A・Bどちらのお皿も上がり良くすれも少なく綺麗な美しい状態です。
見た目も殆ど同じ感じ。

しいて言えば、Aの方が模様がくっきりしています。
また、Bの方は甘手の釉割れが極僅かにあります。

それぞれ大きな画像でご紹介しておりますのでご覧下さい。


↓ここからはAの画像になります↓







小さなフリモノ、コゲがあります。










↓ここからはBの画像になります↓







小さなフリモノ、コゲがあります。



甘手の釉割れが1本あります。緑線の少し上に沿うようにして。



口縁外側のこの部分にのみ、甘手の釉割れが見られます。





閉じる