。胴部に彫りこまれた花模様が実に鋭く、青磁釉の濃淡で美しく浮かび上がり見事な仕上がりになっております。浅めの三足鉢なので、何を植えても使いやすいのではないでしょうか。良い出来の青磁植木鉢です。
状態は詳細画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・

NO.8630
印判手 業平東下りの図角皿
¥4,500|5枚セット

大正時代
約14cm×14cm(対角径約15cm)・立上り高さ3.1cm

面白い図柄の印判小皿ですね。馬に乗る、烏帽子の公家、これは在原の業平に違いない。いわゆる業平東下りの図ですね。お付きの者の表情も面白く、稚児の後ろ姿には哀愁を感じます。印判に手書きでダミを付けた良い絵付け。図変わり印判の嬉しいお品です、隅切りの器形も優雅。
5枚の内2枚の口縁に軽微で小さな釉割れがあります。



・・・・・・・・・・・

NO.8631
伊万里赤絵 鳳凰唐草紋覗
¥5,000|A-5客セット
¥3,500|B-5客セット
*Bセットは極小難2客を含みます*

明治時代
口径4.5cm・高さ5.3cm

赤絵が印象的な、可愛い伊万里の覗猪口です。赤絵に金彩の唐草が美しいですね。窓絵の鳳凰も優雅に舞っております。呉須の円には、四つ割り家紋、意匠にも優れた美しい伊万里色絵の覗猪口ですね。盃にも最適です!



・・・・・・・・・・

NO.8632
伊万里染付 竹に漢詩紋小皿
¥3,500|5枚セット(8)
¥1,400|2枚セット(1)

昭和初期
直径11cm・立上り高さ2.6cm
( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です

口縁が鋭く立ち上がった、上品な小皿ですね。色白く上手な造りの器面に、巌と竹が涼やかな呉須で描かれ、さらに漢詩が書かれていて風趣を添えていますね。普通の手塩とは一味違う、上手な造りの伊万里染付小皿ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8633
伊万里染付 竹に漢詩紋豆皿
¥3,500|A-5枚セット(1)
¥3,500|B-5枚セット(2)
 *Aセットの1枚のみ高台に小削げあります*

昭和初期
A:直径7.7cm・立上り高さ1.3cm
B:直径7.8cm・立上り高さ1.7cm
( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です

上の小皿と同じ意匠の、可愛い豆皿ですね。色白く上手な造りの器面に、巌と竹が涼やかな呉須で描かれ、さらに漢詩が書かれていて風趣を添えています。径8cmほどの極小の小皿です。少し珍味を盛るのには持ってこい、白い器面には何でも似合います!



・・・・・・・・・・・

NO.8634
木村盛伸造 白釉 「器」(共箱)
¥8,000

現代作
口径8.6cm・胴径21.5cm・高さ10.5cm

木村盛伸:1932年 京都五条坂に京焼の絵付け職人、木村聖山の三男として生まれます。長兄は盛和氏で、弟に盛康氏がいます。京都市立美術工芸学校で彫刻を学んだ後、長兄の盛和の工房で、焼き物を始めます。1958年 第五回日本伝統工芸展で、「壷」が初入選を果たします。1967年 五条坂から左京区岩倉木野に移住し、窯を築き独立します。1990年 日本工芸会理事に就任。1992年 京都府指定無形文化財保持者に認定されました。
名手の手になる美しい白釉の器です。その粉引のような味わいは、白釉を扱い慣れた名手の造形であります。 



・・・・・・・・・・・

NO.8635
南紀男山焼 染付山水紋水差し(合箱)
¥6,000

現代作
口径15.8cm(内径13.8cm)・高さ16.3cm・全体高さ18cm

男山焼は紀州藩10代藩主・徳川治宝が藩の御用窯として開かせたのが起源。文政10年、崎山利兵衛が、当時の紀州藩の全面的な支援のもとに窯を開いた、紀州焼物の代表的な陶磁器です。大規模な登窯などもそなえ、最盛期の生産量は紀州一に。主に庶民の日用雑器が多く、全国各地に船で積み出されました。安政元年の津波で被災しましたが、濱口梧陵の支援により復興。明治11年まで50年余りにわたり焼き継がれました。
そのように歴史のある南紀男山焼。本品は、その復刻版ですね。白い器面に良質の呉須で山水図が美しく丁寧に描かれています。



・・・・・・・・・・・

NO.8636
古瀬戸 鉄釉茶入れ
売切れ

江戸時代
口径(内径)2.2cm・胴径5.4cm・高さ7.6cm・全体高さ8cm

瀬戸は国内最大の茶入の生産地で、瀬戸焼の陶祖・初代加藤四郎左衛門景正が中国に渡って陶法を学び帰朝して焼き始めたのがその起源であるとされています。本品も、鉄釉の渋い輝きは落ち着いた良い味わいを醸し出していますね。なだれを打った様な窯変も見事、古陶の美しさを感じさせます。蓋は牙蓋、時の経過で良い味わいに染まっています。仕覆の紐は切れていますが、これも良い味わいの時代箱に収められています。



・・・・・・・・・・・

NO.8637
土人形 本を読む少女
¥4,500

明治時代
幅11cm・奥行7.5cm・高さ14.3cm

可愛い娘さんがお勉強をしている姿の土人形です。これはおそらく、兵庫県氷上町稲畑で、江戸の昔から造られている稲畑人形と思われます。伏見の人形などと比べると、素朴でかなり土俗的な味わいなのですが、その分古民芸の魅力に溢れています。非常に可愛い、小型の土人形です。娘さんは珍品です。



・・・・・・・・・・・

NO.8638
木彫 恵比寿像
売切れ

江戸時代
幅5.7cm×奥行5cm×高さ15.5cm

お被りになっている烏帽子が大きいので、神像のようにも見えますが良く見ると、左の脇には鯛をお抱えになっておるので、これは恵比寿さんであると知れます。埃や煤が厚くこびり付き、表情の良く見えませんが、これが味わいというものでしょう。素朴な民衆仏の面白いお品です。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8639
黒柿製 敷き板
売切れ

昭和初期
29cm×20cm×3.5cm

3,5cmもの厚さのある黒柿の敷き板です。墨を塗ったような、柿の色が渋くて魅力的ですね。角も綺麗に面取りで仕上げてあり、仕事も丁寧です。持つとずっしりと重さを感じる無垢板。木工ファンには嬉しいお品です。蟲損も無いので、油拭きして仕上げていただくと、さらに魅力が増しますよ。



・・・・・・・・・・・
 
NO.8640
壽石筆 竹林清渓図(共箱)
¥5,000

昭和戦前・絹本
本紙サイズ:26.2cm×117.5cm
掛軸サイズ:37.5cm(43cm)×187.5cm

壽石という日本画家は何人かいらっしゃいますが、どの壽石さんかは特定出来ませんでした。しかし本作、絹本に書かれた竹林の細密さは中々見事な描写ですね。岩や山並みに使われた、淡い緑青が幽玄さを神秘的に表現しており良い日本画に仕上がっておりますね。本紙も表具も綺麗な掛軸です。



・・・・・・・・・・・

NO.8641
宮田司山筆 雪中の雀図(合箱、紙秩)
¥8,000

現代作・紙本
本紙サイズ:32.6cm×32.3cm
掛軸サイズ:46.7cm(52cm)×127cm

宮田司山は、京都府久美浜生まれ。はじめは京都で菊池芳文に学び、のちに上京して荒木十畝に師事した有名な日本画家です。帝展の常連作家として活躍し、新文展で無鑑査で出品できるほどの実力を持ち、日本画会の会員にもなっています。
花鳥画の得意な司山さんの手になる美しい日本画です。雪でたわんだ笹が見事に捉えられています。そこに遊ぶ雀が可愛いですね。上部に薄紅を引き、朝焼けでしょうか?冬の美しい景色を捉えております。笹の葉にかかる雪を胡粉で描き、まさに日本画の真骨頂です。染みがありますが、紙本なので洗っていただけば美しくなると思います。



・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8642
曹洞宗 高階瓏仙筆 「思無邪」一行書(額装)
売切れ

現代作・紙本
本紙サイズ:90cm×32.7cm
額サイズ:119.5cm×45cm×2cm

高階瓏仙:1876~1968年、曹洞宗第18代管長、永平寺第71世貫首、総持寺第12世貫首。 福岡県嘉穂郡上臼井村に生まれる。明治36年福岡県永泉寺住職。同38年静岡県崇信寺住職。 昭和25年セイロンでの第1回世界仏教徒会議の日本代表となる。
瓏仙禅師特有の軽やかな筆致ですね。文字部分に極小へこみみられますが、あまり気になりません。少々焼け見られますが、状態の良い横額です。

※送料についての大切なご案内※
こちらのお品は大型商品につき、送料1,500円のご負担をお願い致します。但し、秋田県・青森県・岩手県は2,000円、北海道は2,500円となります。沖縄県はご相談下さい。
代引きご希望の場合はご相談ください。




・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8643
白丹波 染付竹の図中皿
¥10,000

明治時代
直径22.5cm・最大径23.5cm・高さ4.5cm

素焼きの素地に白釉を掛け、丹波お得意の竹のモチーフを呉須で描いた中皿ですね。筆の良く走った竹の絵は勢いがあり美しいですね。磁貫の入った白釉も風趣があり、古陶の味わいを見せていますね。丹波の古陶には、皿の形のものは少なく貴重です。珍品の白釉皿ですね。



・・・・・・・・・・・

NO.8644
丹波 飴釉筒型鉢
¥8,000

明治時代
口径21.5cm(内径19.5cm)・底径18.5cm・高さ23.5cm

飴釉の輝きが美しい、丹波の筒型の桶です。おそらく、この桶は紡いだ麻糸や絹糸を入れておいた容器なのでしょう。その姿は実にどっしりとしていて、存在感は抜群ですね。火の当たった部分はなだれを打ったような窯変も出ていて、古陶の美しさを表現しております。あまり類品を見ない丹波の逸品ですね。
状態は詳細画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・

NO.8645
丹波 お歯黒壺
売切れ

幕末~明治時代
口径(内寸)7cm・胴径10.5cm・最大径11cm・高さ14.3cm

丹波のお歯黒壺です。波のお歯黒は、一種独特の型をしていて、胴の細い、縦長のスマートな形です。口縁の直ぐ下に可愛い注ぎ口が付いております。口縁は焼き締めになっており、胴には一度鉄釉を掛けてあり、よく火があたり、ゴマ飴釉の窯変も荒々しく変化に富んだ風合いを見せていて、素朴な雑器の面白さがあります。内側は鉄錆がこびり付き、まさにお歯黒です。花活けにどうぞ。




このページのトップへ戻る