恐らく紐が通っていたのだとおもいます。(矢印から矢印の穴に通していた)






片方は折れて短くなっています。またこれらも(紛失防止のため)紐を通して使われていたのだと思います。



上の画像の釘状のものはストッパーとして使われています。



手前の方は欠損がありますが、向こう側のように中央に小さな穴が開いており、本体の左右から差し込んだ骨釘で留まるようになっています。











注文NO.6725 レトロ屋うめばち  閉じる