注文番号 : NO.2298−A

状態もかなり良い縮緬の打ち掛けです。
部分的に白っぽく染み跡の様なところがありますが殆ど気にならない程度です。

紋は入っていません。




内側は赤の絹で、中にうっすらと綿が入っています。
とても柔らかい風合いのお着物です。












若松の芽の部分には刺繍が施してあります。



鶴の白い部分は少し汚れがあります。極小破れあります。(↓部分)





鬼シボほど大きくないですが、よく判るシボの縮緬です。
色は白っぽく写っているのでシボのみの参考まで。




閉じる