着物だったものの解きです。両袖はありません。左前衽部分もありません。
鶴の模様は脇で前と後ろを合わせます。




サイズの単位はcmです。サイズには多少の誤差があります。
破線は縫い合せ部分。





後ろ側です。



解いてある部分を合わせるとほぼこんな感じです。紋の部分はきっちり合うと思います。



破線は縫い合せ、実線はほどき部分です。









背中の紋は3枚を合わせて。中央部分は左右の半分くらいの幅です。




鶴の模様は、脇で合わせて。
































裏側。矢印の先、綿がついています。
綺麗に洗って保管してありましたが、もともと綿入れとして「どてら」のようなものとして使われており
補修の際に中の綿も一緒に縫い込んでしまったようで、その綿が一緒にくっついております。
他にもそのような所があります。



































































注文NO.8302   閉じる