今月のぶつぶつ・・・おやびんのつぶやき

歌会始の儀を今年は最初から最後まで観ました。テレビ越しに愛子さまにお目文字叶うかと思ったのですが、ご学業優先だったみたいです。お題は「友」。どのお歌も心にしみるものが感じられるものばかりでした。三笠宮彬子さまが詠まれた歌「器から こぼれてしまった 言の葉を 静かにつむぐ 友の横顔」。じんわり感じ入るものがありました。そして14歳の中学男子の歌、「友の呼ぶ 僕のあだ名はわるくない 他のやつには 呼ばせないけど」。同じ趣味を通じて仲良くなった友達のことを思って詠んだ歌とのことだそうです。あだ名は時として人を傷つけることがありますが、親しみや友情の証しだったりもします。良いものか悪いものか、嬉しいものかそうでないか、そこは心で感じとれるもの。昨今は悪い方面だけを取り上げて、競争もダメ、順位付けもダメ、あだ名もダメとダメダメ尽くし。私らはそんなにアホなんかぁ??アホな大人に育てられる子供は本当に気の毒です。黒猫にゃんも「そうだにゃ~!」と言うてますでぇ!

おやびん 1月26日




 店主・善さんの雑記帳 

     
~骨董屋は夢見る~ 

 店主雑記帳、ずっとお休み中のままです・・・
 すみませ~ん!
 これまでの善さん雑記帳はこちらでご覧いただけます。