田舎は骨董が安い!
    2016年9月より、今ご覧の新しいURLとなりました。 こちらのページまたはトップページでお気に入り登録をお願いします。
   こちらは「古丹波・丹波焼」のページです


古丹波・丹波焼のお品(小壷・大壷・徳利・鉢・花活け・おろし金)いろいろあります。

備前焼など六古窯の他のお品は「いろんなもの」の部屋をご覧下さい



見たい写真をクリックすると、大きくなります。
商品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください。
お便り・ご質問はこちらへ

表示価格は全て内税価格です
 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7403

丹波 幔幕紋徳利

売切れ

江戸後期
口径3.2cm(内寸1.9cm)・胴径8.5cm・高さ17cm

江戸期の丹波の作品の一典型であります。白釉の掛け分け徳利です。胴部の白釉のアールが、垂れた幔幕のような景色に見えるので幔幕徳利とも呼ばれます。この手の意匠の徳利は、利き酒用の徳利が多いので、極小のサイズのものが殆どですが、このお品は
高さ17cmと普通の徳利サイズで大きいのです。普通に使うことが出来る、この大きさは非常に貴重ですね。灰釉のグレーに映える渋い白が美しい、見事な偉容の幔幕徳利です。漉し土を使った、薄く軽い造りも嬉しいのです。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7402

丹波 色絵寸胴花活け

¥8,000

明治時代
口径約16.5cm(内寸約14cm)・最大径19cm
底径15.5cm・高さ31.5cm

丹波の少し大振りな花活けです。底部を膨らませ安定した姿に造られています。この花活けは、素朴な作品の多い丹波の製品としては、灰釉、緑釉を用いて色付けし、恐らく花を描いているのでしょう。渋い色ですが、丹波には珍しく装飾性を持たせているのが良いですね。鉄釉のも良く火が当たり、艶々と焼き締まっています。民芸の素朴な美しさを充分に体現した、美しい花活けですね。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7401

古丹波 赤土部大徳利

売切れ

江戸初期
口径5.5cm(内径3.6cm)・胴径24cm・高さ49cm

高さ49cmもある巨大な大徳利です。丹波では、このような形状の徳利は、その形がラッキョウの形ににているので、らっきょう徳利と呼ばれています。小型のものから、大きさはいろいろありますが、本品が巨大、この大きさのものは中々ありません。赤土部の渋い赤にゴマが降り、風趣を添えています。ただ、胴部には大きなニューが入り、口縁にも欠けが見られる残念ものです。その分、お値段でご奉仕いたしますが、この威風堂々の大徳利、古丹波の魅力溢れる逸品ではありますね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7373

古丹波 胴締め壺

¥38,000

桃山〜江戸初期
口径約10cm・胴径19.5cm・高さ26cm

胴を膨らませず、ストンとしたスマートなフォルムに仕上げた面白い意匠の古丹波の中壺です。底部も削りだした、そのスタイルは、いわゆる信楽などの「せんべい壺」にも通ずる姿ですね。丹波では、この形が、のちの「山椒壺」に発展していきます。よく焼き締まり、胴部や頚には”菜種”の窯変が出ており見どころとなっております。また、火の当たりが強かったのか、頚が少し傾いでいるのも、風趣ですね。丹波の作品としては余り見かけない、面白い中壺ですね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7372

丹波 うるか壺

売切れ

江戸後期
口径5.3cm(内径3.4cm)・胴径7.3cm・高さ6.3cm

丹波の極小の壺、うるか壺です。うるかとは鮎の内臓の塩辛で、丹波地方の名産です。それを入れる容器が「うるか壺」なのです。この容器は、さまざま種類があるのですが、本品は形が非常に美しい。肩に白釉で輪線模様を付け、これも美しい意匠ですね。小欠けがあるものの、可愛い蓋が残っているのも嬉しいですね。底は糸切り底になっており、上手な丁寧な造りにも好感が持てます。古民芸の花、可愛いうるかの小壺ですね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7343

古丹波 自然釉大壷

売切れ

桃山時代
口径11.5cm(内径8.6cm)・胴径25cm・高さ35cm

古丹波の、雄大な自然釉が肩口を覆う美しい大壷です。丹波の自然釉は柔らかな翡翠色、これが雪崩れを打ったように、降りかかり非常な見どころとなっています。赤い、良く焼き締まった素地の色に映え見事です。口縁が失われてはおりますが、この自然釉の掛かり具合をみれば、気になりませんね。ちょっと小振りの美しい古格あふれる古丹波の壷ですね。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7342

白丹波 墨流し小壷(桐箱)

売切れ

江戸後期
口径10.8cm(内径9cm)・胴径14.5cm・高さ14.5cm

墨流しという技法は、丹波で江戸後期から行われるようになった技法で、濡れた素地に白釉を掛け、そこに鉄釉を流し、それを揺すり流れる鉄釉の模様を付けるというこった技法の絵付けの方法です。本品も鉄釉が白釉の上をとろりと流れ、墨流し作品では、大きな美しい文様を醸し出しております。漉し土を使った薄つくりの見事な轆轤の技、器面に現れた、使用による雨漏りも風情があります。この手の小壷は、大概口縁に傷がありますが、このお品は無傷。丹波の墨流しの作品は数も少なく貴重です。珍品の白丹波小壷です。水指にも最適の大きさですね。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7291

丹波 鉄釉大壺

売切れ

明治時代
口径10cm(内径7.3cm)・胴径25cm・高さ42cm

鉄釉の渋い輝きがうつくしい大壺です。頚の長い、大きな大徳利のようですね。轆轤目による輪線が胴部を被い、美しく変化に富んだ見どころとなっています。炎が良く中ったのでしょう、焼きひずみ、すがたが少々かたむいているのも、古民芸の味わいです。照りの綺麗な大壺です。

口縁に1か所だけ小ソゲあります。大きな画像にてご確認くださいませ。
 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7290

白丹波 貼り絵図大徳利

¥22,000

明治時代
口径3.7cm・胴径12.5cm・高さ30cm

白丹波の大徳利です。すらっと伸びた首がスマートで美しい器形です。この徳利の面白さは、その絵付けになりますね。この絵付け、すべて貼り絵で描かれています。カモメんpような飛ぶ鳥はコバルト、跳ね飛ぶ鯛は鉄絵、逆巻く波は緑釉でえがかれています。波間に鯛という絵付けは、鯛の表情とともに非常に面白いのです。貼り絵は量産を目指した技法なのでしょうが、この貼り絵の作品は殆ど見かけません。古民芸の風趣が溢れる、丹波の珍品徳利ですね。

口縁に小ソゲ数カ所あります。大きな画像にてご確認くださいませ。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7268

丹波 楓貼り付け紋花活け

売切れ

幕末〜明治時代
口径12.5cm(内径9.5cm)・高さ32.5cm

丹波の製品には、このような寸胴の花活けが一点景としてあります。このお品は焼しめの胴に、楓の葉のみ鉄釉を掛け、楓の葉を引き立たせるという技法を用いて、より装飾性を高めているのが面白いのです。口縁にもしのぎ模様をつけて変化を持たせているのも楽しいですね。胴部全体が楓の木で、枝をレリーフで浮かび上がらせる。素朴ですが、陶器の素朴な味わいを上手に利用した、作行きは美しいですね。面白い意匠の、丹波の珍品です。
状態詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。

 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7267

古丹波 赤土部 船徳利

売切れ

江戸初期
口径7.2cm・胴径21.5cm・高さ31cm

堂々たる偉容を誇る、古丹波の赤土部の船徳利です。高さが31cmもあるので、その存在感は抜群です。赤土部の濃い赤が、美しく照りも非常に美しいのです。すらりと伸びた口造りも、いいバランスを保ち、そのスタイルの美しさは群を抜いておりますね。まさに堂々という形容が当てはまる古丹波の逸品です。船徳利は数が少ないので貴重ですね。まさに古民芸の華ともいえる、赤土部釉の大徳利です。
   





  
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7264

丹波栗皮釉小徳利

¥28,000

江戸後期
口径2.2cm(内径1.8cm)・胴径7.5cm・高さ9.7cm

小振りの可愛い徳利です。艶の良い鉄釉の輝きは所以、栗の実の皮の色に似て艶良く美しいのです。胴部に付けられた窪みが阿古陀のかたちで面白い。轆轤目の細かな輪線も、いかにも鄙びていて古民芸の美しさを遺憾なく発揮しておりますね。小さいですが、徳利は徳利です。お酒の用にも充分に間に合います。これは、おそらく利き酒用の徳利なのだと思います。しかし、この様なサイズの、この手の形の徳利は殆ど見かけません。漉し土を使った薄造りは非常に軽い。高さ僅か10cmに満たない小徳利、その姿は何ともに愛らしいのですね。



 




   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7246

白丹波小壷

売切れ

江戸後期
口径14cm(内径10cm)・胴径18cm・高さ16.2cm

人気の白丹波の小壷です。丹波の白釉は何とも云えぬ柔らかな白で、やさしい美しさがあります。本品はその柔らかな白の膚に、永い時の経過で、群雲のような雨漏り染みが被い、非常に味わい深い風情を醸し出しております。赤土の濾し土を使った古作、傷もほとんど無く残ったのは嬉しいですね。共の蓋があるのもいいですね。塗りの蓋も付いているので、水指として使われてきたのでしょう。古民芸の美しさを見事に体現した、丹波古窯の逸品です。



 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7211

丹波 鉄釉火入れ

売切れ

幕末〜明治時代
口径9.7cm(内径7.7cm)・胴径9cm・高さ7.5cm

玉縁の口縁を持つ、変わったかたちの器です。小振りですが、内側が施釉されていないので、おそらく火入れでしょうか、艶のよい鉄釉の茶色が渋いですね。このお品は窯変が美しいですね。火のよくあたった部分は見事な窯変が表われて景色となっています。小品ですが、ピリリと辛い、珍品の丹波の火入れです。



お薦め!



 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7179

丹波 栗皮釉徳利

売切れ

江戸後期
口径2.7cm(内径1.8cm)・胴径10.5cm・高さ15.5cm

この栗皮釉のピカピカの美しい輝きがまさに古民芸という言葉を感じされる、鄙びた美しさを見せています。丹波独特の砧形の徳利が明るい鉄釉におおわれ輝いていますね。良く水漉された濾し土を用いた非常に軽く、且つ薄いつくりは好もしいのです。そして、首から銅にかけての菜種の窯変も見どころとなって、面白く変化に富んでいます。民芸の花、丹波の美しい栗皮釉徳利です。



 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7177

丹波 薄瑠璃釉小壷

売切れ

幕末〜明治時代
口径11cm(内径8.8cm)・胴径17cm・高さ21.5cm

あまり見かけない薄瑠璃色の小壷です。丹波の窯にも、幕末、明治になるとコバルトが導入され、絵付けに用いられるようになります。この壷の釉薬には、おそらく白釉にコバルトを混ぜ、このような、ほの青い色を作り出したのでしょう。良くみるとコバルトの粒子が器面にみて取れます。また、胴部には群雲のような雨漏りが出ていて景色となっております。見事な古民芸の逸品ではありませんか、あまり類例をみない丹波の珍品です。








 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7173

古丹波 赤土部大壷

¥58,000

江戸初期
口径12.7cm(内径9.8cm)・胴径32cm・高さ42cm

肩の張ったいかにも”壷”と云う字が当てはまる、美しい形の古丹波赤土部の大壷です。渋い赤土部の色合いが堪えられません。口縁や胴には、菜種の窯変も出ており見どころとなっております。このような赤一色の赤土部大壷は数が少なく貴重ですね。四耳の一つが欠落しているのが残念ですが、もともと耳のかたちが小さいので気になりませんね。古い丹波の古陶の一典型であります。見事な容姿の大壷です。








 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7162

古丹波 自然釉小壷(塗り蓋付)

売切れ

江戸初〜中期
口径14.8〜15.3cm(内径11.3〜11.9cm)・胴径22cm・高さ18cm

明るい茶色の肌が、いかにも丹波の古陶らしい美しい色合いですね。良く焼き締まり、いい艶のある肌が綺麗です。器面全体にゴマの窯変、菜種の窯変が出ていて見どころとなっています。轆轤目が美しく全体に走り、器面に変化を与えています。胴部の窯瑕が入っていますが、水は漏れませんので、塗り蓋を付けて、水指仕立てとしてみました。

状態は大きな画像にてご確認ください。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7161

丹波 鉄釉小徳利

¥12,000

幕末
口径2.1cm・胴径7.2cm・高さ11cm

小振りの徳利ですね。艶の良い鉄釉の輝きが美しいのです。胴部に付けられた轆轤目の輪線も、いかにも鄙びていて古民芸の美しさを遺憾なく発揮しておりますね。小さいですが、徳利は徳利です。お酒の用にも充分に間に合います。しかし、これは、おそらく利き酒用の徳利なのだと思います。しかし、このサイズ、手にしっくり馴染む大きさは、酒好きだけではなくても非常に愛らしいのですね。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7160

丹波 白釉掛け水滴(合せ箱入り)

売切れ

幕末〜明治時代
直径8cm・最大径8.8cm・底径6cm・高さ6.5cm(最大7cm)

丹波の古陶の一典型である、灰釉の地に白釉を掛け分けた面白い意匠の水滴です。このような掛け分けには利き徳利が多いのですが、本品は水滴なので面白い。少し雨漏り染みのでた白釉は味わい深いです。底部は糸切り底になっていて、これは上手なお品に見られる特徴でもありますね。丹波の文房四寶はあまり見かけませんので、非常に面白いと思います。



 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7127

古丹波 自然釉大壷

¥140,000

室町時代
口径13cm(内径9cm)・胴径34cm・高さ44cm

堂々たる古丹波の大壷です。ゴリッとした力強い、玉縁の口縁が好もしいですね。古丹波の焼締め壷の肌合いは、優しく、明るい茶色に輝いています。肩口や胴部には、美しい翡翠色の自然釉が出ていて美しいですね。胴部の自然釉には、玉垂れも見られ良い景色ですね。また△の手印が胴部に入っているのも嬉しいのです。猫掻きが随所に見られ、これも見どころですね。肩の張った良い姿の古丹波の大壷です。

お薦め!



 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7125

丹波 灰釉イッチン紋大徳利

¥38,000

江戸後期
口径4.1cm(内径2.5cm)・胴径14cm・高さ25cm

丹波独特の薄グリーンの渋い灰釉の色合いが美しい大徳利です。この手のイッチン紋は同じ横線模様でも、”よろけ”の横線紋を配した装飾模様が多いのですが、このお品はシンプルな横線のみ、これはこれで珍しいと思います。江戸期特有の漉し土を使った薄つくりなので、大きさのわりには、軽いのが良いですね。花活けなどに使っていただけば、民芸の美を余すこと無く発揮し、堪えられませんよ。
 




 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7091

古丹波 灰ダラ釉船徳利

¥38,000

江戸中期
口径5.5cm・胴径16cm・高さ22cm

底部が大きく扁平なつくりは実に安定感がありますね。口つくりも大きく造ってあるのは、置いたままで徳利を傾ければお酒が出るという寸法。やはりこれは船徳利ですね。器面いっぱいに掛けられた丹波独特の灰だら釉も濃い部分や薄い部分と変化に富んで美しいのです。また、装飾として胴部に波状紋が三筋付けられているのが嬉しいではありませんか、灰だらは”山椒壷”をはじめとして壷類に使われる事が多いのですが、徳利には珍しいですね。どっしりとした、まさに古民芸という言葉が相応しい逸品です。



 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7090

古丹波 赤土部大徳利

売切れ

江戸初期
口径4cm・胴径14cm・高さ32cm

丹波のこのような形の徳利を「らっきょう」徳利と呼びます。紡錘形のフォルムがおそらく植物のらっきょうに似ているからですね。この大徳利は赤土部のらっきょう徳利です。胴部のは菜種の窯変が出ていて景色となっています。赤土部の緋色も見られ、渋い中にも美しく輝いています。この手の徳利は口元に傷のあるものがおおいのですが、このお品は完品。貴重な赤土部の大徳利です。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7017

古丹波 灰被り大壷

¥98,000

室町時代
口径14.5cm(内径10cm)・胴径30cm・高さ45.5cm

堂々たる古丹波の大壷です。ゴリッとした力強い、玉縁の口縁が好もしいですね。この壷の魅力は、その窯変にあります。古丹波の焼締め壷の肌合いは、優しいのですが、この壷は違います。凄まじいばかりの降灰で、もの凄い荒々しい景色を見せているのです。肩口の荒々しさは非常な魅力となっています。これほどの降灰による窯変を見せた丹波壷は見たかとが有りません。まさに枯淡の味わい。姿も美しい見事な古丹波灰被りの大壷です。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。


 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.7016

丹波 栗皮釉臍徳利(合せ箱)

¥78,000

江戸後期
口径2.9cm・胴径13cm・高さ17.5cm

非常に典雅なフォルムを持つ、美しいかたちの徳利です。艶のある栗皮の釉薬の輝きも非常に美しい。三方の胴にへこみを付け、そのひとつに布袋か寿老が貼り付けてあります。胴部に付けられた轆轤目による輪線模様も均一で非常に美しいのです。高台裏も同心円を描いており、これは”一房”の作の可能性がありますね。濾し土を使った、非常に軽いつくりは、江戸の丹波の名工の手になる逸品ですね。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6981

丹波 飴釉建水(合せ箱)

¥28,000

江戸後期
口径19〜22cm(内径15.3〜19cm)
底径14〜14.3cm・高さ7.5〜8.3cm

良く火が当たったみたいで、底部に大きな窯割れが生じ、その部分が漆で直してあります。しかし、その分器面に掛けられた飴釉は艶良く、美しい窯変となって見どころとなっています。この器、見込みから口縁にかけて同心円を描くように渦巻き状に成型されており、丹波の茶陶としての美意識が強く感じられます。裏側の底は糸切りになっていて、これも元々から茶陶として造られたものです。渋い正に侘びの味わいあふれる、丹波の逸品です。

状態は必ず大きな画像にてご確認くださいませ。

 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6980

丹波 灰釉箆彫り草花紋火入れ

¥16,000

江戸後期
口径10.9〜11.5cm・高さ9cm

キラキラと光る灰釉の透明な輝きが美しい丹波の火入れです。その胴部には、丹波の一典型でもある箆彫りで、華麗に草花が描かれています。たんぽぽでしょうか、手馴れたスピード感あふれる箆使いは陶工の手練りでしょう。大人しいのですが、滋味深く、まさに古民芸という言葉がぴったりの丹波の古陶の逸品です。

一部小釉割れがございます。大きな画像にてご確認くださいませ。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6945

丹波 白釉掛分け片口

売切れ/ A
売切れ/ B


明治時代
A:直径15cm(内径13cm)・最大径16.2cm・高さ7.5cm
B:直径14.5cm(内径12.5cm)・最大径15.5cm・高さ6.7cm

グレーの灰釉の上に白釉を重ねて掛けた、小型の片口です。見込みに呉須で「商標 有権 山エ 奥田」と印判で押してあり、おそらくお酒や醤油、酢や油などの液体を商うときに使われたものですね。AとBとはやや白釉のあがりが違い、Aの方がやや粉吹きに近い、白です。Bは口縁を除き艶のある焼き上がりになっています。いずれもグレーの地に白が映えて美しい。大きさも可愛い、白丹波の片口です。


 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6911

古丹波 赤土部矢筈水指(合せ桐箱)

¥180,000

江戸初期
口径15.5cm(内径10cm)・胴径13cm・底径13cm・高さ15cm
塗り蓋径11.1cm

丹波の赤土部の水指です。美しい赤土部の赤い色が美しいですね。菜種の窯変も胴部に美しく出ていて、見どころとなっています。このお品は、見立てではなくもとより茶陶として造られた古丹波の作品です。鼓のような形も面白いですね。さらに、口造りが”矢筈口”となっており、丹波の水指としては、非常に珍しい造りです。なかなか出てこない、古丹波の茶陶、状態も良く美しい、古丹波赤土部の水指です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6870

丹波 鉄釉小徳利

売切れ

江戸後期
口径3.1cm(内径1.9cm)・胴径9.8cm・高さ14.5cm

この鉄釉の渋い輝きがまさに古民芸という言葉を感じされる、鄙びた美しさを見せています。丹波独特の砧形の徳利が渋い濃い茶色の釉薬におおわれ輝いていますね。良く水漉された濾し土を用いた非常に軽く、」且つ薄いつくりは好もしいのです。その為、偶然に胴に付いたへこみはいにしえの陶工の指跡でしょう。面白い変化に富んで造形なのです。民芸の花、丹波の美しい鉄釉薬徳利です。



 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6832

丹波 灰釉梅鉢(合箱)

¥68,000

江戸後期
直径17.5cm・高さ6.7cm

五弁をかたどった梅鉢。先端の丸いものは通称梅鉢と呼ばれています。内側に柔らかに折り込まれた縁が生んだ輪花のかたちと、ぽってりと掛った釉溜まりの見られる釉薬は丹波特有のグリーンの灰釉で、あたたかみのある優しい風情が感じられます。日常使いの品であった為でしょうか、怪我無く残っている数は多くは有りません。珍品の丹波梅鉢です。


 
お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6750

丹波 栗皮釉油壷

売切れ

幕末
口径2.2cm(内径1.2cm)・胴径8cm・高さ10cm

艶々とした栗皮釉の輝きが美しい丹波の油壷です。ぷっくりとした丸い胴が可愛いですね。鉄釉の窯変が雪崩のようにも見え、変化に富んでいます。胴部にみえる”目”のようなものは、おそらく陶工の指の跡でしょう。丹波の油壷は数が少なく貴重です。古民芸の鄙びた美しさを充分に体感させてくれる珍品の古陶です。


   
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6231

丹波 鉄釉花活け

¥12,000

江戸後期
口径4.3cm(内径3cm)・胴径9.1cm・底径7.8cm・高さ16cm

丹波の小型の花活けです。丹波の花器は濃い鉄釉のものが多いのですが、このお品は焼き締めのような鉄釉掛けになっています。よく焼けて照りの感じも良いですし、ところどころに出ている、ゴマも風趣を添えています。良く焼けた分、底に窯割れが生じていますが、そこは落としを入れてお使い下さい。首に輪線模様を彫り付けて装飾性を持たせたところも面白い。鄙びた古民芸ですが、このような花器はなかなかの珍品なのです。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.6006

丹波 鉄釉ひょうそく

¥16,000

江戸後期
直径7.5cm・高さ4.7cm

ひょうそくは昔の照明器具であります。いわゆる灯火器ですね。このぐい飲みのような器に菜種油のようなものを入れ、中央の突起に灯心を付けそれに火を点しました。この品には内側から外の口縁にかけて鉄釉が施してあり、油が付着するのを防いであるようですが、そこは昔の油、味良く付着しております。非常に素朴なものですが、いかにも
丹波らしい古民芸の楽しい逸品です。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5730

丹波イッチン紋焼締め壷

売切れ

江戸後期
口径12.5cm(内径10.1cm)・胴径26cm・高さ24.5cm

何とも面白い意匠の丹波の中壷です。全くの無施釉の肌に白釉の点描が盛り上がり、その均整のとれた手仕事の見事な技とともに、古陶磁あるいは民芸の美しさを精一杯表現しておりますね。丹波のこの柔らかい壷の姿と相まって、これは丸で現代のアブストラクト・アートをみるようであります。蓋し珍品の丹波の名品でありますね。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。

 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5690

丹波雲竜貼付け紋花生け

売切れ

江戸後期
口径15〜16cm(内径112.8〜13.8p)・高さ28.2cm

鉄釉の渋い照りがまさに侘びさびの世界でありますね。このお品はずん胴の花生けに雲間を飛ぶ竜が貼り付けで、見事なレリーフ模様が造形されています。竜の鱗や鬣など彫刻のように丁寧に作られています。この貼り付けの技法も丹波焼きの一技法であります。器面には所々、ゴマも降り風趣を添えています。どっしりとした厚造り、堂々の丹波の貼付け紋花生けです。
口縁に小難ございます。大きな画像にてご確認くださいませ。






 
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5252

丹波 栗皮釉算盤徳利

売切れ

江戸後期
口径3.3cm・胴径15cm・高さ25.5cm

丹波独特の釉薬ですね。取れたての艶やかな丹波栗の皮、その栗の実の茶色に非常に良く似ている釉薬なために栗皮と呼びます。またこの器形がソロバンの玉に似ているので算盤徳利とも呼んでおります。釉薬、かたち供に丹波の焼きものの一典型でありますね。注ぎ口のそのすらりとのびた器形は本当に美しいのであります。
 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.5210

丹波 うるか壷

¥18,000 

幕末
口径6.5cm(内寸4.6cm)・胴径10cm・高さ8cm

人気の丹波のうるか壷です。この手は通常のうるか壷より少し大きいのが珍しい。鉄釉の渋い輝きが美しい、片面は丹波特有のゴマが出て陶器の持つ、特有の美しさと暖かみを感じさせますね。極小の小壷ですが怪我なく残りました。糸きり底の古い手のうるか壷、丹波の素朴さを小さな体いっぱいに表現いたしております。


 




 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4762

丹波らっきょう徳利

売切れ

江戸中〜後期
口径3.8〜4cm・胴径12cm・高さ24cm

鉄釉の照りが良く焼けて非常に美しい徳利です。胴に一筋、菜種の窯変が出ているのがいいですね。まさに民芸の美や、古陶の侘びのような風情を強く感じますね。らっきょうとはその器形が紡錘形で薬味のらっきょうに似ているため地元ではらっきょう徳利と呼びます。
口縁が同色のパテ様のもので口縁の小ボツをおさえてあります。値段にはその分、反映いたしておりますが大きい画面でご確認ください。


 




  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.4647

丹波鉄釉風炉

¥28,000 

明治時代
直径36cm・開口部幅18cm・高さ21.5cm

丹波焼による茶陶です。茶の湯の釜をかける風炉ですね。陶器の風炉は鉄製とはまた違った風合いと優しさがありますね、良く濾された陶土に鉄釉を掛け焼成されています。口縁にはさらに灰釉を掛け変化に富んだ風趣を醸し出しています。姿も堂々とした珍しいお品です。



**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

@商品番号・商品名(必要な場合は個数)
Aお名前・ご住所・電話番号
B配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
Cお支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
D質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772−22−2421または0772−22−7167
または090−5964−2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772−22−7167(午後10時まで)へどうぞ。