ご注文番号:NO. K-0737
男物の綿入れの着物の内側だったものです。綿も残りが付いていましたので、除いて洗濯して綺麗にしました。胴から下は無地の藍染木綿、上部は細い縦じまの藍染木綿です。無地の方は濃紺の藍色で糸味もよく生地も厚めで状態もかなり良いです。裾や、生地の端に近い部分に小さな破れや生地の弱りが見られる箇所が僅かにありますが、大きな破れは1か所(補修あり)くらいであとは特に気になるような箇所はないようです。また縦縞模様の方は少し薄手で柔らかい風合いです。前身頃の首回りに補修があるのはもともと着物を再利用したためのようで、小さな破れが2〜3カ所ありますが、生地もしっかりとしていて良い状態です。何色かの糸で織り出された繊細な縦縞と藍色の微妙な濃淡が相まって味わいある生地です。解きかけですが、そのままでご紹介させて頂きました。2種類のハギレセットとしてお求めください。状態良いお薦めのお品です。


              解いた場合のおおまかなサイズは以下の通りです。

 無地:(幅33cm×長さ90cm)×4枚・(幅33cm×長さ47cm)×2枚・(幅16cm×長さ99cm)×2枚
 縦縞:(幅33cm×長さ94cm→但し肩部分に14cmの切込みあり、前身のみ別に10cmの切込み補修あり)×2枚
     (幅33cm×長さ55cm)×2枚






 





細かな縞模様が綺麗な生地です。






前身頃。1か所破れ補修あります。



拡大画像。



無地の方、白っぽくなっている箇所は破れていたり生地が弱くなっています。



裾や端の方に小破れがあります。



袖は前側が無地、後ろ側が縞模様。











レトロ屋うめばち・『黒豆こまめ堂』トップへ戻る