黒地の素敵な名古屋帯をご紹介します。どちらも時代傷みや着用傷みが、皆無ではないにしても僅かで良い状態です。

Aは絹サテンの光沢が美しい黒地にシックで微妙なニュアンスの色合いの糸で美しい雪輪模様の刺繍が素敵。写真では色が良く出ていませんが、金糸や淡く綺麗な青色が黒をバックにとても映えます。ギラギラとした派手さはなく、とても上品で優しく美しい帯です。柔らかく手触りもよい生地です。シックですが、着物の装いのアクセントにもなるお品かと思います。また、柔らかい帯ですので、柔らかさが気になる場合は、お太鼓部分だけでも芯を入れるなど手をいれてください。(お太鼓部分だけ裏地が切り替えてありますので、割に簡単に出来るかもしれません。想像ですが。。。)帯以外にも、リメイクして小物やテーブルセンターなどにもよさそうですね。

Bは、Aと同じ黒地ですがこちらはサテンのような光沢はありませんが、絵柄が大変面白くそしてとても美しく綺麗です。よくよく見ると、和本に色々な絵が描かれた模様。桜やたんぽぽ、わらび、笹、藤、秋桜。他にも扇、糸巻車、車輪などなど。。。。細かな模様もいろいろあって、青海波、市松、七宝繋ぎ、亀甲、縦縞などなど。刺繍もところどころに施され光沢があり、美しさが更に引き立ちます。着物をリメイクしたものかもしれませんね。とにかく素敵です。多彩な色が使われていますが、柔らかくシックなパステル調の色合いがとても品があって素敵です。帯としてシンプルなお着物に合わせてください。また小物作りにもすごく役立ちそうです。

AもBもどちらもお薦め!素敵な名古屋帯です。在庫整理のためとてもお求めやすい価格でご紹介させて頂きました。
(5月1日、説明文と画像を追加でアップしました)

写真上がA-雪輪紋、下がB-和本柄。Bは売りきれました。ありがとうございました。




A-雪輪紋・刺繍からご紹介いたします。

黒の絹サテン地に雪輪紋の刺繍がとても美しいです。










刺繍部分は色がよく写っておりませんが、金糸をはじめ、ベージュ色やシルバー色、
他にほのかにブルーがついている微妙な色合いの糸が使われています。シックでとても綺麗。









裏側はこんな感じの縮緬生地です。いい感じの風合いです。



締めるとこんな感じです。矢印部分の先、囲み線の中に僅かに傷みがあります。
締め方によっては殆ど下側になる位置ではないかと思われます。



拡大画像。生地自体が少し薄くなっています。引っ掻きのようです。



見る角度によって白っぽく見えます。



レトロ屋うめばち・『黒豆こまめ堂』トップへ戻る