少し大きめのヘルメットくらいの大きさです。





















こちらの面は、小さく細かな釉はぜが沢山見られます。よく判るように撮りましたが、見た感じはそれほど気にならない(目立たない)感じです。









内側には大変小さく細かな釉はぜが多数見られます。



口縁に小さなプツプツがありますが、釉はぜです。傷はございません。
また見込みに白釉を筆で塗った跡が4か所あります。焼く時の目跡を隠したのだろうと思います。
はっきりとはしませんが、塗料の様には見えません。



緑色矢印は目跡(4つの内1つは写っておりません)。青色の矢印部分も目跡と同様に焼く時に出来たひっつき跡であると思います。
同じように白を筆で塗ってあります。












注文NO.6210 レトロ屋うめばち  閉じる