注文番号 : NO.2380−A

明るめの焦げ茶色の地にアイボリーで小花柄を切り絵の様に描いてあります。
白い小菊の中心に置いた明るいグレーと点の様な赤い色が全体をうまい具合に引き締めています。

写真では生地の風合いなど感じが出ていなくて申し訳ないのですが
柔らかいすべりの良い生地です。

薄い染み汚れが数箇所見られますが、柄行きからあまり気にならない程度だと思います。




八掛のオレンジ色もこのお着物にぴったりマッチしています。











背中などの胴裏は白の木綿で、八掛はオレンジ色の絹です。



袖の内側は白地の絹が使ってあります。



襟山部分に染み汚れ見られます。



襟山部分の汚れ(拡大画像)



左襟もと部分の染み汚れ跡です。
(2枚上の写真で一番下の→部分の拡大画像になります)



左前身裾に近い部分に数箇所薄い染み汚れ跡見られます。



内側の八掛にも下の様な薄い染み汚れ跡が2〜3箇所見られます。



閉じる